ラビリンス/魔王の迷宮の作品情報・感想・評価

「ラビリンス/魔王の迷宮」に投稿された感想・評価

ehonwolf

ehonwolfの感想・評価

5.0
ボウイの熱烈なファンだった公開当時、初めて一人で映画館へ行き、初めて2度続けて観た思い出の映画。全編CGの映画が珍しくなくなった今観ると、なんとも味わい深い着ぐるみ&手動パペットによるファンタジー映画。行きて帰りしの物語はもちろん、音楽もダンスも、美形のダークヒーローも美しいヒロインも揃っていて、女子が夢見るおとぎ話の王道を外さない出来。
izumi

izumiの感想・評価

3.6
ディヴィトボウイがフルコーラスでパペットのゴブリン達と歌っているなんて!若くて美しいボウイにうっとりしました。
子供たちはSTORYに入り込んで楽しめそう。あ、私もモチロン楽しめましたょ。
KANAWO

KANAWOの感想・評価

3.6
ブッ飛んでたし、色々試みてたし、それがわりとまとまってて予想外で面白かった!!
パペットがすごすぎるよ
千紘

千紘の感想・評価

3.7
昔観た。
中学生だか、高校生の時デビッドボウイが歌うシーンをずっと観ていた。
Konaka

Konakaの感想・評価

3.0
先日上野のエッシャー展に行ったので、久々に観てみた。

メイキングがすごく好き。

私の中ではエッシャー作品出てくる映画と言えば、これとインセプション。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.8
CGも大好きなんだけど、こういうほとんど作った感じのものも大好き
マペットとか着ぐるみとかセットとか夢の中の感じしてるし迷路とか池とかは悪夢の中の感じしてる
初めの部屋に後から出てくるものあるのとかオズ的表現好き
だまし絵の世界面白い〜!
Moguchan77

Moguchan77の感想・評価

4.8
子供の頃、VHSが擦り切れる程鑑賞。
大きくなったらジェニファー・コネリーの様なお姉さんになるのを本気で夢見てましたw
ゴブリンになってでもいいから、魔王ジャレッドのそばに居たいと思うのは私だけじゃないはず!
子どもの頃に観たデヴィッド・ボウイのラビリンス。最近ファミコンソフトをやり込んでるんだけど音楽とかわりと再現度高くて楽しい!
ゴブリン王死ぬほどイケメンなのにゴブリンしか手下いないしなんか絶妙なサムさでビミョーなミュージカルで、80年代ってほんとすてき。
セサミストリートの生みの親であるジム・ヘンソンによる監督作。本業は操り人形師なので、マペットの造形や動きの細やかさは他の映画と比べても頭一つ抜けている。
細部まで作り込まれた迷宮のデザインはもちろん、キャラクター造形の豊かさ、デヴィッドボウイ演じるジャレスの美しさは30年以上経った今でも色褪せていない。
特にホグルの表情の細やかさには誰もが驚くはずで、この作り込みの楽しさは特典収録のメイキングで存分に語られているので必見です。

物語の大枠はサラの成長と、彼女に魅入られた魔王の話。サラの部屋に飾られていた様々なモチーフが迷宮を形作り、彼女自身の成長によって迷宮は崩れ去る。この映画が素晴らしいのは、好きなものに囲まれた部屋を否定しないことだ。ぬいぐるみや本やゲームと決別することなく、自分の大事なものとして消化するラストは成長譚として見事。

昨今のCG描写に飽きてしまった人に薦めたい一本。そしてメイズランナーがイマイチだったという方にも。今では考えられないような贅沢な視覚体験ができるはずです。デヴィッドボウイのオリジナル曲も素晴らしい。先日エッシャー展を観に行ったので思い出したようにレビューしました。
tjZero

tjZeroの感想・評価

3.4
空想好きの少女サラは、不意に口にした禁断の呪文のせいで、幼い弟をゴブリンの魔王にさらわれてしまう。
彼を助け出すため、迷宮の冒険へ…。

監督は『セサミストリート』のジム・ヘンソン。
彼の創り出すマペットが多数登場。表情、そして愛くるしい動きから喚起されるイマジネーションも豊か。

対する、人間のキャストはたったふたり。
ただ、その両名が…
・サラ…現在でもほとんど”劣化”していない規格外の美少女、ジェニファー・コネリー
と、
・魔王…年齢も性別も飛び越えちゃったようなカリスマ、デヴィッド・ボウイ
なので、有象無象のクリーチャーたちと異形ぶりが充分拮抗していて、求心力の強いファンタジー世界を作り上げています。

『赤ずきん』、『シンデレラ』、『不思議の国のアリス』、『オズの魔法使い』…などなど、西洋には少女が異世界に迷いこむ物語が多いですねえ。

成長して大人の世界に飛びこんでいく期待や不安が、ファンタジーの世界と重ねられて描かれているのでしょう。

そうしたフィクションによって、子どもたちは現実世界の困難に立ち向かう精神の基盤を整え、大人たちは無防備だった頃のみずみずしい気持を思い出したりするのかもしれません。

フィクションによって精神の栄養を得る…って、他の動植物には出来ない、人間ならではの特技だと思うので、我々もいろんな映画を観てフィルマにどんどんレビューを上げていきましょう(笑)。
>|