ラビリンス/魔王の迷宮の作品情報・感想・評価

「ラビリンス/魔王の迷宮」に投稿された感想・評価

Genta

Gentaの感想・評価

3.0
監督は「セサミストリート」のジムヘンソン、製作にルーカス、主演にジェニファーコネリーとボウイ。二人以外はすべてマペットを使うというもう二度と叶わないであろうダークファンタジーの金字塔だ。
公開の1986年は「スターウォーズ」旧三部作を3年前に終え、すでにSF映画が地位を示しているし、CGも進歩を続けている。その時に子供向けではあるものの、恐ろしいくらいに動きの表情が豊かな大小様々なマペットが登場するのは圧巻。アナログな演技がこれほどファンタジックな世界観を作り出せるのはジムヘンソンの天才ぶりがうかがえる。怪物のルードなどはその後の「かいじゅうたちのいるところ」を予感させる(実際にジムヘンソン工房が関わっているし)。
独裁性とユーモアを持ち合わせたゴブリン王にボウイがハマっていること。グラムロックの世界観が彼を引き立てるし、ほかのロックスターで良いキャストはいないような。
1988/8/13 ゴールデン洋画劇場

観たという事実以外、記憶なし。採点不能。
miiiii7

miiiii7の感想・評価

4.5
とにもかくにも、サラになりたい人生だった…🙃どんないたずらっ子なキャラクターにも愛着が持てるし、こんなにカッコよくてこんなに憎めない悪役って他にいないんじゃないかと思えるデビッド・ボウイはさすがだと思う。でも、私がサラなら、自分がゴブリンになってもキングと一緒にいたいと思うだろうなぁ…🤔なんなら、家族みんなでゴブリンになってしまおうよ、と😌(笑)ハートウォーミングで、美しくて、それでいて笑える素敵映画👍どうが我が家にも現れて欲しい、ゴブリンキング👑☜しつこい(笑)最後に言うのもなんだけど、あの数の人形たちを生き生きと動かせられる人形師さんたちに圧巻。世界観を作った大道具さんたちすごい。ユニークでいて、カッコイイ。やっぱりこの映画の1番の感想は、私もそこに入り込みたい!だろうなぁ😚ルードが何より可愛いお気に入りキャラです💓
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.8
ジョージルーカスプロデュースってこともあり子供向きだと思ってたらとっても楽しい。デヴィッド・ボウイがノリノリすぎて笑う。ジェニファー16歳に見えない。「セサミストリートみたいだな」と思ったらまさかの監督がセサミストリートの人だった。ちゅうか、手のおばけ?のとこ怖すぎて小さい子見たら絶対に泣く。扉のナゾナゾのとこ頭悪すぎる僕にはさっぱりわからんよ笑
寿都

寿都の感想・評価

4.7
bowieが歌のお兄さんみたいなことしてるシーンがなんだか卑猥で最高。こんな教育番組があったなら…。少女まんが的魔界の王様でときめきトゥナイトしちゃう。パペットの精巧さとデザイン100点満点。ラストも大好き。
ooo

oooの感想・評価

3.8
子どもの頃以来久々の鑑賞。
見慣れていたマペット達が、実は凄いクオリティの高さだった事が一番印象的でした。

ジェニファー・コネリーは可愛く、デビッド・ボウイは妖しげで良い。
坂

坂の感想・評価

4.0
とにかくマペットたちの動きが素晴らしい
ボウイの曲もいい
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.5
凄く懐かしい!1986年の映画で、確かテレビで流れた時はジェニファー・コネリーの声が喜多嶋舞で、今でもその印象が強い(笑)今観るとマペットとデヴィッド・ボウイという異色の組み合わせが、妙に良くて…(笑)ジェニファーがまだまだ子供なのに、ドレス着たら大人っぽくなる振り幅が凄まじいと思う。
世界観が素晴らしかった。

子供向けなのかなと思いましたが、結構楽しめました。
舞踏会のシーンなんかすごい。

しかしこの作品はなんといってもデヴィッド・ボウイの美しさ。
デヴィッド・ボウイでこそ成り得た役柄とこの作品のバランス。

主人公の部屋と物語がリンクしてるとこなんか細かく見ると面白い。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.8
スコアは全てデヴィッド・ボウイの美しさと若きジェニファー・コネリーの可憐さと舞踏会のシーンに。これを見てデヴィッド・ボウイを初めてカッコいいと思った。私だったらきっと水晶玉に甘んじてしまうと思う。ははは。

この時代の特殊メイク・着ぐるみ・ファンタジー映画やっぱ好きだわ~!今の味気なくスッキリしすぎたCGのファンタジーに比べてのこの独特の泥臭さがリアリティあっていい!
>|