ラビリンス/魔王の迷宮の作品情報・感想・評価

「ラビリンス/魔王の迷宮」に投稿された感想・評価

素数

素数の感想・評価

3.5
テレビで鑑賞。
CGが当たり前じゃない時代の映画だけど、オープニングのフクロウのCG結構がんばって作ってあってびっくりした。
ジェニファーコネリーかわいいし動きがきれいで見とれた。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.3
オズの魔法使いや、不思議の国のアリスを彷彿させるストーリー。
ヒロインのJコネリーが清楚な顔立ち。
Dボウイの陽気なミステリアス感が不思議。

これ、かなり大掛かりな大道具ですねー。時代を感じます。
あとDボウイのミュージックビデオのような音楽。80年代感じます。
鴉天狗

鴉天狗の感想・評価

3.1
こどもの頃に観て好きだなと思った記憶がというか、記憶だけあります。

夢見る女子が思い通りにならない現実にぽろっと呟いちゃったことが本当になってさあ大変、みたいなお話ですかね。

懐かしいと思って観たら、思いの外王様が気の毒だった(^-^;

全部本物なのが新鮮でした。ゴブリン他その他諸々、作るの大変そうとか思ってしまいました。
いしス

いしスの感想・評価

3.7
子供の頃に触れたファンタジー。
デビット・ボウイが
小さな球を手の平で転がすのを
真似してた記憶がある。
ファミコンソフトもありました。
ジェニファー・コネリーの若い頃の作品。

世界観が独特で面白い一面もあります。

デビット・ボウイのマジックダンスが耳に残ります。

仲間のホグル、ルドーも可愛いので子供に見せたい!
86年 デヴィッド ・ボウイ×ジェニファー・コネリー主演、ジョージ・ルーカス総指揮。
美男美女×英雄譚の名手が紡ぎ出す寓話。

想像と表現のドリームランド。
パペットとVFX、錯視とマジックを組み合わせて創り上げられた世界。
今観ても唸る映像表現が満載。
オランダの有名な画家、エッシャーの絵画の実写化にも挑戦し、唯一無二の世界観を作り上げている。

ヨーダでお馴染み、フランク・オズの声の出演やR2-D2の名優 ケニー・ベイカーも参加。ゴブリン族のキモカワさはイウォークを想起させ、スターウォーズファンとしても必見。

〜余談〜
ジェニファー・コネリーに会ったことあるのは一生の想い出…いくつになっても本当に天使…
のり

のりの感想・評価

3.1
ストーリーは子供向けな感じだけど着ぐるみや錯視を用いた特撮と魅力的な俳優陣が素晴らしい
ゆかち

ゆかちの感想・評価

3.0
ファンタジー♡歌のシーンもあり♫
CGではないキャラクター達が最高〜!動きがリアルで(キモ)可愛い〜♡♡セットもね、作ってる感がめちゃめちゃいいんです!!この感じの映画って今作れないよな〜。
魔王に攫われた弟を助ける為にゴブリンたちの世界へ!ただね、ゴブリンがうじゃうじゃで怖い( ;∀; )集合されてると鳥肌が…wwあと常に暗い画面でお話が進んでいきます!ラストは賛否両論あるみたいですが私は好きです!
これは本当にリメイクが観たい〜!
りま

りまの感想・評価

-
記録用。

個人的に終わり方が微妙だったな...
別に完璧で綺麗な終わりを望んでる訳じゃないけど、
フラグ回収してない所もあって何だかなぁ。。
(魔王が言った、キスの件。)

最後の流れが急で...仲間3人とお別れ...もうちょっと惜しもうよ!wって思った。
まぁ、魔王とは一人で対峙するべきだというのは理解できる。
でも仲間も出来て、ここまで苦難を乗り越えて来た事による主人公の気持ちの変化が感じられない。
(弟を助ける!という気持ちだけしか見てとれない。)

あの最後の対峙の時、魔王は含みを持たせてたけど、
サラはそんなの全く眼中にないって感じでww
魔王が寂しそうで、、、せつなくなったわ。

あぁ、何で。何で最後に淡々とあの台詞なの。
冒頭のシーンから思ってたんだけどサラは何故、あの台詞にこだわっていたのか?
...あれ演劇の練習かと思ってたけど違うって事だよね。じゃあ何なのさ。。

そして、ラストでまさかのホグル達とパーティーwww
えぇ?!現実世界に戻ってきたのに何でー!?
...空想好き少女の思考が、わっかんねぇ!(笑)

魔王せつねぇな。フクロウせつねぇな。
ロマンティックなハッピーエンドを望んでる訳じゃないけど、もうちょい何かあってほしかったな。
子どもの頃に見てたらもっと好きになってたと思う。ヒロインがめちゃ可愛い!
>|