それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険の作品情報・感想・評価

「それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険」に投稿された感想・評価

やかん

やかんの感想・評価

3.8
いつもとは違うアンパンマン 映画
今回のゲストキャラクターは珍しく男の子である。

アンパンマンの戦闘的強さに憧れてアンパンマンに弟子入りをする。もちろんのことアンパンマンは普段は人助けに励み戦闘はしない。それに呆れ、バイキンマンの強さに引き寄せられ、、、と王道的なストーリー展開が施されている。

普段あまり見ることのできないアンパンマンのパトロールの様子がかなり見る事ができる。いつもは2箇所ぐらいしか顔をあげていないが今回は4箇所ぐらいあげており、顔がほとんどない。

いつも破けるマントを近くで見ると、つぎはぎだらけでボロボロである、という演出まである。また、それがアンパンマンが頑張っている証拠、だとも。まさに戦うヒーローである。

アンパンマンの戦闘的強さにゲストキャラクターは焦点を当てているので、今回はかなり戦闘シーンが多い。顔を交換してアンパンチで終わり!というお決まりのパターンでは終わらない。

本当の強さとはなにか。勝つだけならば身体的強さでも良いのだろう。しかし、それは弱い自分を隠すための強さなのではないだろうか。アンパンマンの本当の強さに気づいたゲストキャラクターの勇姿を是非見てほしい。

全体的な演出があまり子ども向けではないと感じた。大人だから楽しめそうな作品である。
ハピーって名前、happyから取ってるとしたらめちゃくちゃ可愛いな。
奈々死

奈々死の感想・評価

2.9
なんだかハピーにひたすらイライラしてしまった…
いや、こういうアンパンマンに対して自分の理想とか考えを押し付けがちなキャラは他の映画のゲストキャラでもよくいるんだけど…
例えば「いのちの星」に出てくるドーリィとか。
でもドーリィはああいう考えになるに至る理由があるわけで…
まぁハピーみたいに強さに憧れるっていうのは、普通の男の子でもよくあることなのかな…
Insop

Insopの感想・評価

3.0
52分と短い時間の中で綺麗にまとめてある。
テーマも優しくて、さすが全日本私立幼稚園連合会+社会福祉法人日本保育協会推薦作品。

ゲストキャラクターのハピーを演じるのはともさかりえ。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.4
【追悼:肝付兼太さん】ホラーマン…バイキン城で宅配便も受け取るのね。バイキンマンミュージカルでギタリストに♡強制変身は…ホラーマンどうなってるんだ…
【劇場版17作目】Dr.ヒヤリ「なおこの宅配便は自動的に爆発する」今時こんな台詞聞かんわ。千葉繁さんもさぞノリノリでしょう…
今作はバイキンマン活躍回。バイキンマンミュージカルって楽しいな〜。あとアンパンマンを助けるドキンちゃんとホラーマンが観れる回。あの虫のモーションがラブリーです。
強制変身の解ける時なぜかバイキンマンだけ蛾になるあのインパクト。エンドクレジットでは科学の力で元の姿に戻ろうとするんだけど、そのバイキンマン七変化もとても楽しい。

アンパンマンを英雄視する少年の成長譚だけど、この英雄視→失望というのは少年映画でよく見るパターンなので悪くなかったです。でもバイキンマンミュージカルが楽しくてそこだけ繰り返し観てしまう…なんだろうたまらなく好きだ。
ところで「助かったギュー」「サンギュー」の牛おじさん…毎回アンパンマンに荷馬車を押してもらってるけどいい加減ルート変えるか使役動物(たぶんロバ)を引退してあげるかしなよ…と思う。
エンドクレジットに出てくるアンパンマンの蒸しパンか肉まんがとても美味しそう。
Kanako

Kanakoの感想・評価

3.8
歌がすごい泣ける!
ストーリーもいいんだけど歌はみんなに聞いて欲しい。
いち

いちの感想・評価

4.0
強さとは何か

強いとはなんでしょうか??
アンパンチ!と必殺技でばんきんまんを一撃で倒せることでしょうか??
生きることや人と思いやる気持ちなど、難解なテーマをしかも、子供、むしろ幼児に問いかけるアンパンマン作品で、今作は強さがテーマです。

アンパンチ!で一撃で倒すアンパンマンに憧れるパピーが、アンパンマンに弟子入りするが、アンパンマンはいつも困った人を助けるばかりで、いつもボロボロ。あまりにもかっこよくないので、アンパンマンに強さについて解いてかけるが…。な強さについて考えさせられるお話です。
大人な私たちにとって、強いということは暴力ではないということは分かっていますが、幼い子供達にとって、拳の強さは強さのひとつのものさしでもありますし、アンパンチがかっこいい!と思っている、子供達にアンパンマンはそんなことないし、僕は強くないと投げかけます。

そこからラストに向かって、パピーが強さを手に入れる様子はとても、胸が打たれ、子供達もきっと応援してくれるでしょう。
強さとは何か。
子供達と一度は鑑賞したい、良作です。