ピアノの森の作品情報・感想・評価

「ピアノの森」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2007年。原作は一色まことの『ピアノの森 -The perfect world of KAI-』(1998-2015)。親の事情で田舎へ引っ越したピアニスト志望の修平が、森の中に放置されたグランドピアノを弾く同い年のクラスメイト、海に出会い、その音色に圧倒される。荒削りな野生の才能を持った天才と、その芸術分野で優れた功績を持つ親のもとたゆまぬ努力で七光り以上の力を身につけていく秀才という対比は『ガラスの仮面』を思い出させる。修平は亜弓さんほど激しい性格ではないが、幼くして相手の才能に敬意を持つ点は同じ。
genki

genkiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

雨宮よ、そうだよな、感動させられる演奏がしたいよな。
負けたと思うよな…

あれはモーツァルトではないと言う大人。
お前の演奏をしろと言う一ノ瀬に見えるモーツァルト。
対照的に描かれた演奏と演奏への概念。
物語の中では前者が日本で、後者が世界という風に描かれているけど、日本はやはりそういう国なのかと考えてしまう。どうなんだろうか。
ちょっと軽くアニメ映画でも観たいなと思って鑑賞

原作の漫画を読んだことがあるのでストーリーは知ってたんだけど、漫画では聴けないピアノの音が聴けるからいいねー♪

調べたら最近TVアニメでもやってたみたいで!
時間ある時にそっちも観よっと!
終

終の感想・評価

-
お互いがお互いを応援し尊重しまっすぐ戦いあう姿は小学生とは思えないほどで、でもだからこそ純粋で、あまりにまっすぐで眩しいなあ
SHIBA20

SHIBA20の感想・評価

3.9
自分がこの年代の頃、ミニ四駆にはまっていた事が恥ずかしくなった
RiRika

RiRikaの感想・評価

4.4
1年ぶりくらいに鑑賞。
"ピアノ"に惹かれて何度も何度も繰り返し観てるけど本当に飽きない!ストーリーも面白くて森のピアノが綺麗で、ピアノの音もすごく綺麗。
使命感でピアノを弾く雨宮とただ自由に弾きたいようにピアノを弾く一ノ瀬、両極端な2人のピアノで結ばれた友情かわいい。
ピアノ弾きたくなる〜
タカコのピアノと便器とウェンディが草原で飛んで行くシーンw

ピアノをやっている人ならこの映画見た後に弾きたくなるに決まってる^_^
hisako28

hisako28の感想・評価

5.0
素敵な映画ですね。
エンディングの音楽が好きです。
原作の漫画が読みたくなりました。
映画は原作のエピソードの本当に最初だけ!!
この作品はピアノの森ってどんな話なんだろう気になるなぁって人にこんな作品だよって教える時に観せる。
tonco

toncoの感想・評価

4.0
よい。泣いたぁあ(;_;)
原作はモーニングの大ヒット人気マンガ、未読。映画のエピソードは物語の序章みたいなものだったけど(全28巻だし)、でもそこだけで既に原作の傑作ぶりを確信できる。

私の大好物、持つもの持たざるものの話。貧乏野生児だけど天性の才能をもつカイ(上戸彩)と、ボンボンの秀才ピアノ少年(神木隆之介)たちが、互いに刺激を受けて、もがきながら輝いていく、青春ストーリー。

「のだめカンタービレ」や「ちはやふる」が好きな人は間違いなく楽しめる作品。テンポもいいしアニメーションもキレイ。何よりピアノの音色がいいー!作品の音色の意図に合わせてちゃんと表情が作られてる。
生真面目な音色、情感豊かな音色、楽しんでる音色、ってのが伝わる。

全体的に完成度が高いので、、やや気になるのが、客寄せ商法でタレントを声優に使ってること。。
(あと修平君のキャラデザはもうちょっとなんとかしてあげられんかったか?)
上戸彩ちゃんはヘタウマ具合がちょうど少年期のあどけなさが出てていいのだけど、キーパーソンの先生役が宮迫博之は、、作品の良さを潰してるな。ちょい役ならいいけど、このポジションにはもっと深みと重みのある声の人じゃなきゃ、、

もし、全員プロ声優を使ってたら、伝説に残る名作になりえたのに…

と思っていたら、NHKでやるテレビアニメは、ちゃんとまともな布陣。
2019年に2期開始とのこと。
原作で読むか、アニメ1期で見るか…どっちからにしようかな~
>|