ピアノの森の作品情報・感想・評価

「ピアノの森」に投稿された感想・評価

映画は原作のエピソードの本当に最初だけ!!
この作品はピアノの森ってどんな話なんだろう気になるなぁって人にこんな作品だよって教える時に観せる。
tonco

toncoの感想・評価

4.0
よい。泣いたぁあ(;_;)
原作はモーニングの大ヒット人気マンガ、未読。映画のエピソードは物語の序章みたいなものだったけど(全28巻だし)、でもそこだけで既に原作の傑作ぶりを確信できる。

私の大好物、持つもの持たざるものの話。貧乏野生児だけど天性の才能をもつカイ(上戸彩)と、ボンボンの秀才ピアノ少年(神木隆之介)たちが、互いに刺激を受けて、もがきながら輝いていく、青春ストーリー。

「のだめカンタービレ」や「ちはやふる」が好きな人は間違いなく楽しめる作品。テンポもいいしアニメーションもキレイ。何よりピアノの音色がいいー!作品の音色の意図に合わせてちゃんと表情が作られてる。
生真面目な音色、情感豊かな音色、楽しんでる音色、ってのが伝わる。

全体的に完成度が高いので、、やや気になるのが、客寄せ商法でタレントを声優に使ってること。。
(あと修平君のキャラデザはもうちょっとなんとかしてあげられんかったか?)
上戸彩ちゃんはヘタウマ具合がちょうど少年期のあどけなさが出てていいのだけど、キーパーソンの先生役が宮迫博之は、、作品の良さを潰してるな。ちょい役ならいいけど、このポジションにはもっと深みと重みのある声の人じゃなきゃ、、

もし、全員プロ声優を使ってたら、伝説に残る名作になりえたのに…

と思っていたら、NHKでやるテレビアニメは、ちゃんとまともな布陣。
2019年に2期開始とのこと。
原作で読むか、アニメ1期で見るか…どっちからにしようかな~
はろ

はろの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

声優が上戸彩と神木隆之介
田舎に来た修平は森にあるグランドピアノを弾く海と知り合い、海の自由で楽しくピアノと接する姿勢に惹かれる。しかしそのピアノの才能を認められ海は修平とおなじコンクールに出場することになり、お互いを高めながら修平は劣等感を感じる。
家系を受け継ぎ小さな頃から使命感を抱きながらピアノと向き合って来た。それに対し海は小さい頃にピアノと出会ってから自らピアノの楽しさに魅せられ1人でピアノを弾いていた。
とても映像が綺麗で、森にある幻想的なグランドピアノは海にしか引けない。それはピアノを本当に愛しているから。そして心を解放していられる場所だから。そこが居場所なのだ。
海のキャラデザといい声といい完全に女だけど、それには何か意味があるのかなー?
上戸彩だと分からなかったけど普通に合っててよかった
まさす

まさすの感想・評価

4.5
映画の演奏すごいいい
ピアノを通じてそれぞれの人間ドラマが見えてくるのが上手い。
アニメ化もされましたね。
映画のテーマ曲を練習するくらいに大好きな作品の一つです。
ピアノを弾くことが凄く楽しそう!!

小学生がピアノを弾くなんて話つまらなそうだと思っていたんですけど、すげー面白くて、続きが気になって、とにかくストーリーに引っ張られちゃって、漫画といえば大体、必殺技で敵を倒す奴くらいしか読んだことないのですが、漫画も凄い読んでみたいと、早速ググりました。

2人がコンクールで戦うんですけど、もうどっちのことも超応援です!
どっちにも負けて欲しくない!!
そして、男の子も女の子もライバルを称える姿が素晴らしくて、うるうるきちゃいました。

はじめのミステリー要素から凄く引き込まれちゃったんですけど、そういえばなんで彼だけが森のピアノを弾けるんでしたっけ?
力が強いから?!
なな

ななの感想・評価

4.0
漫画のファンです……この漫画の良さを映画にしても時間足りないだろって思ってたけど小学生編を上手くまとめてくれてた!
ピアノの音が心地よい。
鳥肌たった。
あのコンクールの緊張感たまらない。
椅子に座って一呼吸からの一音目。たまらない。
Leia

Leiaの感想・評価

3.3
ピアノが弾きたくなる

映画版があったこと知らなかったです…
zoemayu

zoemayuの感想・評価

3.7
モチベーションあげるためにコンクール前に観てたなつかしの映画

大きい舞台にぽつんと置かれたピアノ
あいさつして、座って
スポットライトに照らされて黒光りする長いピアノの板の間から見える向こう側を遠くに眺めて深呼吸して、鍵盤を見つめて、手を置く時の緊張感

たまらん
>|