羊と鋼の森の作品情報・感想・評価

「羊と鋼の森」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
どうやって撮ってるんだろうと思いながら見てた。
上白石姉妹の共演が見られて嬉しい。
ピアノの音が響いて素敵だった。
mayu

mayuの感想・評価

3.2
途中で寝てしまった…。
ダイヤモンドダストのシーンがとっても綺麗だった。
aki

akiの感想・評価

2.0
ピアノの調律師になった主人公の成長映画。

どうも本屋大賞の実写化って響きに弱いです。
毎回その本を読んだわけでもないけど、とりあえず見てみたくなってしまうんですよね。

映画の感想はピアノの奏でる音を森などの自然に例える演出はすごいと思った。
音や映像が美しい映画でした。


けど、自分的にはあまり響きませんでした。
あまりストーリーに浮き沈みもなく地味な感じ。

けど、森永悠希くんのところはウルッとしました。
saki

sakiの感想・評価

3.5
旭川が舞台!ピアノ!ということで観た。

冬の北海道の美しさにピアノの音色が素敵。

やっぱりピアノの音が好き。単純だからまたピアノちゃんと練習して弾きたくなった。
amoui

amouiの感想・評価

3.3
映像も台詞も詩的だった。
静かな森の中を行く山崎賢人、とても綺麗。
飛行機で観たので音楽がよく聞こえなくてもったいなかった。きっと美しい描写だったと思う。
ピアノの調律師さんの仕事から、人を支えることの生き甲斐を思う。
どこか孤独なようでいて、調律師の仕事を通じて世界と繋がる。ピアノの奏者を支えて、聴衆に素敵な音を届ける仕事。
奏者ごとに求める音があり、相性があり、演奏の理想がある。それを実現するために準備をするのは縁の下の仕事だけど、誰かを確かに支えていて、面白さもある。
地味な部分を丁寧に切り取って額縁に入れてみたら、とても美しかった、そんな感じの映画。

このレビューはネタバレを含みます

史上初の新宿御苑での野外試写会「森を感じる試写会」に参加!どちらかというと、新宿御苑での野外シネマ目的。応募のコメント欄、新宿御苑愛を多いに語ったら当選した長文書いたかいがあった。宮下奈都さんの作品は「スコーレNo. 4」がすき。この作品は未読だったけど、映画がうまくまとまっていたからか、小説原作にありがちな「いますごい大事なとこ飛ばさなかった?????」みたいな雰囲気はなかった。ケントスはキラキラスイーツのイメージだったので新鮮なかんじ。あ、泣けるんだ!みたいな感動あったカワイイよケントスカワイイよ。試写会前の挨拶とかカワイイが詰まってた。ステージ登ってきた瞬間転けるし役者をコツコツやってきたとかいって鈴木亮平に「よく(三浦)友和さんの前でコツコツとか言えたな。」って突っ込まれるし語尾が全部不安そうで鈴木亮平に毎回「…以上です!!!」って締めさせるし友和さんに「ファンの皆さん、こんなかんじ(ポンコツ)なヤツなんですよ。まあこういうところがいいんでしょうね」ってニコニコさせるしそのあとの会場が「そうなんだよね~~~~~~(ため息)」で包まれてるし楽しかった。モネモカは二人とも声が至高。私も外村だったらモネちゃんが演じてたお姉さんに思い入れちゃうだろうな。陰と陽の難しさがすごく伝わってきた。どちらの気持ちも苦しい。外村兄弟の弟も苦しい。なんといっても本当友和さんが素敵だかっこいいすきです
ikuko

ikukoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ピアノで食べて行こうなんて思ってない、ピアノを食べて生きていくんだよっていうセリフが最高。。。
specify009

specify009の感想・評価

3.8
音から広がる世界を映像化していて、とても丁寧に、拘りも伝わってくるのですが、とにかく長く感じて、もう少し編集を考えるべきだったのではないかと思います。
その辺で少し減点しています。
キャスティングも映像も良いのですが、何より音楽が素晴らしい。
辻井伸行さんのエンディング曲を生で聴きたくて、コンサートにも行ってしまいました。
ペティ

ペティの感想・評価

3.6
北海道の自然の映像と美しく鳴り響くピアノの音に癒されました✨
ストーリーはいまいち。山崎賢人ファンにはよかったと思います😊
YokoYamada

YokoYamadaの感想・評価

4.0
映画館でトレイラー観てからずっと気になっていた映画。山崎賢人はナイーブな青年演じるの上手。この若者たちのその先が観たいと思った。
>|