四月は君の嘘の作品情報・感想・評価

四月は君の嘘2016年製作の映画)

上映日:2016年09月10日

製作国:

上映時間:121分

3.1

あらすじ

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格—そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生…

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格—そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりが抱える秘密にも大きな変化が訪れて・・・。彼女のついた嘘とはいったい—。2016年、最も切ないラブストーリーが今、始まる。

「四月は君の嘘」に投稿された感想・評価

観たのですが内容忘れている程度の作品。
広瀬すずでなかったら観なかった。
が、本音。
ノムラ

ノムラの感想・評価

3.5
天真爛漫でつかみどことろのない女の子には必ず秘密があることを最近学んでる。
yumi

yumiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

なんだか薄っぺらい話だった。病気もののべたな流れ。バイオリンを弾いてる広瀬すずはかっこよかった。
ピアノのトラウマもあっさり克服しちゃう感じ。最後の手紙の真相はよかった。
エンディングのいきものがかりのラストシーンが映画にぴったりだった。余韻に浸れていい。
和奏

和奏の感想・評価

-
何でもかんでも実写は良くないと思いました。
今回の作品はアニメがあり原作があります。実写ではそれを越えられるような作品にするべきだと私は思っているので、原作を知っている身としては少し残念。

広瀬すずさんの演技は退屈です。

見事に気持ちを動かされませんでした。
漫画は好きなのに実写化されるとなんか違うってなる現象に誰か名前をつけてください笑笑
広瀬すずは好きだし泣いたし素敵な話だけど、何かが足りなく感じられて…重さかな?深刻なことが深刻に伝わってこないところに違和感を感じたのかも!
けど暇つぶしとして見れば全然素敵な作品!!!!バイオリン弾くフリも上手い!
あつと

あつとの感想・評価

3.0
キャストは好きだけど、特に惹かれるような内容ではなかった。
良くもなく悪くもない感じ。
iri

iriの感想・評価

-
終始、広瀬すずちゃんのヅラ感のある髪の毛が気になって気になって...髪型もだけどキャラ的に、広瀬すずちゃんは役に合ってないのでは?と疑問でした。演奏シーンはかっこいいと思いました。
うめ

うめの感想・評価

3.0
中2の息子がけっこう面白かったよ〜
などと言うから…
ヤバい気配は感じつつも
反抗期に入ってるアイツとの会話のネタにもなるし「とりあえず観てみるか」くらいの軽い気持ちで見始めました。

この触れただけで開いてしまうようなユルユルの私の涙腺が
あら、ビックリ!
全くの無反応。

原作を知ってないと厳しかったのだろうか?
あまりに唐突に進むストーリー。
まるで見えてこないそれぞれの心の動き。
誰にも感情移入できないんじゃ、涙も出るはずもない。
広瀬すずの良さが出てなかった。
そして、他の役者に至っては…
もう何も言いますまい。

何だかなぁ…
ただ単純なのか?
まだ純粋なのか?
これを楽しめる息子の若さ。
若さってすげ〜な。
Shuhada

Shuhadaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最後にわかる嘘

途中でタイトルの嘘はもしかしてって思いつつみてても
最後の手紙で号泣。

友達の気持ちに遠慮しつつの
青春ラブストーリー。

広瀬すずちゃんが明るくみやすい映画。
ザン

ザンの感想・評価

3.1
一流芸術家が抱えるトラウマの領域は理解には及ばないが、あんな所から川に飛び込んでしまうのは危険だ。
>|