四月は君の嘘の作品情報・感想・評価

四月は君の嘘2016年製作の映画)

上映日:2016年09月10日

製作国:

上映時間:121分

3.1

あらすじ

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格—そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生…

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格—そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりが抱える秘密にも大きな変化が訪れて・・・。彼女のついた嘘とはいったい—。2016年、最も切ないラブストーリーが今、始まる。

「四月は君の嘘」に投稿された感想・評価

KNE

KNEの感想・評価

1.0
描かれる内容が物語を薄く感じさせる。
広瀬すずのテンションが不自然。漫画原作だから仕方ないのか。
“泣ける話”にありがちな設定と展開で予測できてしまう。
原作は有名だし、巻数も多いみたいだからもっとそれぞれのエピソードや人間模様を細かく描いてておもしろいのかな、と想像した。
山﨑賢人と広瀬すずってことで最後まで見れた。
ロケーションがすてき✨
過去鑑賞。

すずちゃんのヴァイオリン演奏の格好良さ◎
自由奔放さが合っているww

「顔を上げて私を見て。下ばかり向いてるから、五線譜の檻に閉じ込められちゃうんだ。」
うめ

うめの感想・評価

3.1
いろいろと惜しい映画。主題歌のいきものがかりの歌は良かった。泣きたいのに泣かせてくれない…そんな映画。
優理

優理の感想・評価

2.8
キラキラしていて明るくていいけど、ある程度予測できる話。物語自体は素敵。
だけど別に、キャストがキャストじゃなかったら見ないかな〜
s319

s319の感想・評価

2.5


広瀬すずは宮園かをりちゃんと違う😖
やっぱり原作が好きです

ラストはじーんときたけどね



_
本当にピアノを弾いているのかと思うくらいの演技でした。基本アテ演奏しているが「きらきら星」は本当に弾いているというのを他サイトの記事で見て知ったのですが、ピアノを習っていた僕からしたら、半年でそれだけ上達しているのは相当頑張ったと思われます。


広瀬すずちゃんも最初はちょっとウザめのキャラだなあと思ったけど、主人公にはぴったりの性格でどんどん引っ張っていく姿と演奏の様子にはどこかカッコよさがありました。

最後には、そういうことだったのか!ってなりますよね。

演奏者ってかっこいいですやっぱり。
すずちゃんとヴァイオリン。
賢人くんとピアノ。
なんかもうぴったり好き。
ことい

こといの感想・評価

4.8
こういうウジウジ役の賢ちゃん結構好きなんだよな~
ピアノよく頑張りました
物語自体は何か見たことのあるような新鮮味がなかった話。
キャストは魅力的な方々ですごく学生の青春って感じだったものの
恋愛映画はなかなか分かりません、。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.1
広瀬すずの髪型が変。なぜわざわざエクステつけてぼさぼさにした?って感じ。
ラストシーンはいい曲すぎる。
>|