四月は君の嘘の作品情報・感想・評価・動画配信

「四月は君の嘘」に投稿された感想・評価

markyu326

markyu326の感想・評価

2.8
なんか展開が想像できていまいちだった、、
キャスト豪華なのに残念。
広瀬すずちゃん可愛かった。主題歌とのリンクがすごくて鳥肌たった!
(記録用)2020-24
原作未読。定番の難病もので、物語に意外性はないものの、私に免疫がないせいか、結構感動してしまいました。
特にピアノやヴァイオリンの演奏シーンは耳に心地よく、公生の心情やかをりとの関係も演奏中に大きく動くので、見応えがあります。
また、若手四人のフレッシュな演技も好印象で、ベタで恥ずかしい台詞も逆に新鮮で心に響きました。
Channel190

Channel190の感想・評価

3.3
そんなに身の回り人間病に倒れないだろうと思いつつ

弱いのよこういうのは
原作既読。
原作ファンからすると、広瀬すずは宮園かをりのイメージに合っていない。
自由奔放・天真爛漫な宮園かをりを演じるには、広瀬すずは色々知り過ぎているように思う。
ここはフレッシュな新人女優を起用してもよかったのではないか。
それに髪型が似合っていなかった。
やはり広瀬すずは『ちはやふる』の綾瀬千早役が当たりだと思う。
はっきり言って、本作での広瀬すずは可愛くない。
脚本もお粗末で、原作から重要なエピソードだけを抜き出しているので、物語が性急な印象を受けた。
原作にあった『ピーナッツ』や『いちご同盟』からの引用は使用されず、有馬公生のライバルも登場しないので、ただのお涙頂戴の難病ものに堕してしまっていた。
原作では有馬公生のトラウマはもっと重く、宮園かをりの有馬公生への想いはもっと深い。
原作未読の方はぜひ原作を読まれることをおすすめする。
ともこ

ともこの感想・評価

3.0
悔いのないよう生きてる間にやりたいことやるって大事だな。
自由奔放なヒロインに惹かれた。

このレビューはネタバレを含みます

半年くらい前からアニメ版が再放送していたので、観ていたんですよね。

当初はあーなんか聞いたことあるなぁ…とりあえず暇潰しにでもなれば。つまんなかったら途中で録画切る!くらいのつもりだったんですが、え、めっちゃイイじゃん……!!とハマってしまい(笑)。

そうしたらあと2、3話で最終回だぞ、というところで別の局がこの実写版を放送すると言うじゃないですか。
えぇー、気になるけどまだオチは知りたくないなぁ…と思ったので、とりあえず録画。アニメ版最終回を観終えるまで封印という措置を取ったワケです。

また、現時点では原作漫画は未読となります。

ーーーーーー

全体的には"思ったほど改変は多くなく、無難に纏まっているのかな"…といった印象。当然尺がぜんぜん違うので割愛されている部分・要素は多いものの、要点は押さえられておりしっかりアニメと同じラストを迎えています。
驚いたことに最後のこちらを振り返るかをりのイメージまでポーズそのまま再現されている…場所は踏み切りじゃないけど。

そして公生や椿のエピソードがだいぶ割愛された分、渡の存在感がちょっとだけ増している気がする(アニメでも決して空気と言うほどではないのだが・笑)。

ただ。
アニメと比べて急にテンションの変わるギャグシーンがなく、椿とのやり取りも大きく減っているため公生がだいぶ暗いヤツに見えるとか、最後の手紙を受け取る前に公生がストレートに思いを告げちゃうのはちょっとなー…とか、公生の扱いに関する細かい部分にはちょっと不満が残る。
なぽり

なぽりの感想・評価

2.6
漫画原作だからなのかセリフが若干くさい。山崎賢人、広瀬すずコンビが美しい。
2020年4月6日
〒 Netflix

映画じゃなくてアニメ観て欲しい。
かをりちゃんの言葉は、直下式ブレーンバスターくらい心に刺さる。
KSat

KSatの感想・評価

2.7
「音楽の天才2人の関係」「それぞれに秘めた想いを抱く4人の叶わない恋」「難病に苦しむ広瀬すず」という要素が中途半端に絡み合った胸キュン映画。

鎌高や江ノ水、力餅家と、ロケ地がモロに地元ばかりだったのは笑う。最近の胸キュン映画は鎌倉出しすぎでは?でも、茅ヶ崎から稲村ヶ崎まで制服のまま走るのはマジでキツいからオススメしない。

やっぱり頭の悪いJKでもわかるようにと、肝心なクライマックスでもモノローグが入るのはやめてほしいが、広瀬すずが消滅する時に変なキラキラした効果音とか付けなかったのは偉いと思う。

広瀬すずはやっぱり演技上手いけど、時折見せる笑顔が性格悪い女の子のそれで、何だかなあだし、茶髪にするとヤンキーみたいに見える。山崎賢人もヲタクみたいな根暗な役で、うん、頑張ってた。

この2人より石井杏奈と中川大志の方がずっと魅力的に見えた自分はおかしいのだろうか。
>|