のだめカンタービレ 最終楽章 後編の作品情報・感想・評価

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」に投稿された感想・評価

前編に比べ、かなりテイストが変わった。
監督も違うので、まったく違う映画にしたかったんだと思う。
単純に音楽を楽しみ、プロのかっこよさを堪能する前編に比べ、
のだめの学生からプロを転換する覚悟というものをかなり厳しい目線から捉えた後編。
どっちが好きかはかなり別れそう。

メッセージ性は今回がずば抜けている。
ただ、のだめらしさが成長に伴って変化していく様がとても寂しく思えた。
もうドラマの頃の二人ではないのだなと、大人な雰囲気で締めた今作が最後なのだと、改めて思い知らされる。

最後までのだめっぽくひょうきんに終わってほしいという人には酷かもしれない…
おりな

おりなの感想・評価

3.4
自分なりの最高を生み出す事は難しい。だけどそれをもっと越えようとするのはもっと難しい。
逃げる男。追う女。仲直りだってピアノ🎹お互いに高め合える素敵な関係。

オリバー😭
なな

ななの感想・評価

5.0
連ドラから観てきて、遂に全て観終わってしまった。
キュンキュンするし感動するし最高。
流れる音楽も好きなものばかり。
オケって、音楽って、やっぱり最高だなあと思う作品。
音楽に関わる人は誰でも好きだと思うな。

こたちゅー(?)がみれてよかった、、、
めちゃめちゃキュンキュンした
私も音楽に正面から向き合っている面白い人たちと関わってみたいな
りこ

りこの感想・評価

4.0
ドラマから一気見。
演出がドラマに比べてパワーアップしていました!
音楽についての知識も深まるし、個性的なキャラたちが繰り広げるストーリーも楽しい!

そして何より音楽が名曲ばかり✨
音楽やりたくなります(^^)/
oshion

oshionの感想・評価

-
小学生の頃から何度も何度も読んでたのに音楽はずっと想像だったから最終楽章の曲をストーリーと合わせて聞けて泣……
ギャグもシリアスも色んな名シーンが詰まりに詰まっていて、笑ったり、キュンキュンしたり、悲しくなったり、感動したり、とにかく忙しい。1番好きなシーンを選べと言われたらものすごく悩むけど、やっぱり最後の2台ピアノのモーツァルト。悲愴をバックに千秋先輩がのだめを想って走るところから最高。
のだめのように、最高の仲間に囲まれて、何かに没頭して、誰かを深く愛し愛される人生でありたいな。
この映画を観る度、別にまた観ればいいんだけど、のだめが終わってしまうのが寂しくなるくらい好き。
さて、憧れのロケ地へいざ!
榛南

榛南の感想・評価

3.5
オーケストラ聴きたくなるなぁ〜
キャストも大好きな人たちばっかりで本当に大好きな作品。
ともち

ともちの感想・評価

3.8
最後のエンドロールの部分も映画化して欲しいぐらい
音楽のプロって大変そう
この前ブラスバンド観て、今度オーケストラ観たいと思った
あばよ

あばよの感想・評価

3.7
のだめは日本で楽しくピアノ弾いてる方が幸せだったんじゃないかって思いつつも、舞台にのだめという才能を上がらせることをやめられない千秋先輩鬼畜すぎて最高フォーリンラブ。お似合いカップルよ
音楽の才能あるんうらやましい かっこいい
私も藝大音大行きたい
千秋せんぱいかっこいい、玉木宏かっこいい
>|