L change the WorLdの作品情報・感想・評価

「L change the WorLd」に投稿された感想・評価

デスノートからの急につまんない。
Lの行動が全然やりそうもない事ばかりで蛇足。
天才的推理も無いしそのくせ特にワクワクするような展開も無い。
TKM

TKMの感想・評価

4.1
好きな作品の1つです
fusemasa

fusemasaの感想・評価

3.5
そんなに、、、。
kuroko

kurokoの感想・評価

-
デスノート要素が全くなくて驚いた。

デスノートでは見ることのないLの優しさに触れることができて、どう考えても苦手分野であろう少女と少年にたどたどしいのも可愛らしかった。

見始めは無理かも。。。
と思ったけど気がつけばわりと夢中。

もう少しだけLに生きて欲しかった。
しおつ

しおつの感想・評価

3.3
世間的には評価がイマイチなのかな?女の子と男の子との距離感をはかりあぐねてるLがほほえましくて、本編で描かれない一面を掘り下げた良いスピンオフだと思う。本編や原作のLと『違う』という解釈ではなく、『そこで描かれていなかった』と捉えられるのは松山ケンイチのLがあまりにLだから。子役の演技も胸に響くものがある。
エボラ出血熱をイメージしているのか、かなりグロテスクな演出で特殊メイク班の腕が光っていたようにおもう。

このレビューはネタバレを含みます

Lを偲ぶ意味で作っちゃったのかなあ…

このレビューはネタバレを含みます

映画デスノートの中で最後に推理者L(エル)が自分自身に課した、死ぬまでの23日間を映画化したもの。

いつの間にこんなことやってたんだろ、というくらいほぼ一日中外に出てたり、こんな筋肉あったんだ、というくらい腕に力がいるアクションがあったり、デスノートとはまったく別の世界観で話が進んでいきます。

デスノートのイメージで見たい人にはあまり見たくないかもですが、単純にLというキャラクターが見たい人やパンデミック的な要素が好きな人にはいいかもです。

あとは、Lがどんなグループに属してる人なのかってことが少しだけ分かります。

ちなみにFBIはまさかの南原ナンチャンです
ナンちゃんが頑張ってた記憶しかない。
>|