バイオハザード IIIの作品情報・感想・評価・動画配信

バイオハザード III2007年製作の映画)

Resident Evil: Extinction

上映日:2007年11月03日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「バイオハザード III」に投稿された感想・評価

2020/0922 U-NEXT 1.0~2.0倍速 3回目くらい

ついにエスパー要素まで入れてきた今作。
2よりはB級臭が若干和らぎましたね。
空を焼き尽くすシーンの予告編CMが印象的で早く観たいとワクワクしたのを思い出します。
まあ僕みたいなこのシリーズ好きな人以外は、あまり期待しないで観るようにするのが賢明かと思います。
ゾンビ犬を飼ってる一家のキャラが、他の映画に出てくる一家によく似てるんだけど、タイトルがどうしても思い出せない、オマージュなのかな。
あの母親役のキャラと顔も別作品のキャラとすごく被るんだけど、これまたなんの作品だったか思い出せない。
舞台はパンデミックの抑え込みに失敗し荒廃しきった世界に移り、マッドマックスのような世界になった3作目

安息の地を求めて旅を続ける人々や、そんな中でだまし討ちで物資を強奪しようとする人々が描かれ、2作目と比較してよりゾンビ映画テイストの強くなった本作
舞台の大幅変更に加え、いままでのゾンビ犬に代わって大量のゾンビカラスが襲ってきたり、これまでのマンネリを回避しつつ、見ごたえ抜群です。
コンテナに閉じ込められたゾンビた大群によって車団という砦が瓦解する様子や、ゾンビを調教して使役しようとするマッドサイエンティストが登場するなど、ジャンル的にはアクション映画でありながらもしっかりと有名ゾンビ映画を踏襲しており、ゾンビ映画ファンも満足させてくれるのはいいですね。

また、普通のゾンビ映画が原因不明なことが多いのに対して、本シリーズではしっかりと黒幕が用意されており、この黒幕のストーリーが地上のサバイバーたちのドラマと並行して描かれているのも面白い。
ある種勧善懲悪的なストリーになっているところも暗くなりすぎずに気楽にみられる一因かも知れません。

カーアクションに大量のゾンビに襲われるサバイバーたちのドラマ、そして悪に立ち向かうヒロインのアクション
本作がここまでの3作で一番バランスよく完成されている印象
1~3の中では一番好きです。
Rikuto

Rikutoの感想・評価

3.5
2020年205本目

荒廃した世界観というのは完全に好みです。今作のMVPは間違いなくカルロス。異論は認めません。
バイオハザードシリーズではこの作品が一番好き。
クルドナイフを使うアリスがかっこよすぎる
もうミラ・ジョヴォヴィッチに未来託すしかなくなってくる。
これ見放題に最終章追加されへんのが辛い。
萌

萌の感想・評価

3.4
ラクーンシティーでの出来事から数年後
Tウイルスは世界中に広がる
アリスは独り彷徨う中かつての仲間に再会
そこのグループと合流し、食材探しへ
一方、アンブレラ社ではアリス計画が始動
アリスのクローンが増産されては最終関門を突破できずにいた

舞台が施設から外の世界へ
アリスのクローンが大量に生産されたり、感染が世界中に広まったりと絶望感漂う
ゾンビたちも力を増すばかりで動物たちにも影響が、

ホラーというよりアクション
いつの間にかアリスが超人すぎてビックリした笑
前作からのひとも結局は死ぬよね
カルロスはよく残った方最後
かっこよかった
LJ陽気で好きだったけど感染したら仲魔に移す可能性あるし申告して欲しかった結局カルロスを殺ったし
1時間半と短いところも見やすくて好き
バイオハザードシリーズ全部見ました。
面白いですよ。
今はまだ。
きー

きーの感想・評価

3.0
過去鑑賞。砂漠で戦うアリス。クローン化するアリスや超能力などSF要素が強かった思い出があります。個人的には1,2のようないかにもバイオな暗がりの戦闘が好きでした。
ゲームを知らないので、単純にミラ・ジョヴォヴィッチがカッコよくておもしろいです。
>|