蜘蛛の巣を払う女の作品情報・感想・評価・動画配信

蜘蛛の巣を払う女2018年製作の映画)

The Girl in the Spider's Web

上映日:2019年01月11日

製作国:

上映時間:115分

3.5

あらすじ

「蜘蛛の巣を払う女」に投稿された感想・評価

Anma

Anmaの感想・評価

2.7
前作の方が圧倒的に良かった。これは致し方ないのだが前回ダニエルクレイグをミカエル役に使ったため、今回は小物感がでてしまった。一番の問題はサランデルの過去に焦点を当てているにもか変わらず、義理の妹や父に対してスポットが足りずに入り込めない。そしてストーリーが薄いことと無駄なシーンも多いためもありあまり入り込めない。原作自体長くて難しいのは理解しているが、要約力が足りない脚本だった。
嫌いじゃない、嫌いじゃないけどなー
前作と比べると独特の生々しさが少ないためSFクライムサスペンスになってしまった…
ただ、カミラの赤い服の不気味さはスゴかった!
REM

REMの感想・評価

3.0
リスベット役の女優さんは前作の方が良かったが、ストーリー展開はカミラの登場もあってか、本作の方が魅力的に思えた。
anna

annaの感想・評価

3.8
とにかく赤は目立つ
赤じゃなくて白着たら雪の中でも発見されにくいと思うの
大好きなドラゴンタトゥーの女
ミレニアムシリーズ4作品目

面白かった
ハラハラ感ありました
衝撃感はあまりなかったかや

原作、ハリウッド盤、そして今作も
役者がコロコロ変わるのどーにかして笑
Kyazuma

Kyazumaの感想・評価

3.6
リスベットのその後が見たくて見た。

3年が経って、リスベットの心が少し強くなっていたように感じました。

ミカエルとの再会のシーンがあっさりしていたのもそういう事なんじゃないかなと思いました。


ルーニーマーラのも見たかったなぁ


妹さんは赤がめっちゃ好き。



内容的には薄かったようにも思ったお。
rasta44

rasta44の感想・評価

3.7
「ミレニアム」シリーズの第4作。デビッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ主演でシリーズ第1作を映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」に続く物語。リスベットが強くてカッコイイ女でテンポ良くハラハラします。前作を見たなくても楽しめます。しかしながら内容が薄い気がしました…。
suemaro

suemaroの感想・評価

3.2
ルーニーたんが恋しい
クレイグ先輩も恋しい

何よりあんま蜘蛛の巣払えてない
ハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」の続編として観るとチンプンカンプンでは?とりあえず黙って「ミレニアム」シリーズを3まで観るのだ。
リスベットはルーニー・マーラが良すぎたせいかやはり少し物足りない。作品としても、演出も何だか地味な印象。
物語は面白いです。伏線が後から生きてきてしっかり回収していく感じが堪りません。キャラクターもみんな魅力的。
カミラの印象が……弱かったかなあ……パンチが足りないというか……それだけが残念。
なつり

なつりの感想・評価

3.0
Amazon Primeで100円レンタルして観ました。

Netflixオリジナルドラマの「The CROWN」を観たばかりの私からすると、クレア・フォイは素晴らしい女優だな、というのが最初の感想です。

ただ、「ミレニアムシリーズ」の映像作品としては、イマイチかな。
ルーニー・マーラのリスベットが素晴らしかったのでどうしても比べてしまうし、作品全体のクォリティも前作(と言ってよいのかわかりませんが)のほうが良かったです。

これは、映画あるあるですが、作品内で出てくる文字はスウェーデン語なのに、会話は英語という違和感もありました苦笑。
>|