デスノート Light up the NEW worldの作品情報・感想・評価

デスノート Light up the NEW world2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

2.9

あらすじ

~デスノートのルール~ デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。名前の後に40秒以内に死因を書くと、その通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。 人間界で同時に存在していいノートは6冊まで。デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から1…

~デスノートのルール~ デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。名前の後に40秒以内に死因を書くと、その通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。 人間界で同時に存在していいノートは6冊まで。デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。 夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田他5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた・・・。6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

「デスノート Light up the NEW world」に投稿された感想・評価

jack

jackの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

続編としての繋ぎ方は自然でよかったと思う。ただ、マフラーで顔隠すとか大事なところで顔だして特攻するところなど、殺し方が単純すぎた。前作が良すぎたのかな?
ちょっとよくわからなかった。
漫画を一度読み返してみたくなった。
見る前から評判を聞いていましたが、見てみたら想像以上につまらなくてびっくりしました。
設定甘いし、頭脳戦はかけらもないし、、
あと登場人物の話し方がいちいちうるさかったです。
普通に2人で会話するときくらい、普通の喋り方してください。
せーや

せーやの感想・評価

2.7
映画版デスノートの正統な続編。世界中に散らばったデスノートを使い、第2のキラとして動く何者かがいる。誰がキラの跡を継ぎ新世界を作ろうとしているのか…
前作から作品の中でも現実でも10年過ぎ、ミサミサも大人になってたり、時を感じさせられた。自分もおっさんになったな〜 原作はリアルタイムで読んでものすごく面白かったけど、原作とは違ったストーリーに少し不安があったが、そこそこ楽しめた。(2017/11/25 TV)
これのどこがデスノート?
基本的に映画を悪くは言わないし否定的なことを出来るだけ言わないようにはしてるけどこれはひどい。
僕は好きじゃないです

明らかにリュークのキャラが崩壊してますよね。
デスノートの力でピンチを乗り切ったり自分の思う様に物事を運ばすのがデスノートだと思ってましたが、今回はデスノートよりもハッカー力が際立っちゃってましたよね。ガッカリです。

カッコよく無いしオシャレじゃないし知的じゃ無いし面白くもなかったです
sirent13

sirent13の感想・評価

3.0
死してなお影響を与えるキラ。
頭脳戦というかどんでん返しがしたかっただけな印象。
新生キラも犯罪抑止力にはデスノートが必要との考え。6冊多いなー。
mai

maiの感想・評価

2.4

原作には勝てないなぁって
素直に思った作品。

でも、これはこれで面白い。
久しぶりのミサミサは良き😊💓
うーん、そんなにだった。どうしてもデスノートは前作を超える奴を期待してしまう分、期待外れ感
yuzupon

yuzuponの感想・評価

2.7
ノートよりも銃って…。
本来のデスノートとは別物と考えたら面白いと思う。
>|