ピンクのルージュの作品情報・感想・評価

「ピンクのルージュ」に投稿された感想・評価

Tomoo22

Tomoo22の感想・評価

3.2
男女の関係の皮肉な様
最初の話が一番馬鹿げていて面白かったかな
イシ

イシの感想・評価

-
ルイジ・ザンパの戦後すぐくらいの普通の映画が見たいです
これあんまりおもしろくなかったし
艶笑系はべつにやらなくていいですザ・シネマさん…
お色気少なめ。
胸見せるだけ。
ちょこっと暇な時とかに気楽に観れる映画。
お色気少ないけど嫌いではない。
だぶ

だぶの感想・評価

3.0
昔のコイン入れると数分間見れるような「セクシー女優のソフトポルノ短編」を集めました映画

やはりあの籐椅子は外せないのね
シルヴィア・クリステル。
モニカ・ヴィッティ。
ウルスラ・アンドレス。
ラウラ・アントネッリ。
がそれぞれ2話を担当
計8話のオムニバス映画。

男がしてやられる。
あだち

あだちの感想・評価

2.3
エマニエル夫人とかボンドガールとかが出てくるエッチなオムニバス映画っていうから期待したのに最初の人のおっぱい見れただけでがっかり
KSat

KSatの感想・評価

1.0
ジャンルはたぶん、ソフトコアポルノなのだろうが、その割にエロシーンが少なすぎるオムニバス映画。全く面白くない。

タイトルで伝わるやる気のなさといい、ラウラ・アントネッリやモニカ・ヴィッティ、ウルスラ・アンドレスの消費期限切れ感といい、ヒドすぎ(残るエマニエルも、違う意味でヒドいが)。

特に、ヴィッティをこういうのに出すのは違うと思うんだ。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.9
シルヴィア・クリステル(「エマニエル婦人」)、ラウラ・アントネッリ(「青い体験」)、ウルスラ・アンドレス(「007/カジノ・ロワイヤル」)、モニカ・ヴィッティ(「情事」)の4人の豪華キャストがそれぞれ2話ずつ主役を演ずる計8話の短編官能オムニバス。あっけらかんとしたセクシーさとキッチュな魅力満載

・1話目「アラブ人」シルヴィア・クリステル(DVDジャケット左上) 
写真に写った美女に一目惚れした男は、とある家に誘い込まれる。 
すると寝室には写真の美女が横たわっていたのだが・・・。

1番好きかも。予想はつくんだけど、美女の魅力に逆らえない愚かな男っていうのが可愛く滑稽。でもたしかに20年犠牲にしても構わないほどの魔性の魅力。


・2話目「おかあさま」モニカ・ベッティ(同右下) 
ある女性が、通学中の男子学生に頼まれて彼の母親のふりをして校長室をたずねることになった。優等生だと言っていた少年だったが? 

校長との掛け合いが超面白い。キャラ的にはこの人が一番好き。止まれ暴走 笑 


・3話目「未亡人」ウルスラ・アンドレス(同右上) 
貞淑な政治家の未亡人の元に1人のカメラマンが写真を撮らせてくれと現れる。彼は、彼女を映画スターの道へと勧誘する。 

きっれー!結構な年のはずやのにプロポーション抜群。 
なんやかんや言うて奥さんノッリノリやん


・4話目「忠実な妾」ラウラ・アントネッリ(同左下) 
浮気しているはずだと疑うパトロンに対して、愛人のとった行動とは!? 

短っ!えー・ω・;ポカン 


・5話目「若妻」シルヴィア 
美しい妻に対し口うるさくしつける夫。その結末は。。。 

1話目は妖艶な魔女だったのに対し、こちらは貞淑な妻役。
どちらも演じれていてすごい!あーん可愛い!


・6話目「散歩」ウルスラ 
毛皮のコートをまとった美女。彼女が通った道々では何故か事故が多発するのです。。。 

バッと思い切りのいいあのシーンは、この映画の代表シーンなんじゃないでしょか。一番ショートショートっぽいかな。 


・7話目「貝あそび」モニカ 
あるホテルで女王様の首飾りが盗まれた?!そしてその盗人のもとからもさらに盗まれて・・・首飾りは一体誰の手に?

男と女の化かしあい。一番楽しく見れたかも。最後の最後までどんでん返し。そんでもってモニカ・ヴィッティがやっぱり可愛いんだー。綺麗なプラチナブロンド


・8話目「ナンパ」ラウラ 
一目惚れしてナンパした相手は超多忙のビジネスウーマン。デートの時間もままならない彼女のデート方法とは? 

「忠実な妾」とだいぶイメージちがかった。 
いくら美人でも途中でおかしいって気づきましょうね。
ぶっ飛んでて楽しかったけど。 
ミーシャ・バートンに似てるって思うのは私だけ?この人の着てるワンピースが可愛い