ファンボーイズの作品情報・感想・評価・動画配信

『ファンボーイズ』に投稿された感想・評価

KnI

KnIの感想・評価

3.0
オタクのロードムービー。
スターウォーズは勿論の事、色々なパロディがふんだんに盛り込まれていて、分かれば分かるほど楽しくなる作品。
ファントム・メナスが駄作弄りされてる時代、懐かしいよ。
SHOHEI

SHOHEIの感想・評価

3.8
16年ぶりの続編『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の公開が半年後に迫ったある日。いまやファンを辞め、漫画家になる夢も捨てて家業を継いだエリックは熱狂的なスター・ウォーズオタクのライナス、ハッチ、ウィンドウズらと久々に再会する。ライナスとは絶好中だったが、彼が余命わずかしかないことをエリックは知る。数日後、エリックはルーカス・フィルムの本拠地スカイウォーカー・ランチに忍び込み、エピソード1のフィルムを盗み出そうと思い立つ。ハッチ、ウィンドウズ、そしてライナスらはその計画に賛同し、車ひとつでサンフランシスコに向けて旅立つ。

余命わずかの友人にスター・ウォーズの新作を見せる。馬鹿げた題材のはずが、実際に現実では公開前の『エピソード7 フォースの覚醒』をルーカス・フィルムが余命いくばくかの癌患者に見せたというエピソードも生まれ、一種の真実味を帯びてしまった珍妙な作品。舞台は新三部作がこの世に発表される以前の、旧三部作(とスピンオフ)だけがファンの全てだった世界。本作で登場するスター・ウォーズファンの新作に対するボルテージは決して盛った演出ではなく、ほぼノンフィクション。YouTubeにも映像がアップされているが、エピソード1公開初日の熱狂っぷりは凄まじく、公開初日を無事迎えたことを神に感謝する者、シアターでチャンバラをする者も多数現れとんでもないお祭り騒ぎとなった。そんなエピソードも実際にあったからこの映画に登場するオタクたちの熱量には感情移入してしまう。彼らは道中スタートレックファンたちに喧嘩を売りながら、聖地スカイウォーカー・ランチを目指す。アンチ・スタートレックな映画かと思いきや、実はトレッキアンにも優しい目配せをしたずるい作品。スカイウォーカー・ランチ侵入の鍵を握るのがカーク船長役のウィリアム・シャトナーというのが面白い。他にも『THX 1138』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など多くのSFネタを盛り込んでいて実は守備範囲が広い。肝心のスター・ウォーズネタには黒歴史となった『ホリデー・スペシャル』起源のものも。また字幕では拾いきれていないネタもちらほら。で、本作のプロデュースにはあのケヴィン・スペイシー、ありし日のハーヴェイ・ワインスタインも絡んでおり意外とビッグタイトル。ただしキャスト、スタッフとワインスタインの関係は決して良くなかったとか。またプロットに友人の余命に関するエピソードが含まれないバージョンも製作されており、試写でコンペが行われた。登場人物の中で最も熱狂的なオタク、ハッチを演じるのは『ファンタスティック・ビースト』シリーズのジェイコブ・コワルスキー役や『ジ・オファー ゴッドファーザーに賭けた男』のフランシス・F・コッポラ役で最近とみに脚光を浴びているダン・フォグラー。ヒロイン役のクリスティン・ベルは『アナと雪の女王』のアナの声優を務めているのも意外。華がないと思いきや意外とある。ファンだったら漏れなくマストな一作。ラストのひと言にも絶対笑わせられる。
mao

maoの感想・評価

2.5
つまらなかった。あらすじにスターウォーズのファンが余命僅かでep1に間に合わない、そこで~みたいな事が書いてあったから、そこから物語が始まるかと思ったら中盤までそんな事一切起こらない。なんなら終盤まで病気なんて分からない。観ていていつ始まるのかイライラした。この前初めてスターウォーズ制覇したくらい思い入れがないので、好きな人なら楽しめるのかなと思う。
Cap

Capの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ昔に見て、かなりひさのリウォッチ!スターウォーズ好きだから、エピソード1公開を楽しみにしてるヲタクたちの気持ちが今ならよくわかるなぁー!当時まだわたしは子供だったけど、それでも熱狂ぶりは覚えてるもんな✨

初見ではスタートレックのこととかあまりわからなかったけど、今見たらスタートレックファンvsスターウォーズファンとか面白いし、ルーカススタジオにあんなにいとも簡単に入れるのかありえないんだけど、色々笑えた🤣

日本のヲタクと違って彼らは自信もあるし、美女にちょっかい出すし、自分を卑下してなくていいよね!日本人だと美女にあんなに堂々とおっぱい見せてとか言ったりナンパしたりしないよねぇ〜結局コールガールだったけど🤣🤣
AKIRA

AKIRAの感想・評価

-
めちゃ笑った。スターウォーズ愛を感じた。
レイア、ランド、ダースモールもカメオ出演!

「ファントム・メナス」公開初日の最速公開であろう場面での、20世紀スタジオのファンファーレで喜ぶファン達の映像で、なぜかウルっときた。やはり俺もスターウォーズファンだ。
ケイカ

ケイカの感想・評価

3.5
SW愛
思わずクスッと笑ってしまうけど良いロードムービーだった
スタトレも興味出てきた
2022-281
Nancy

Nancyの感想・評価

4.0
SW作品観るとこの作品が恋しくなる。
SWヲタの仲間が末期ガンであと3ヶ月の命。そんな彼の為にSW EP1のフィルムを盗んじゃおうぜ!って話。
SW愛に溢れた作品で、ニヤニヤポイントが沢山!
度々スタートレックヲタと大乱闘するのが草。
カメオ出演が豪華!
移動に利用しているバンのクラクションの音がチューイの声だし、ルーフにR2を付けているのが秀逸。
あめり

あめりの感想・評価

4.3
STAR WARS好きとしては神映画でした!
愛がたくさん詰まった作品です。
主人公達に気持ちが入りすぎて、度々共感してしまいました。
あっという間の90分!
スター・ウォーズファンVSスター・トレックファンのやり取りが好きすぎて、いつまででも観てられる(笑)
s

sの感想・評価

4.0
オタクの友情最高🫶🏻
スターウォーズ愛が詰まってる~♡
the officeのロイとダリルもいたー
TDS

TDSの感想・評価

5.0
スターウォーズ エピソード1公開を控える1998年
余命わずかな友人に公開前のエピソード1を見せるため、アメリカを横断する

スターウォーズ愛に溢れた作品

スターウォーズあるある、オタクあるあるが詰め込まれずっと笑える

スターウォーズネタだけでなくスタートレックネタも

"本人"たちも多数出演

ラストは感動
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品