ゼロヴィル(原題)の作品情報・感想・評価

「ゼロヴィル(原題)」に投稿された感想・評価

短縮版「ゼロヴィル」
原作と比べると余りにも切り捨てた部分が多すぎるし、ラストの意味が180°違う。出てくる映画も「陽のあたる場所」と「裁かるるジャンヌ」がほとんどなのは仕方がないが、「2001年」は出てこなくて、「イレイザーヘッド」が出てくるのは納得がいかない。

一番見たかったパンクスが映画スターの入墨をしてヴィカーを祭り上げるシーンはなくて残念。「ジョン・ウェインはクソッタレのレイシストだけど」のセリフはヤバいがよく入れたと思う。キャストはバッチリで、ヴィカー、泥棒、バイキングマン、ドッティ、ザジ、ソリダッドが動いてしゃべるだけでオレは嬉しい。

やはり、神が子供を...のくだりは重要な部分だったが、省略しないと探偵ごっこのエピソードが一つ増え、2時間枠では収まらなくなるし、商業映画としてはテーマ的にも避けたい部分なのだろう。あるいは、単純に予算や時間の都合で撮れなかったのか。いずれにせよ内容が薄くなってしまったことは否めない。

ジェームス・フランコの挑戦には敬意を表したい。MVPはドッティ役のジャッキー・ウィーヴァー。彼女がヴィカーに編集を教えるシーンがベストシーン。

「映画は世界のはじめから存在した。」
Matt

Mattの感想・評価

4.0
The Animals - It's My Life

Fuck continuity