スウェプト・アウェイの作品情報・感想・評価・動画配信

「スウェプト・アウェイ」に投稿された感想・評価

enter

enterの感想・評価

3.0
ガイリッチーなのに点数低いのなんでだろう?って、ずっと観てなかったやつだけど、
点数低いの確かにわかったわww
低評価が逆に気になって観たガイ・リッチー作。
女も女やけど、立場逆転したら男も男でまあまあ酷いことしてるし、どっちにも腹立ってなんの感情移入もできやん。
最後の終わり方は良いと思った。
ガイ・リッチーってマドンナと結婚してたのね。
自分が主演で監督の旦那に撮ってもらうという、クリエイティブな金持ちのただのハイレベルな遊びやった。
kuu

kuuの感想・評価

2.5
『スウェプト・アウェイ』
原題 Swept Away.
製作年 2002年。上映時間 89分。

無人島に漂着したブルジョア夫人と船乗りのラヴ・ストーリー。
1974年のイタリア映画『流されて』のリメイクイギリス・アメリカ合作。
監督・脚本はガイ・リッチー(手を抜いたのかスランプだったのか。。。)。
出演はマドンナ、新進のアドリアーノ・ジャンニーニ、ジーン・トリプルホーン、ブルース・グリーンウッド、エリザベス・バンクス、デイヴィッド・ソーントンほか。

ギリシャからイタリアへ向かうプライベート・クルーズ船。
この船上でアメリカから来た富裕層のカップルたちが豪勢なバカンスを楽しんでいた。
しかし、ただ一人、製薬業界の大物トニーの妻アンバーだけは不満を露わにしている。
既にトニーとの夫婦仲も冷めている上に傲慢で利己的な彼女はなかなか鎮まらず、特に船員の一人ジュゼッペ相手に怒りをぶちまけていた。
そんなある日、アンバーは洞窟探検に出掛けた友人たちを追うため、ジュゼッペに無理矢理ボートを出させる。
だが、その途中、2人はボートの故障と嵐に見舞われてしまう。。。

今作品は、ビジュアル的にはとても綺麗な作品でした。
海の色は青く、白い砂浜は美しい。
白砂青空(ホントは白砂青松やけど松は見当たらなかった)。
この映画から得られる唯一の喜びは、サルデーニャ島のビーチを鑑賞することであるほど、撮影と描写は息を呑むほど美しかったです。
しかし、プロットの欠如や主人公の誤った性格を補うことはできないかな。
マドンナは、マッチョなイタリア人のステレオタイプな野郎と島に置き去りにされ、小生は小心なティーンエイジャーを思い出した。
彼女は、やんちゃなティーンがするように、夫とイタリア人のマッチョな男と関係を持つ。
申し訳ないのですが何の深みもない。
面白いシーンは単にこっ恥ずかしいだけやった。
ガイ・リッチーはどうしてこんなひどいものを作ったんやろか?
彼の素晴らしい作品を観た後では、何の意味もなさない。
スローモーションの空涙と、それに伴うピアノで、胸悪くなった。
今作品は、クソガキの支配者/被支配者のような演技をする大人たちのビーチでのお遊びかな。
(マッチョに服従した後、マッチョの足にキスするマドンナ。)
この大人二人の島のシーンのほとんどは、ホームムービーのように撮影されとる。
マドンナは演技をしない、自分を演じるだけやん。
合図で泣けるからって、女優とは云えんて。
当時の妻であったマドンナを起用した理由を尋ねられたガイ・リッチーは、
"安くて使えるから "
と答えたそうです。
ちょい商業的物云いは腹立つなぁ。
マドンナからしたら今作品の失敗が、彼女の女優としてのキャリアにケチが付いたんちゃうかなぁとは思う。
個人的にはWOWOWでやってて見た作品でダントツに嵌まらなかった。
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.0
当時の奥さんだったマドンナに
撮らされた?「流されて...」リメイク。
所々ガイリッチーらしい会話劇とカメラワークが楽しめるものの
なんでリメイクしちゃったんだろうと思う事大有り。
おめでとうラジー賞!
ガイリッチー作品最初で最後だといいけど。
yuukite

yuukiteの感想・評価

2.9
劇場で。74年に大ヒットした漂流恋愛ドラマ「流されて」のリメイク。リメイク作が多いガイリッチー作品。当然ジャンニーニ主演イタリアヒット映画を到底超えることはないがマドンナの持ち味を上手く汲みとりジャンニーニの息子を観れた作品だった。
ぽち

ぽちの感想・評価

1.2
マドンナのファン以外は観てもしょうがない作品。

さすがにラジー賞5部門で受賞しただけのことはあり、つまらないだけではなく、制作の裏側まで透けて見えてしまい、公私混同ぶりが多くの反感を呼んだのも納得できる。

マドンナは歌手としての実力や楽曲の良さはその経歴が実証しているのだが、女優としては全く魅力がない。
今作でも孤島に男女二人きりというシチュエーションなのに、まったく萌えない。

元ネタの「流されて」のマリアンジェラの爬虫類顔のほうが数段魅力的だ。

無理やりねじ込んだミュージカルのようなシーンが寒い。


そして最悪なのがヌードシーンが一切ないこと。
別にあの筋肉質のゴリゴリなマドンナのヌードなど見たくもないのだが、それを必死に編集や撮影アングルで誤魔化そうとしている所がイライラする。

乳見せするぐらいの気合がないのなら、もっとソフトなラブコメでも撮っておけよとツッコミたくなる。

ガイ・リッチー監督作品の中では最低作であることは間違いないだろう。



余談。
嫁「私の魅力と名声を使って大ヒット映画撮っちゃいましょ。もちろんあなた、監督ね」
夫「え~、あんまりやりたくね~な~」
嫁「きぃぃぃぃ!!!!なんですって」
夫「あ、ごめんなさい。喜んでやらせてもらいます」

嫁「ヌード無しね」「歌うシーンを入れて」「最後は悲劇のヒロインにして」
夫「・・・・・・・・・・」

嫁「あなたのせいでラジー賞総なめじゃない!!!!どうしてくれるの!!」
夫「だめだ、こりゃ」

ちゃん、ちゃん。
え、こんなに低評価なの…?

ガイ・リッチーのラブコメということで視聴したけどかなりしんどい
ムサシ

ムサシの感想・評価

3.5
昔観て微妙だったが
元ネタの「流されて…」を観た後見直すと、かなりグッときた

ラジー賞に選んだやつはセンスないわ
普通にいいリメイクだった
主人公は「流されて…」の方が好きだったな
Tom

Tomの感想・評価

4.0
なんで評価低いのでしょうかね😅。リメイク版としてのオリジナルとの比較、いわゆるガイリッチーらしくないとかは抜きにして、会話とか面白いのでラブコメとして好きな作品です。特典映像のリッチーとマドンナのやり取りやNGシーンも大笑いでした。マドンナの鍛えた身体にプロ意識高さも感じました!
流されて…のリメイク
本元を見てないからわからないけど
マドンナにしてはよかった方か
>|

あなたにおすすめの記事