スウェプト・アウェイの作品情報・感想・評価

「スウェプト・アウェイ」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

2.0
「映画天国」にて。高慢な上流階級のマダムと客船の下級労働者。この2人が無人島に漂着。2人の立場は逆転し、生活力のある男が「支配者」として女を屈服させる。ここまでの展開はよしとしましょう。しかし、その後だ。女が「性」という武器を行使することで再度立場が逆転、女が「女王」として男を屈服させる。そんな倒錯した物語を予想したのですが(こういう話ならマドンナは適役でしょ?)、あっさり2人が愛し合うようになってズッコケ。救出されてからのメロドラマもいまひとつ盛り上がらず(ずいぶんあっさりした終わり方だったしなぁ)
小学2年生の時に鑑賞。
内容はそれほど覚えてないが、面白かったと記憶。なぜこんなに評価が低いんだろう
fkr

fkrの感想・評価

-
昔見たやつ。TV鑑賞。

面白かった模様。
まさかそこで終わるとは思わなくてびっくりした。でもこういうのもアリなんだよなぁ。ちょいと会話が多いのがイヤだった。
lovelyn

lovelynの感想・評価

-
ガイリッチーとマドンナの待望の夫婦共作?
...だけど...マドンナ、若い頃ならハマり役だったろうけど...流石のマドンナでも現状は(その年でその役は...)かなりイタいΣ(O_O)!!
daluma

dalumaの感想・評価

3.5
マドンナのシワが不憫で素直に見れないという難点はあるがちゃんと面白かった。大傑作とは言わないが、揶揄され過ぎだと思う。
Misosru

Misosruの感想・評価

3.3
この映画のテーマは
“好きな子につい意地悪しちゃう原理”。

バカンスで遊びにきた富豪妻と船の漁師。
憎まれ口を叩き合っていた二人が、
無人島に漂流したら立場逆転してマドンナが漁師を「ご主人様」と呼ぶようになる。
そして次第に惹かれていく二人…。

単純なストーリーだが、
ガイ・リッチー監督らしい くだらない言い合いのシュールさあり、
マドンナのまさかの踊りあり、
澄み渡った水色の海の美しさありで
そこそこ楽しめた。
終わり方は何とも切なかったけど…。
クロ

クロの感想・評価

3.5
2004/4/23新橋3.5
2009/12/12TV3.5
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

1.5
2016/5/23鑑賞(鑑賞メーターより転載)
あのキレキレの映画で魅了させてくれたガイ・リッチーですら「私情」というものが入ってしまうと作品はここまで落ちぶれるのか...色恋が仕事に影響を与えた教科書的な例かもしれない。さんざん周囲を見下していた奥様が無人島に流されたとたん船員との立場が逆転し、という設定は面白いのに、会話がいちいちくどくてイライラ、いつのまにか心情が変化したりしてて唐突な印象も強い。そして、絶対に「嫁を綺麗に撮ろう」という意図がこもりまくっているマドンナの肌色多めの姿が、何というか「残念」という言葉以外に表現が見当たらないw
すてふ

すてふの感想・評価

3.0
ラジー賞、納得

途中から置いてけぼりくらった。前半と後半でテイストが豹変する。だがしかし、真剣なシーンも茶番に思えると全編コメディのようで面白かった

海と夕陽が綺麗ですね
riekon

riekonの感想・評価

3.0
タコの塩もみ?汚れおとし?をしているマドンナはなかなか見れないね(笑)
変わったと言っても旦那の前では前みたいに強気でいけばあんなにコソコソしなくても彼と行けたんではないかな?
そう思っちゃったから最後全然切なくなかった…
>|