水の中のナイフの作品情報・感想・評価

「水の中のナイフ」に投稿された感想・評価

tiger

tigerの感想・評価

4.0
ヨランタウメックかわいい。つまらなさこそが楽しさになってくるタイプの映画という意味で、ロードムービー的でもあるかも。

映画の中の距離感を示すショット(ちなみにフライシャーの「その女を殺せ」がその最上級だと思ってます)が大好きな俺には、ツボな画面がいっぱいありました。

今度ブルーレイ出るみたいなんで買おうかしら、と思うほどには好き。
意地悪なおっさんとブスな嫁となんかよく分からんヒッチハイクの若者が一緒にヨットに乗ってあーだこーだ言ったり喧嘩したり海に落ちたりキスしたり。
全然難しい内容ではないのだが面白くはなかった。2回目観ようとは思わないかな。
音楽は昔の欧映画っぽく素敵だった。
なんとなく、映画通を気取った人がほんとはそんなに面白いと思ってないのに監督があの人だし、しかもデビュー作だし、面白いと言っとけば、おっ、見る目あるねーとか思われそうやし肯定しとくか、って感じの作風(笑)
みんと

みんとの感想・評価

3.8
ポランスキー監督デビュー作を鑑賞。

プロットとしてはルネ・クレマンの『太陽がいっぱい』と重なるんだけど、こちらはもっとシンプル。けれど心理描写はもっと濃厚。

登場人物はわずか3人。倦怠期のセレブ夫婦が偶然出会った青年をヨットに招き入れるのだけれど、
湖上のヨットの中と言う閉鎖空間で淡々とじっとりと繰り広げられる三人の心の動きがとてもサスペンスフル。

何も起こらない静かな時間でさえ常に不穏な空気が付きまとい、この先何が起こるか、むしろ何が起こってもおかしくない状況に興味が途切れない。

斬新なアングルからのカメラワークや波打つ湖面や差し込む日差しと美しい映像からも目が離せなかった。更にはバックに流れるジャズが絶妙にお洒落さをも含ませていた。

男性の中に潜むある種ののプライドをはじめ、優越感や劣等感、妬みや蔑みと言った人間の深層心理にまさにグサッとナイフを差し込むような生々しさを感じた。

そして非日常なシチュエーションの中に異分子となる青年の存在を加えることで倦怠期の夫婦の心情を吐露させる演出が実にお見事!

ある意味やはり夫婦は他人、穏やかに見える湖面の下は決して澄んでいる物ではなく何かをきっかけにさざなみが立つような危うさもある。とするならば実はあの青年は存在しない幻だったのではないだろうか...
そんな風にさえ思えた。

ともあれ制作時29歳にしてなんと言う感覚をもつ監督なのだろう、、、
柴猫

柴猫の感想・評価

3.7
倦怠期の夫婦とたまたま出会った若者がボートの上で休暇を過ごす。90分近くそれを見せられているだけなのに全く飽きない。水上という閉鎖空間で次に何が起こるのかという緊張感、白黒で映し出される水面の美しさ。長編デビュー作としてあまりに完成されているポランスキー監督。

先輩風を吹かせたい夫と歩くために歩くんだとか言ってる若者。落ち着いてるのか諦めているのかよく分からない妻。何がしたいのかよく分からない登場人物達とも言えるけど、この人物達の間にナイフがポツンと置かれることで目が離せないシチュエーションが生まれる。
正直こんな話にどんな結末を用意するんだろうと思っていたら、綺麗にまとめてしまってここが一番凄いよ。水面を走るシーンが好きだったな。
倦怠期のセレブ夫婦とヤンチャな青年の不思議な距離

ナイフと緊張感

ヨットから見るキレイな海と効果的に流れるジャズも素敵でした♪

ラストの夫婦を見ていると青年の存在が幻想に思えてきました🙃
ヨット上じゃやりようが少なくてマストのてっぺんにカメラつけたら思いの外いいショットが取れたという奇跡の俯瞰図。のちにスピルバーグが『ジョーズ』の中で撮影技法をパクったのは有名な話。共同脚本にイエジー・スコリモフスキの名が…
10年以上ぶりに鑑賞。クシシュトフ・コメダのおしゃれで美しい音楽!ヨット遊びを楽しむまばゆく雄大な映像!特にぼーっとヨットで浮かんでる映像は、夜寝っ転がって観てるとすごく安眠に誘われた・・・。ポランスキーはこういう少ない登場人物の密室ものがやはり突出してる。本作も、壁はないけど密室的で、ナイフみたいに心理描写がとんがってる。ヨット遊びバカンス夫婦、優雅でいいなあ。奥様がめっちゃ綺麗。
なんてことない話なんだが最後のシーンがどっちに転んだのか気になる。

あの奥さん、チロチロと少しずつ炎見せてて急激にバーニンしたな。そして登場人物の中で奥さんが一番賢いと思う。

音楽は洒脱
ト

トの感想・評価

3.7
愛や恋がどうのというよりかは計算され尽くした美しい予定調和
とっても話は面白いのですが、一つだけ残念で致命的なのは、夫婦の前にふらりと現れる『青年』が青年に見えないこと。危なげな青さを持った、魅力的な若者ならよかったのに…若いのか若くないのかよくわからないルックスが何とも残念に思えました。。。
>|