水の中のナイフの作品情報・感想・評価

「水の中のナイフ」に投稿された感想・評価

前々から気になってたんですけど、ジャケットからただようシャレオツな雰囲気に敷居が高そうだなぁ~って なんとなく敬遠してたロマン・ポランスキー監督。
ポーランドの巨匠監督ですけど、実はウディ・アレンを軽く超えるエロ巨匠でもあるんですよね(´ヮ`;)
数々の不穏なエピソード(ん?)がある彼ですけど、まぁそれはさておきポランスキー初挑戦です♪


全然敷居高くないやん!!
めーっちゃ面白かった!!

お金持ち夫婦がたまたまヒッチハイクをしていた青年を連れてヨットでバカンスをするってだけの話。登場人物はこの3人だけだし、場面も ほぼ海の上。

すっげーシンプルなだけあって、3人の心の動きがメインよね(´ー`)

タイトルにも使われてるナイフ。
この小道具の使い方が絶妙すぎ!!
ナイフひとつにいろんな意味合いを持たせてるんだもん。
見終わって思い返しながらすげーニヤニヤしちゃったじゃん♪

あとさ 途中まで同等扱いかと思ってたあの青年すらも結局は小道具扱いちゃうん??

ラストの機関士のくだりなんか最高w
クソ旦那がクソ最高すぎる!!
(お前 言葉が汚いw)
あの車中の夫婦の会話全てが突き刺さったわぁ~。
嫁の表情も最高だったし(´ω`)

これ何回も見たくなる映画!!
すげーポランスキー!!
1発でファンになっちゃった(*´∀`*)

全作品順番に見てこうかなぁ~と思って作品チェックしてたら「おとなのけんか」だけは見てた。
私あれ 全然ハマらんかったんですけど(´ヮ`;)
もしかして当たり外れのある監督さんなのかな???

どうしようかなぁ~
やっぱ全作品 見るのやめようかな
(お前単純過ぎw)
冒頭かっこいい!
前半は、展開よめない中で自分ならこの少年と船にいるの耐えられないな。。とか思ってしまった。笑
後半ナイフのせいでじわじわ気持ち悪い恐さが続く。単純なサスペンスとかホラーじゃないから結構気持ち悪い。でもそれが綺麗に解消されていき結果心地よくなる。あまり他にない謎の現象すぎて恐い!笑
とにかく、角度と構図により映像がかっこいい。
冒頭と最後はタクシードライバーになぜかやや似てた。

実はとりたてて何も起こってないのにここまで魅せられるのは凄い。

大人と子供の境目って何だろう。


(備忘メモ)
→23"30-24"00頃の音楽と状況のかみ合わせが絶妙で面白い!
→24"10-24"40の画と音楽良い。30秒だけど3人それぞれのキャラクターが如実に出てる。
→25"10頃の少年が片目で指見る映像もキャラクターが際立って見える。
→後半夫婦の口論リアル。。
→子供って口笛吹いちゃうのかな?笑 わかるわかる。
dude

dudeの感想・評価

3.7
サスペンスフルなものを予想していたが思ったよりユーモアに富んでいた印象。水上で行われる優れたオスはどっちだ的な小競り合いは男社会への皮肉か。ギリギリ心地良いくらいの退屈さが続くんだがじわじわと面白くなってくる。ラストショット好き。
好き。今の季節に見てよかった。
妻が夫のセーターを借りて着る。最高ですね。
音楽も、映像も、セリフもみんな好き。また見たい。
McQ

McQの感想・評価

4.0
富を得た大人は若者に大人の余裕を見せつけ優越感に浸る。

若者が自慢出来るものはナイフだけ。

2人に冷やかな視線を送る女。

3人の登場人物、船、ナイフという少ない素材で、2種類の男と女の内側をあぶり出す。

大人の男と未熟な若者の対比と見せかけて、そうじゃない。
一本のナイフからの方向転換、、
これはお見事としか言いようがない。

ポランスキーは長編デビュー作にして既に自分のスタイルを確立しているかのよう、、

いちいちハイセンス、そして上品。当時さぞかしモテモテだったのだろうなぁと思う。

注目は共同脚本イエジースコリモフスキ。
人が三人いてカメラがあれば映画はできる、という言葉を聞いたことがあります。ゴダールだった気もしますが、誰でしたっけ。ともかく、そんな映画でした。それは巧みですね。手を広げて指と指のあいだをナイフでトントンする映画という認識です。おそらくこれは合ってると思います。
おけい

おけいの感想・評価

3.9
ロマンポランスキー初監督作品。登場人物は3人だけ。退屈で平穏な夫婦に落とされたナイフ(若い男)の波紋が印象的。
まさ

まさの感想・評価

4.0
初見でしたがこれはすごい好き!

冒頭から雰囲気たっぷりのジャズナンバーが鳴り響く。これは素晴らしい!音楽の映画って本当に好きで、本作はまさにそれですね!映像と音楽の一体感…最近ジャズに目覚めたのでなおさらハマった。笑

登場人物はわずか三人で、ほぼヨットの上というシチュエーションなのですが、驚くほど面白いのはやはりロマン・ポランスキーの才能なのでしょう。音楽の使い方や語り口など最高ですよほんと。ロマン・ポランスキー作品は「反撥」が好きすぎて何回も観てるけど、この作品も同じくらい好きで今後も繰り返し鑑賞することになりそうです。
低予算だろうにセンス抜群。海の上を走るシーンがイイ。でも他のポランスキー傑作群の方が好きかな。
minanana

minananaの感想・評価

3.3
ポーランドのおしゃれ映画
この系統だと夜の終わりにが好きすぎて負けてしまう

夫婦+青年のはずなのに完全に父と息子の話だしエディプスコンプレックスみたいなのでより複雑な関係に、、
ヨットも湖も突然の雨も絵はぜんぶ素敵


音楽がコメダだけど期待しすぎたかな、でもおしゃれ
>|