ファースト・ディセントの作品情報・感想・評価

「ファースト・ディセント」に投稿された感想・評価

たくや

たくやの感想・評価

2.6
以前見たことがあるサーフィンの「ライディング・ジャイアンツ」と似ていて、ポップな感じの雰囲気。
スノーボードに興味がない上に、迫力を求めての視聴だったが、ライディング映像が多く特にスノーボードに興味がないものにとっては、30分も見れば十分だと思う。迫力も感じなかった。最初の10分くらいスノーボードの歴史に触れたくらいで出演者のコメントもそれほど中身があるものでもない。東京ドームでのイベントに興味を持ったくらい。
スノーボードが70年代からあったのが驚きだった。もっと歴史が浅いと思っていた。だからもっと歴史を掘り下げて欲しかった。別に映画じゃなくても良いと思った。
最後のライディングシーンは圧巻。
Ellie

Ellieの感想・評価

3.8
X-trail JamやTOYOTA BIG AIRに毎年行っていた頃が懐かしい。
観に行ってた頃のX-trailの映像が出てきた時はテンション上がりました。

テリエの最後の挑戦は鳥肌モノ。
まるで自分もあそこに立っているかのような感覚に陥るくらい足が竦む感覚。
あの傾斜を滑るなんて...もはや、あれは落ちに行ったって感じ。
神と呼ばれるテリエさすがです。

スノボはエンターテイメント。
人を楽しませるし、盛り上げるし、感動も刺激もくれる。
あの人たちの感覚は到底、わたしには理解できないけど、彼らのエネルギーや精神力、豪快さ、本当に圧倒される。
だから、大好き、彼らのこういう挑戦やパフォーマンスを観るのは。

テリエ、ショーン、トラビス...若っ!!!ってなりました。あれから、もう、そんなに経つんだなぁ。
あの頃のライダーはあつかったなぁ、としみじみ感じました。

最後にチラッと大好きなアンティアウティが出て、きゃっ♡ってなりました。
おもしれぇぇぇぇ!

何を隠そう自分は年間40日ほど滑るスノーボードフリーク!オフトレもするよ!

ゲレンデに向かう道中、車でよくこの映画を流したなぁ笑

登場するのは、そんなフリーク達の神様とも言える存在、テリエ・ハーコンセン!
活躍した当時は誰も真似できない実力からトリック名に自分の名前がつくほど!
そんな神様の密着取材とも言えるドキュメンタリー映画で死ぬほど興奮する!

まだ金メダルを獲得する前の若きショーン・ホワイトも確かな実力を見せている。

そしてそして、俺が一番大好きなトラビス・ライスの登場!
この人、トリックのメイク率が99%という驚異的な数字からターミネーターの異名を持っていたほど!
雪崩に巻き込まれ板をロックして脱出するシーンがヤバすぎる!
普通死んじゃうよね笑

でもまたすぐ次に行こうとする笑
もう異常者ですわ笑
でもフリークにとってそんな異常さがたまらなくかっこいいんです!笑

トラビス・ライスとテリエのツーショットにはもう崇拝の眼差しです笑

最後はやっぱりテリエ!神様すぎる!
ikaboshay

ikaboshayの感想・評価

4.0
ブルース・リーの映画観た後に強くなった気がするみたいに、自分も滑れるんじゃないかって気がしてくる
mori

moriの感想・評価

4.2
滑りたくなってきた!

やっぱりテリエはすごい。
7601の滑りはかっこよすぎ!
’90s前半からスノーボード始めた方は共感できるところ多いと思う。ウィスキー久しぶりに見たい、笑。
たぶん、ほとんどの場合はStandard FilmsやABSINTHE FILMSのビデオを観た方が面白い。スノーボードの歴史などに興味がある人は観てもいいと思う。