クレイジー・フォー・マウンテンの作品情報・感想・評価

クレイジー・フォー・マウンテン2017年製作の映画)

Mountain

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:74分

あらすじ

5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリー

「クレイジー・フォー・マウンテン」に投稿された感想・評価

kawaiikuma

kawaiikumaの感想・評価

3.5
大自然を苦労なく、映画館で味わえて、お得な感じ。
命がけで 臨んだ者しか見られない景色を 素敵な音楽を聴きながら、覗くことができる。
ドローンってすごい。
危険から遠ざかった現代人が わざわざ 危険をもとめて 登山する、冒険が 最高の贅沢。
生活の為にそれに付き合う現地の人の問題にも 少し触れていて 考える部分もありました。
KINO

KINOの感想・評価

3.3
スタイリッシュな映像を荘厳な音楽とともに見せてくれる。自分では見に行けない映像ばかり。圧倒された。
ぶんず

ぶんずの感想・評価

3.7
雄大な山岳地帯とオーケストラの重厚な音楽。
序盤はその壮大な風景とBGMをただ堪能していたけれど、中盤からはクレイジーな山オタク達のスリリングなパフォーマンスに手に汗握る大興奮!!かなり面白い映像体験でした。
私にはきっと行くことも出来ない、目にする事も出来ないであろう世界の景色をこんな風に体験出来るのって凄く胸が高まりますね。
圧倒的な映像美と荘厳な音楽。見る価値は絶対にあります。しかし、登山からエクストリームスポーツまで、山という題材で広く扱い過ぎている感も。ナレーションも、説明などはせずポエトリーに徹しているので、集中力の持続は観客次第と行った感じでした。
http://naozari.com/mountain/
toomilog

toomilogの感想・評価

3.1
面白かったです。あまりドキュメンタリーを見ないので新鮮でした。
2時間ちかくも「山」の姿を見続けたことはいままでないかも。
たった数時間だけど、美しくて雄大で冷酷な山に魅了されてしまいました。
たまにはこういう映画もいいな。

【感想ブログ】 https://go.shr.lc/2zxcv15
映画試写会「クレイジー・フォー・マウンテン」。
原題とおり山が主役。
とてつもなく壮大な風景の中で、人間はちっぽけな存在。
ウィレム・デフォーのナレーションと、ヴィヴァルディ・ベートヴェンなどクラシック曲で格調高く絶景が広がる。
山好き必見!
未知なる感動を求めて、そこに映画があるから観る映画ファンにもオススメ...
【人類は山から何を学ぶのか】

まず知っていただきたいのは、予告編から想像できるような、エクストリームスポーツ万歳映画ではないということ。

「300年前、人間は山に近づかなかった」
ウィレム・デフォーの深い声が、人と山の関わりの歴史を伝えてくれます。
そして、輪郭の強調された堂々たる山々と管弦楽の調べが、私たちの浅はかな思考を壊していきます。

そう、これは観る哲学。私たちは山を支配することなどできるはずもなく、ちっぽけな自分を再認識し、途方に暮れます。

自然の脅威を感じ、敬意を抱かざるを得なくなる73分。
あなたは何を見いだすのか?
映画『クレイジー・フォー・マウンテン』を試写会で鑑賞。上映前に、三浦雄一郎さん(プロスキーヤー/冒険家 85才)、大場美和さん(プロクライマー 20才)のトークショー。その後、お二方と同じ空間で作品を鑑賞するという非日常。

荘厳なクラッシック音楽に大自然の山並みをなめる美しい映像。その山肌に「ん?人?」絶壁にぶらさがる一人の人。「どこからそこに来て、そこからどこに行くの?」そんな連続。真夏に涼めました。

大音響の大スクリーンで観られてよかった。セリフはほぼ無し。ストーリーも
無し。出演、山。ウィレム・デフォーの重厚なナレーションで、山について、山を楽しみ挑む人々について語られるメッセージの数々。考えさせられます。
とえ

とえの感想・評価

4.0
気づけば、スクリーンに映し出される山々の壮大さと、映像の美しさにすっかり夢中になっていた

この映画で描かれるのは、
なぜ、山は人を夢中にさせるのか
そして、なぜ、人は山に登るのか
である

山といっても、その辺にある山ではなく、エベレストのような最高峰の山々

かつて山々は神々のものであり、
そこに登ろうと思う人はいなかった

しかし「未開の地」を求める人々が入り込むようになると、山はたちまち冒険を求める人たちのものとなる

そんな登山の歴史を紹介しながら、最近では、スキーで降りたり、自転車で登ったり、パラグライダーで降下する危険なエクストリームスポーツへと変わりつつある姿を映し出す

もちろん、時にはそれが命を落とすリスクを背負う側面があることや
自然の猛威に人間は太刀打ちできないことも描いている

きっと、誰の心の中にも「前人未到」という言葉にそそられたり、そこでしか見られない景色を見たいという欲求はあって

しかし「命をかけて」までそこに行くかと言われたら、世界でも、わずかの人たちしか挑戦しないのだろう

そんな、明らかに無謀な挑戦をしている人たちを見ていると、正直「頭おかしいな」と思ってしまうのだけど
そんな風に、「頭がおかしいんじゃないか」と思われるぐらいの行動をして、そこで見えた景色というのは、何物にも変えがたいものがあるんだろうと思う

だからこそ、まるで中毒にでもなったかのように何度も挑戦するのだろう

私は、涼しい映画館の中で、こうして映像をみているだけで充分だと思ったけれど、
彼らの「他の人が経験したことがないことを経験をしたい」という気持ちは理解できる気がした

それにしても、山はあまりにも偉大すぎて、そこに挑む人間はあまりにも小さ過ぎるし
どう考えても、人間が山を制覇することなどできるはずもない

それでも、毎年多くの人たちが命をかけて訪れるようすを見ると、
自然が人間を誘惑しているように感じ、とはいえ、その誘惑に乗った人間が、そこで命を落としても自然は助けてくれない
そこに自然の恐ろしさを感じた

それこそが、神の領域に人間が足を踏み入れたことへの罰なのかもしれない
高所恐怖症の人は、見てはいけません。
絶壁のシーン、空撮、スキーヤーの目線!!
もう迫力満点の高所から下見るシーンだらけ!!
これが、オーストラリアのオーケストラの音楽がマッチして最高です。
山の頂上から、絶壁で横に飛ぶ人々
絶景万歳です。
>|