クレイジー・フォー・マウンテンの作品情報・感想・評価

クレイジー・フォー・マウンテン2017年製作の映画)

Mountain

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:74分

3.4

あらすじ

5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリー

「クレイジー・フォー・マウンテン」に投稿された感想・評価

自分では体験出来ない視点の映像に圧倒。中途半端にナレーションがあったけど音楽と映像だけで良かったかと▲
marchco

marchcoの感想・評価

4.0
とにかく山好きにはたまらない。

インテリア的な感覚でずっと部屋で流し続けておきたいくらいの、オシャレさがある。

「嘘でしょ」って何度も心の中で呟いて、ヒヤヒヤしながら、最後はやっぱり美しい山に圧倒される。

私は冒険家でも登山家でもないけど、山に魅了される気持ちは共感できる。
特定の山や人物ではなく、山と人間の関わりの変遷に焦点を当てたドキュメンタリー。

世界中から集められた驚異の映像がヴィヴァルディの四季を始めとする珠玉の音楽と共に映し出される。フォールアウトと同様に生身の映像は小細工なしにそれ単体で心に訴えてくるものがあるということを感じた。因みにナレーションはウィレムデフォー!聞き惚れますわ。

文明の進化に伴い、信仰の対象として誰も足を踏み入れることのなかった山は人間にとって手の届かない場所では無くなった。リスクは管理され、登山はビジネスになった。しかし人の管理の及ばない大自然においてリスクそのものに価値を見出す人々も現れた。彼らにとって山は舞台であり、誰も成し遂げたことのない偉業のために自らの命を危険にさらす。
つまり山と人々の関わりが多様化したのだ。山は劇中映されるシャーマンのような人物にとっては信仰、ゲレンデでのスキーやハイキングを楽しむ人々にとっては娯楽、偉業のために命を張る人々にとっては人生という具合にその人によっての山の存在意義は多岐に渡る。
そんな現代においても共通して忘れてはならないことは山に対して人間なんて取るに足らないちっぽけな存在だということ。人間とは比較にならないほど長い時間を地球と共にし、全く異なる時間の中で生きてきた山に対する畏敬の念を忘れるなら山は容赦なく人の命を奪う。だがその気持ちを持って大自然の中に入ればこんなに生を感じることはない。

自分も部活で山登りをするけどそのことは忘れずにいきたい。

ネトフリにあるので加入者は是非!本作の映像美には4kのプレミアムプランの本気を見ました。
福助

福助の感想・評価

-
私、冬になるとスノーボードのために山へ登る事もありまして、来シーズンへのモチベーション上げるためにもぜひ劇場で見ておきたいと楽しみにしていたので期間限定上映のタイミングに観賞。
壮大な山々の風景やそこに登る事に魅せられ冷静と狂気を携えた人々の‥‥みたいなドキュメントではなく、あくまでもクラシック音楽を楽しみながら山々の風景を観る映画でした‥‥。

そもそも原題は「マウンテン」
クレイジーな人達も出てきますけど、一番クレイジーなのは邦題つけたお前らや!
そもそもNetflixで配信してるやん!早く言えや!
それでもウィレムデフォーさんの嗄れた優しいナレーションと美しさと荘厳さに溢れた映像はですね、


寝れます。

恥ずかしながら前半はかなりこっくりこっくりとしてしまいました。
無音で山々の映像がひたすら流れてるパートとか割と多いんですよ!そんなトラップ無理やん‥。

そんな私が評価する資格なんてありませんが確実に言えるのは、同じくエクストリームスポーツを扱っている「Xミッション」よりはこちら観た方がテンション上がります!
あれはホントに酷かった。キアヌとパトリックスウェイジに謝って欲しい。

エベレストは冒険ではなく今や観光だとか、金で危険を買う時代だとか、色々説教されますが、デフォーさんから言われると、なんかすみません。って気分になります。

映像の美しさはホントに素晴らしいのでNetflixを4k契約している方はぜひご覧になってみてください。
あおい

あおいの感想・評価

2.7
この世界がある限り、山は人を魅了し続ける…

まだ劇場でやってるとこもあるけど、Netflixで観れちゃいました( ^ω^ )これは、観に行かんで良かった。ドキュメンタリーものは絶対観に行かんと誓おう( ^ω^ )

もっとバハラハラする登山とかを期待してたからか、ほぼほぼ山の神秘性を説かれるだけという。BGMとウィレム・デフォーの声は良いんやけど、この映画自体がBGMと化している。

たしかにクレイジーな輩は出てくるけど、これみるくらいならパルクール動画とか観てる方がハラハラするかも。アクロバットスキーと、ムササビ、あとは山でのサイクリングは凄かった( ^ω^ )

Netflix#43
まるで息をしているような山の様子にゃ興味を覚え、挑戦に失敗する人の様子にゃその衝撃や痛みを想像出来はしましたけれども。

ただ山がそこにある様子と、それに挑む人間の姿が描かれるも、しかし連続性を持たせるような編集がされてはいない為にただその絵面を眺めるだけになってしまいましたよね。
昔から今までの、山と人との間柄を壮大な映像とウィレム・デフォーのナレーションと共に見せていくドキュメンタリー作品。

今までのドキュメンタリーの反省を元に、コーヒー片手に鑑賞。ありがとうカフェイン、おかげでぐっすりだよ😊
とは言いつつも眠っちゃったのは最後の方だけなので、それまでのことを書ければいいかなと思います。

タイトルを流してたかどうかすら忘れるほど長々としたオープニングから始まる。
スクリーンに映し出されるのは、自然の産物「山」とそれに挑む「人々」。

時代が移り変わると共に、人が山に抱く気持ちも変わっていく。しかし、人が山に対して特別なものを感じるのはいつの時代も全く変わらない。

「確かにそこにある」ということにもしかしたら惹かれるのかもしれないね。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
BGM、ずっと流れてたけど、自然の無音な感じも聞きたかったなー。
クレイジーっていうだけあって、本当にドキドキが止まらなかったー!
人間は鳥じゃないよー。
崖から飛んじゃダメだよー。
山はすごいねー、人間なんて絶対かなわないでしょ!
satomi

satomiの感想・評価

3.0
人が主役かと思ってたら山が主役だった🏔
オケのBGMじゃなくて環境音が良かったなと思ったけど、それじゃめっちゃ地味になるかな。
ヘリコプターから飛び降りて滑降したりとか、山でスリルを楽しんでる人たちにびっくりした!
私は景色を見たくて登るし、怖いのは嫌だから、全然楽しみ方が違うな〜と思った。
スケールとレベルが違いすぎて、これを見て山に行こう!とは思わないけど面白かった!
はる

はるの感想・評価

-
フリーあり、エイドあり、アイスありとクライミング成分多めで、撮影技術の多様化もあって楽しいし臨場感もある。

ライト層でなければ新味は無いはずだけど、スクリーンサイズで観ることに意味があるのかなと思える。

古い記録映像もあり、そこも興味深かった。

個人的には同じ映画館で直近で観たのが「ウインド・リバー」だったので、また雪山かと思ってそれも楽しかった。
>|