MERU/メルーの作品情報・感想・評価・動画配信

「MERU/メルー」に投稿された感想・評価

ぶん

ぶんの感想・評価

-
頂上があんなに尖ってるなんて驚きでした😱 山頂で弁当っていう定番が出来ない😅
吊るす壁テントで吹雪越えゾワゾワ〜
足がすくむゾワゾワ感をずっと感じながら観てたけど、これを映してるカメラマンを思い出してまたゾワゾワ〜

「娘さんよく聞〜けよ♪ 山男にゃほ〜れ〜るなよ〜♪」って凄く古い歌出しちゃったけど、ホントそれ!
惚れても山に取られちゃうからね
この作品の登山者たちの奥さんは出来た人達です。だから男たちは安心して?登れるんだと思いました。
水

水の感想・評価

3.5
登山家は自分のために命を懸ける職業だから、そりゃ葛藤もするよな。家族がいたらなおさら。
とはいえ「クズ」と表現するには、この人たちの生き方は真っ直ぐすぎる。

登山家のドキュメンタリーは何本か見てるけど、よくわからない。不思議な生き物。
ibike

ibikeの感想・評価

3.9
かっこいい。

それぞれの生き様。覚悟。

僕も鼻水垂らして年齢だけ
重ねてる場合じゃないよな、、、
死の瀬戸際を楽しんでる人を見るのは面白い

それにしても家族や彼女が気の毒

雪崩で生き残ったのは奇跡
TakashiM

TakashiMの感想・評価

3.7
メルーとは、、
ヒマラヤ山脈にある、登頂最難関と言われる山の名前。
頂上付近は巨大な岩壁となっており「シャークスフィン(さめのヒレ)」と呼ばれている。
今まで成功した登山家はゼロ。

本作は、この山への登頂に挑む、三人の登山家のドキュメンタリー。

このうちの一人であるジミーさんが写真家・映像作家であり、この映画の監督。
本作の映像は、全てこのジミーさんが撮ったもの。
究極の登山の、最初から最後までを映像化して臨場感スゴ。

美しいヒマラヤの景色はもちろんだが、それ以上に音が印象的だった。
三人の息遣い、つぶやくような会話。
テントの中から聞く吹雪の音、雪崩の音。
岩壁をピッケルで砕く音。


「そこに山があるからだ」
とは昔から言われるが、ほんとに未だに理解できない。
自分も山岳部やってたけど、命がけで山に挑むというのとは、全然意味が違うし。

しかもこの3人、山岳事故で友人を失ったり、自分も大怪我をしたりしつつも、一度失敗したメルーに再度チャレンジする。

前人未到、世界初への憧れなのか。
一歩一歩が死かもしれない究極の選択の結果、辿り着いたときの達成感に包まれたいのか。

恐らく、常人がいくら考えても理解できない世界にいるのだろうね。
だから、本作の三人に無理に共感する必要はない。

ただ、誰もが不可能だと言うことへ挑戦する姿、自分の限界に挑戦する姿は、やっぱり美しい!
エンディングの
The Light That Never Fails / Andra Day
は最高。
YO

YOの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジェットボイル僕も持ってるー!キャッキャ!あんだけメルー登頂を目標に山の写真までトレーニング器具に貼り付けてがんばってリハビリしてもいざ登って極限状態になると「何でこんなとこいるんだろう」ってやっぱなるよね〜!でも登頂できたらそんなつらさも忘れるよね〜!前人未踏にロマンを感じる良いドキュメンタリーだった!
daisuke

daisukeの感想・評価

3.0
ヒマラヤ山脈・メルー峰の最難関ルート"シャークスフィン"を初登頂した、3名の登山家に焦点を当てたドキュメンタリー映画。

幾人もの登山家を退けてきたシャークスフィン。メルー峰ではシェルパの同行は不可能。岩壁を登るのでギアの種類も多く、荷物は100kg近くになる。半世紀も前にエベレストが初登頂したことからも、今回の挑戦がいかに過酷なものか分かる。

私含め登山と無縁な人にとっては、そこまで命をかける価値があるのかと思ってしまいます。不思議な魅力があるんでしょうね😎
櫻子

櫻子の感想・評価

4.6
ヒマラヤ最難関の複雑なダイレクトルートの初登頂に成功した三人のクライマーのドキュメント。監督は初登頂に成功した三人のうちのひとり。傑作!

シェルパ不在で難攻不落な過酷なルートなため、確実100kg弱の操具や備品を背負っていくことになるが、失敗や命に関わる大怪我、クライマーとして過酷なアタックを続けた故の離別、それでも挑戦を諦めきれない彼らを取り巻く関係者たちの葛藤、いろんなことを請け負いながらもなお、大自然と殴り合っていく彼ら。
わたしはスプラッタやハードコアな内容の映画がそれなりに好きで、痛いシーンならいくらでも見れるけど、それでと膝が震えてしまいそうなシーンがあった。大自然の畏怖は、あまりにも壮大で人の悪意や演出では到達できないラインだと思う。

大自然の景色の絶景の美しさはもちろんだけど、文字通り命を賭した登頂をこうやって記録してくれたことに、なんの関わりもなくソファで座っているだけの自分が見せてもらえること自体、ただただ頭が下がる思いになってしまう。
ym

ymの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

某TRPGで雪山登山に興味を持ったので。
ドキュメンタリーわりかし好きだから好みだった。
夜寝る前、定期的に観たくなる⛰
>|

あなたにおすすめの記事