ブロック・パーティーの作品情報・感想・評価

「ブロック・パーティー」に投稿された感想・評価

Guy

Guyの感想・評価

-
This Film is dedicated to the life and memory of music producer J Dilla, aka Jay D
はい。もうやばい。
インタビューでクエストラヴがソウルクエリアンズが集まるのはこれで最後になるってわかってたって言ってたのでもう見ないわけにはいかないよね。
まぁ勿論DillaもD’Angeloも出てないんだけど。
ゴンドリーが撮ってるって知らなかったな。キャストから分かる通りこの面々が集う相当やばいフリーライブの記録動画。
ライブはもちろんだけどブラス隊をバックにしたデイブチャペルのイントロのメガホンでのクレジットも鳥肌立つ。
まぁでも好きじゃない人にはなんのこっちゃなドキュメンタリーだな。
点数はフィルターかかり過ぎてるので無しで。
Kanyeの曲にブラス隊が参加してるの鳥肌。
Lauryn出てきて泣いた。
タニー

タニーの感想・評価

5.0
2004年だから、かなり懐かしいけど良かった〜。
ヒップホップ聞かなくても、ソウルやレゲエとかブラックミュージックが好きな人なら良いと思う。

黒人差別にあってきたからか、全てが力強くて。
〝何でも白人のせいにするな。自分で勝ち取れ。その為に勉強しろ。″って学生達に伝えてる場面に感動。
当たり前の事なんだけど、黒人vs白人ってなると当たり前じゃなくて、凄く深く感じた。

所々、汚い言葉使いが出てくるけど、それはもう愛嬌ってことで!
mephitic

mephiticの感想・評価

4.0
みんな楽しそう、
気持ちよくないわけがない
ゆらゆらしたいね
自分を驚かすぞ、電球をかえる白人、NYにきまら屋上に、もし俺が大統領になったら
kie

kieの感想・評価

4.3
素晴らしかった!

デーブシャペル(コメディアン)がブルックリンでヒップホップのライブをするまでの、そしてライブ中をドキュメンタリーに。編集がうまいのか、なんなのか、ヒップホップってこんなにいいんだっけ?と思わされる。そして、ローリンヒルのくだりが最高~!ローリンヒルもそのライブに出ることになったのですが、レコード会社からNGがでたんです。でもどうしても出演したいローリンヒルは、今は活動休止しているフージーズとして出たんです。そこで、Killin' me softlyなんか歌っちゃったりして~。響いたね~。なんか、こんな表現方法も案外いいかも~って思った。
sugihara

sugiharaの感想・評価

5.0
The Fugeesが再結成と聞いて封切りの回に見に行った思い出
きょこ

きょこの感想・評価

3.5
ワイクリフジョンかっけー!エリカバドゥもいい感じに歳重ねてる。何年たっても聴ける。
みそ

みその感想・評価

3.7
歌詞は後ろ向きなこと言ってたりするときもあるけど、最終的に強気で終わるとか、
テンポが明るかったり
黒人さんの音楽は力強いなぁ。。訴えるみたいな歌詞がいい。


個性を大事にしている。
人と自分を比べるものじゃないと思っているのが素敵である
生まれ変わるなら明るい歌って踊るアメリカ人になりたい…
MCがめちゃ面白かった。
黒人歌手は、黒人さんの宝なんだろうな。

歌と黒人さんのつながりはすごい。食べることに近そうなくらい生活に根付いてる感じがする。
そして歌うまい。。超かっこよかった。
ラップはあんまりわからないなぁと最初は思ってたけど、だんだん見てるうちにこれは憧れるかも、と思った。
ラップだけじゃなくて色々なジャンルのライブだった、かっこいいわ。
これで英語の歌詞の意味が理解できたらなぁ。。英語まじでなんとかしたい……

韻を踏んでリズムに乗せるなんてユーモアないと出来ないセンスだな。
お笑い芸人と音楽家の話でてたけど、本当共通することある。

てかこれミシェルゴンドリーが撮ったやつだったんだ!


悪いこともしたがそれが人間だ
過ちをおかすのは人間でそれを許すのが神だ
なんでも白人のせいにするな
自分で勝ち取れ

セレブとよばれる人たちだって自分と同じ
お互い好きなことをする姿がいい
oyako

oyakoの感想・評価

-
ミシェルゴンドリー要素はないでした

ブラックミュージックすきにはとても面白い映画です〜


ローリンヒルが動いているのに感動した!フージーズ結成してたの知らなかったな、

会場のみんなローヒルさん登場を心待ちにしていて、mcでコロンビアミュージックの関係で楽曲歌えないっていってからフージーズ再結成で登場
有名なKillingMeはほんと泣きました

結局最後までカニエウエストがどれなんかわからなかったな…
>|