Valley Uprising(原題)の作品情報・感想・評価

「Valley Uprising(原題)」に投稿された感想・評価

Eric

Ericの感想・評価

4.3
社会に適応せず、岩登りして競い合うクレイジーなヒッピーたち。特に、命綱無しで岩登りするフリーソロの衝撃ったらない。
クライミング界に彗星のように現れ、フリーソロ中に墜死したジョン・バーカー氏。悲しいけど、ある意味幸せだったのかもと考えてしまう。
1065

1065の感想・評価

4.0
フリーソロはムリ。見てるこっちがヒヤヒヤ

リュックサック革命
ストーニーポイント
ヨセミテ完登者ジョンサラテ
ヨセミテでのビートニクな生活
ロイヤルロビンスとウォレンハーディングの競争
エルキャピタンでの登り合い
ドーンウォールのボルト抜き
ブリッドウェルの最速完登
ストーンマスターズ
エイドクライムからフリークライムへ
コロンビアから墜落した飛行機の積み荷を見に行く
ジョンバッカーのフリーソロ
ストーンモンキーズ
ハイライニングやベースジャンプ
KT

KTの感想・評価

4.8
みんな何てカッコいいのだろう。
早くFree Solo公開してくれないかな...
Skipper

Skipperの感想・評価

3.8
クライミングの歴史がよくわかるよくわかる!昔は映像が残ってない分、写真を使っての演出に工夫があって面白かった。命綱無しのフリーソロは理解できない、怖過ぎる、見てられない。フリーベース(万が一にはパラシュート)の登場にホッとした。こういう映画を見た後登場人物の今を調べると亡くなっていたりして…危険を背負ってのチャレンジだと思い知ります。
クライマーの聖地ヨセミテの歴史。私は登りたいとは思わないけど行ってみたいなあ。
ヨセミテの谷に集いし人達の歴史と挑戦の物語。フリーソロやばすぎ!
oyakata

oyakataの感想・評価

5.0
クライミングのドキュメンタリー、クライマーがすごいのももちろんだけど、演出もカッコいい。
ヨセミテ、すごい世界だ。 

このシリーズもっとネトフリにあがらないかなぁ。
yoccola

yoccolaの感想・評価

4.0
クライマーの聖地ヨセミテの歴史を振り返るドキュメンタリー。
ビートニクやヒッピー達が登り始めたってのはかなり意外だった。ウォールの下でキャンプしながら、酒、セックス、マリファナとセットでクライミングしてた時代があったとか…
色々なレジェンドクライマーが登場するが、1番クールなのはフリーソロの先駆者ジョンバーカー。
クライマーは総じてクレイジーだと思うがヨセミテの岩壁にシューズとチョークバッグだけで登るのは常軌を逸してる様にしか見えないし、クライマーを体現してるとも言える。調べたら彼はフリーソロ中の滑落で亡くなったらしいが、R.I.Pはクライマーには相応しくない追悼だな
mar88

mar88の感想・評価

3.9
地に足着いた人の映画を観ると、真逆の映画が見たくなったりする。

風来坊みたいな映画。

このドキュメンタリー映画の舞台、ヨセミテ国立公園は私がいつか絶対に行こうと思っているところ。

ロッククライミングじゃなくて、世界一の大きい樹「ジャイアントセイコイア」が見たいから。
数年前、四国で見た「夫婦杉」の迫力に驚き「巨樹」が大好きに。
やっぱり北海道の樹は大きいといっても「夫婦杉」とはスケールが違う。

そうそう、この映画は樹に焦点を当てているわけじゃないのですが、映りこむ樹の迫力は十分に伝わる。
「アメリカワイルド」を劇場で見なかったことをとても公開している。

小さな山を登ったことはあるくらいで、全く知識はないけど歩くのは好きなので観ていて楽しかった。
とても正気の沙汰とは思えないところを登ったり、飛び降りたりして、ヨセミテ内を何日もかけて縦横無尽に楽しんでいるのを観ていたらとても真似は出来ないけれど、うらやましく思う。

「自分探し」とかそんなんじゃなくて、「そこに山があるから登るだけ」という感じが潔くて好き。

クライマーが読んでいる本がジャック・ケルアックの「路上」だった。
読んでいる本も一切のブレを感じない風来坊っぷり(笑)

Netflixに加入している方は、ぜひ。
KUNKUN

KUNKUNの感想・評価

3.5
私は沢を登りますが、ものすごくダサい格好で登っています。
アメリカ人がヨセミテの美しい景色の中、オシャレな格好でクライミングを楽しむ姿に憧れました。
>|