ヴァンパイア/黒の十字架の作品情報・感想・評価・動画配信

「ヴァンパイア/黒の十字架」に投稿された感想・評価

地獄

地獄の感想・評価

4.2
ラスボスの殺しかた景気が良かったでやんす
逆さ吊りにして首ふっ飛ばすの素敵すぎ
miyuki

miyukiの感想・評価

-
舞台はメキシコ🇲🇽ヴァンパイア🧛‍♀️退治のデレク。ヴァンヘルシング会のメンバーが次々と殺されていった。旅の途中ゾーイという女の子と出会う。しかしゾーイには体温がなくヴァンパイアだったのだ。薬を💊飲んで抑制していると言う。教会に⛪️戻ったデレクたちはアダム神父たちが殺されているのを発見。かろうじて生き延びた元ハンターのロドリゴ神父から親玉の正体を知り黒の十字架が盗まれているのを知る。黒の十字架には言い伝えがありヴァンパイアでも太陽の☀️下を歩けるというものだった。16歳のサンチョと再び出会い弟子にしてほしいと。途中で合流したハンターのレイ、この5人で親玉退治へ。
たまらないB級感!
冷静に考えたら雑になれば雑になる程いいなんてすごいな。笑
もちろんカッコつけてるボンジョビがめちゃくちゃ面白い!
メキシコと言えば死者の日!
ボンジョビのTシャツがいちいち面白い!笑
絶対どうなっとんねん!笑
ベロベロで友達と観たい名作!!
てるる

てるるの感想・評価

2.8
ジョン・カーペンター御大「ヴァンパイア 最期の聖戦」の続編!

しかし御大は製作総指揮に回り、監督は「IT(テレビ映画版)」や「ハロウィン3」を手がけたトミー・リー・ウォーレス。

監督交代したとはいえ、そのB級感は凄まじく、ストーリーや設定は前作より雑に!

とにかくツッコミどころ多し!
ハンターなのにすぐ誘惑される黒人、ヴァンパイアを昼でも活動出来るようにする謎の薬、拒絶反応とか関係ない輸血!

てかヴァンパイアも下手にハンターと関わらずに、薬処方してくれる病院行けば良かったんじゃ?

前作のジェームズ・ウッズは出てこないので続編といってもストーリーは独立してます。

代わりに主人公役やってるのはまさかのジョン・ボン・ジョヴィ。

今までもチョイ役脇役では映画出てたけども。
こんな映画(失礼)で主演て歌手活動はどーした?!
ファンはそれでいいのか?!
それがお前のイッツ・マイ・ライフなのか?!

今回久しぶりに観直して、あの若者サンチョ役が若かりしディエゴ・ルナ!
なんか面影あるよ!
でも若すぎてエンドロールまで気付かなかったよ!

ここまでコケにしといて何だけど、カーペンター御大のB級感を忠実に引き継いでくれたという意味では面白い。
御大は彼を後継者にしたのかもしれない。
これ以降映画撮ってないみたいだけど。
ジョン・ボン・ジョヴィがヴァンパイアハンターってだけでもう面白い アマプラにあったのになんでこんなにmark数少ないの 完全に埋もれてる…

わりかしグダグダだけどツッコミどころが多くてそれはそれで好き(吸血鬼が感染症として対策されて割と医療でなんとかなってるところとか、それにしてはヴァンパイアハンターとか神父の立ち位置が妙に古典的な感じがするところとか…)
Hiroking

Hirokingの感想・評価

2.5
〖ホラー映画:ヴァンパイア〗
続編らしいです。しかし、監督から出演者まで、全て繋がってないみたいです。
ジャケットを見て、あれ❓️と思ったら、やっぱり、ジョンのボン・ジョヴィが出てます。地味に出てます❗
ただそれだけの作品でした😱💧

2021年1,444本目
John Carpenter presents!!と書いてあり、ヴァンパイアモノとなれば、A級でもB級でもない、ジョン・カーペンターらしい映画なのかな、と思って観てみれば、監督・脚本は別の人…。

ヴァンパイアハンターのデレク(ジョン・ボン・ジョビ)は北メキシコでヴァンパイアによる虐殺事件があったことを知り、解決に向かう。道中、ヴァンパイア状態を薬で抑えているゾーイ、偶然知り合ったサンチョ(ディエゴ・ルナ)などとボスヴァンパイアであるウナと戦うわけだが、大筋は追えるものの、尺を抑えるためにカットされたのか、細かい部分がわからない。

キャラクターの掘り起こしもいい加減で、オーバーに言えば、多重人格かと勘違いするほどキャラクターがブレ、そのせいでキャラクター同士の関係性もブレる。

笑ってしまえば、笑えるが、まぁ中々の駄作。
すず

すずの感想・評価

3.0
匿名人物の依頼を受けて、北メキシコへ招集されたヴァンパイア•ハンターのデレク(ジョン•ボン•ジョヴィ)。しかし、リストアップされていた他の腕利きハンターたちが次々と殺られていく。吸血鬼集団が狙う〝黒の十字架〟、そして彼らが目論む〝儀式〟とは…。デレクは新たに出会う仲間たちと共に、吸血鬼集団を追っていく…。

〝エグゼクティブ•プロデューサー〟がジョン•カーペンターとのこと。久々に見放題配信終了作品をスクロールしていたら目についた。あれ、ジャケットのこの顔はボン•ジョヴィ?と思って再生してみたら本当にジョン•ボン•ジョヴィだった笑。しかも、その物珍しさとは裏腹、演技も違和感なくて普通に観れたし、やはり大御所ロックバンドのボーカルの余裕とオーラがあってカッコよかった笑。案外と映画出演してるんだな、ボン•ジョヴィは。

日の下でヴァンパイアが火花を散らして激しく燃える演出が、他と比較するところの本作のカラーかなと思う。特別にボン•ジョヴィだからと気遣われる演出もなく、アクション俳優として正統に芝居を全うしていたボン•ジョヴィと、93分と程よい尺で、普通に苦痛なくまったりと鑑賞できた。覚悟して挑んだ分、個人的にはそこまで悪くなかった。冒険ロマンのクールな余韻も好きだったし。
もうすぐ観られなくなるから見えてる地雷を踏んだけど、演出演技脚本全てが駄目すぎる。
ボンジョヴィさんのファン以外観ないほうが身のためです。ヒロイン黒人敵の吸血鬼もヤバい大根。
Mouki

Moukiの感想・評価

-
記録

久々に『ヴァンパイア』観たら続編があるのを知り、しかもボン・ジョヴィが主演とのことで気になって鑑賞したが、ガッカリ。
1作目の劣化版焼き直しみたいな感じ。
唯一の発見は、子役時代のディエゴ・ルナがいたことくらいかな。
>|

あなたにおすすめの記事