ブレイド3の作品情報・感想・評価

ブレイド32004年製作の映画)

BLADE: TRINITY

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.2

「ブレイド3」に投稿された感想・評価

Kyuu

Kyuuの感想・評価

2.0
若き日のライアン・レイノルズが見れます(グリーン・ランタンよりずっと前!)
2までは良かったのになぁブレイド…
えいT

えいTの感想・評価

3.2
デッドプールの人はこういう役が合うね。ブレイドも良いヤツだし、角刈りも良き。けど初期の尖ったブレイドも良いな。
ついに登場したヴァンパイアの始祖"ドラキュラ"との対決

流石に3作目となると作品が安定しますね
今作では新たにナイトストーカーズの個性的な仲間達も加わって、よりお祭り感のあるヒーロームービーに仕上がっています
もはやお約束とも言える、血清切れのピンチで吸血(給血?)して大復活!!のパターンもいままでとは違う形で出てきたのでおもしろかった

完結編としても綺麗に終わっていたし満足
1作目は確かにちょっとチープでしたがシリーズ通して見ると他のマーベルにも負けない非常におもしろい作品ですね


ciatrより転記
鑑賞日:2017/05/15
優男

優男の感想・評価

3.6
シリーズ物は同じ流れなので、急に爆発的に面白くなる事は中々無いのかなと💨
シリーズ物はいかに安定しているか、そこに尽きると勝手に思っています❗❗

それを考えるとブレイドはとても良作だと思います❗❗

個人的にはドラマの科捜研の女ぐらい安定していると思います(笑)
シリーズ最終作!なんですがなんか元気ないぞっ!

ラストを締めくくるにあたりラスボスのドラキュラの始祖ドレイクを導入!なのは良いのですが全体的におとなしい印象。

難しく考えずに兄貴に暴れさせればOKな映画なんですがね(´-`)

ライアン・レイノルズとジェシカ・ビールは良かったし新しい武器も面白いし、物足りなさはあるもせっかくなので2まで観たら3も是非(^^)

シリーズ通してですがたまに見せる兄貴のお茶目な顔が素敵なのです!
プリズンブレイクのリンカーン・バローズがいた!笑笑

そして、ブレイドが心Tシャツで有名なネテロ会長になってました。

CGが技術の進歩により大幅パワーアップ!

ウィスラー娘めっちゃ強ぇ、、、
ラストバトルが今までで一番あっさりでしたね。

ジャパニーズリスペクト満載なブレイドシリーズ面白かったでーす♪
めちゃくちゃ残念な出来な3作目
無駄にコメディ寄りにしたり音楽かけて敵に向かうところとか仲間死んでるのにやる事じゃないしブレイドは人間と吸血鬼の区別つかないし滅茶苦茶
ドラキュラもう少し強くてよかった
ウェスリーはせっかく生き返らせたのにまた殺すのか
レイノルズカッコよかった。ジェシカビールやったんか怖いおもたわ
★ 全てはブレイドから始まり
  ブレイドで終わる

『ブレイド』三部作完結編!
…っていつから三部作の構想があったのでしょうか。正直なところ、この内容ならば四部作、五部作…と続けることは可能。“完結編”という言葉に意味を見出すことが出来ませんでした。

確かに敵はこれまでよりも強大。古代より眠っていたヴァンパイアの《始祖》が相手ですからね。八面六臂の活躍を繰り広げてきた《ブレイド》が苦戦するのも当然…のはずなのですけれども…。

主人公と対峙してもすぐに逃げ出すし。
特別な必殺技や攻撃手段があるわけでもなく。
ヴァンパイアの弱点である太陽は克服しているみたいですが…んー。これ、本当に強敵?

それに《始祖》を演じたのはドミニク・パーセル。そう。『プリズン・ブレイク』の《お兄ちゃん》なのです。これは本作の所為ではありませんが、どうしても“単細胞”の印象が強い役柄だったので…うー。最強の種に見えません…。

でも、敵が弱くてもね。
面白ければ良いのです。
何しろ、本作を仕上げたのは『ブレイド』三部作全ての脚本を書いたデヴィッド・S・ゴイヤー。シリーズに精通し、この作品世界の着地点を描くに最適な人選…だったはずなのです。

しかし、ヴァンパイアと人類の両方を敵に回す…という布石を全く活かせていないし、何よりも《ブレイド》の仲間たちを活かせていないのは、確実に脚本の時点で問題あり。

やはり、本業(脚本家)と二足の草鞋を履くのは無理だったのでしょうか。映像面が垢抜けないのも、本業ではない重責に負けた…ということなのかもしれません。

確かに彼の経歴を眺めてみれば。
あの『ダークナイト』三部作の脚本を手掛けていますからね。本来のポテンシャルを発揮できなかっただけ…なのです。たぶん。

まあ、そんなわけで。
『1』はスタイリッシュなアクション。
『2』は監督さんの偏執的な異形への愛。
と脚本をサポートする要素がありましたが、本作は“剥き身”で勝負。だから、劇中の台詞に倣って言うならば「全ては脚本から始まり、脚本で終わる」…それに尽きる作品でした。
静佳祐

静佳祐の感想・評価

3.4
前2作よりも比較的明るめ。クールでカッコいいところがブレイドらしさ。
>|