U-31の作品情報・感想・評価

U-312016年製作の映画)

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:86分

2.9

あらすじ

河野敦彦、31歳。職業・プロサッカー選手。強豪チームにクビを言い渡され、古巣の弱小チーム・ジェム千葉に戻ってきた彼は、そこで再起を賭けることにした。移籍の条件は、背番号『10』を付けること。しかし、待っていたのは、「元・日本代表」というかつての栄光をネタにしようとする経営側の考えと、全盛期を過ぎたにも関わらず背番号『10』をもらった彼に対する、若手選手たちの冷やかな視線だった。それでも、河野は黙…

河野敦彦、31歳。職業・プロサッカー選手。強豪チームにクビを言い渡され、古巣の弱小チーム・ジェム千葉に戻ってきた彼は、そこで再起を賭けることにした。移籍の条件は、背番号『10』を付けること。しかし、待っていたのは、「元・日本代表」というかつての栄光をネタにしようとする経営側の考えと、全盛期を過ぎたにも関わらず背番号『10』をもらった彼に対する、若手選手たちの冷やかな視線だった。それでも、河野は黙々と練習を続ける。やがてそんな彼の姿に、ひとり、またひとりと影響を受けるようになっていく…….。これは「戦う」ことを選択したひとりの男の、静かな、しかし内なる熱い思いを描いた魂の物語である――。

「U-31」に投稿された感想・評価

かなこ

かなこの感想・評価

3.5
自分が過去にJリーグの某チームのサポーターをやってた&馬場良馬さん観たさに鑑賞。
練習後のサポーターと選手の関わりなどに懐かしさを感じました。スポーツ映画ではあるんですが、サッカーをしてるシーンよりも選手としての葛藤だったり裏の生活が多く描かれていました。
サッカー好きで有名な大杉漣さん、勝村政信さんの起用…素敵でした!
kaho

kahoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後きゅうにおわるからびっくりしました

現役、とか引退、とかある職業って特殊、大変
した選択に自信を持つしかないよなあ
てゆうか馬場さんすき。
Thomas

Thomasの感想・評価

3.3
ジャイアントキリング原作と同じく綱本将也作品という点に惹かれてレンタル。
大杉漣と勝村政信のサッカー好きの起用は良い。
ただ一点マイナスなのは、人間模様が中心の作品のため、サッカー映画にも関わらずサッカーをプレイしているシーンはほとんど無いのが残念。
サッカーの映画というよりピークを過ぎた1人の男の話。
試合のシーンもなく過去の栄光もピークを過ぎたプレーもセリフのみで説明する潔よさ。
GOAL!に出てきたベッカム、ラウール、ジダン、ジェラード、シアラーの様にビッグネームが1人位サプライズ的に出てきて欲しかった。
31歳ってサッカー選手だと引退するくらいの年齢でその苦悩だったりが表現されててとても良い映画でした。
エンドロールで流れるストレイテナーの原色はほんと良い曲。
ロマノ

ロマノの感想・評価

3.5
かつて日本代表の中心として活躍し、千葉の英雄とまで讃えられたサッカー選手、河野
31歳になり所属チームから戦力外にされかつて在籍した千葉に戻る事になるが

引退がちらつき始めた1人のサッカー選手が、最後に古巣に帰り何をするのかどう再起を図るのか、なかなか面白い作品でした

試合のシーンは、音声と思い出で語られるだけでしたかこの映画で試合のシーンは特に必要とは思いません
下手なサッカー見せられるより潔く無しにして良かったと思う
こじま

こじまの感想・評価

3.6
試合のシーンがないのがざんねん。夢にしがみつくのも悪くない、しがみつけばつくほどそこには大きなあとが残るという台詞が印象的だった。
現役を続けることの意味、一つのものにこだわることやゆずれないものがあることの大切さ、そういうものが伝わる映画。
笠原キャプテンがかっこいい。
あっこ

あっこの感想・評価

3.9
JEFのFをMに入れ替えただけでエンブレムもユナパもそのまま、蘇我駅前の犬兄弟も登場、ビブスや練習着はFのまま、練習シーンには見慣れたシルエットが…と犬兄弟ファンにはうれしい全面協力♪
スタッフ役にサッカー好きの俳優さんを揃えてくれたのもうれしい。
サッカー映画なのに試合シーンがないという声を聞くけど、人のココロを描いた物語だから、別に構わないと思う。でもすね当ては使った方がいい…
haru23

haru23の感想・評価

5.0
プロスポーツ選手の内面をうまく描いた良作。決してサッカー映画ではないです。
望月

望月の感想・評価

2.5
アトランタの奇跡20周年記念作品かと思ったら、全くそのあたりには触れずに「人間ドラマ」として押し切られた作品。
確かに今更、当時の選手のその後の迷走とか当時を知る人にしか興味のない話だろうけど、ここまでスルーされると、じゃあなんであの原作を実写化する意味があるのって思う。
リアルサッカーチームに全面協力してもらった割にはサッカーの試合のシーンもないし、ピークを過ぎた選手の輝いていた頃を見て憧れた若手選手とのやりとりをセリフだけで済ませてしまっていて、いかにすごかったか、という重要な部分が伝わってこない。
原作、というよりもその物語のモデルとなった選手が好きだった私としてはなんとも物足りない内容でした
>|