U-31の作品情報・感想・評価

U-312016年製作の映画)

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:86分

2.8

あらすじ

河野敦彦、31歳。職業・プロサッカー選手。強豪チームにクビを言い渡され、古巣の弱小チーム・ジェム千葉に戻ってきた彼は、そこで再起を賭けることにした。移籍の条件は、背番号『10』を付けること。しかし、待っていたのは、「元・日本代表」というかつての栄光をネタにしようとする経営側の考えと、全盛期を過ぎたにも関わらず背番号『10』をもらった彼に対する、若手選手たちの冷やかな視線だった。それでも、河野は黙…

河野敦彦、31歳。職業・プロサッカー選手。強豪チームにクビを言い渡され、古巣の弱小チーム・ジェム千葉に戻ってきた彼は、そこで再起を賭けることにした。移籍の条件は、背番号『10』を付けること。しかし、待っていたのは、「元・日本代表」というかつての栄光をネタにしようとする経営側の考えと、全盛期を過ぎたにも関わらず背番号『10』をもらった彼に対する、若手選手たちの冷やかな視線だった。それでも、河野は黙々と練習を続ける。やがてそんな彼の姿に、ひとり、またひとりと影響を受けるようになっていく…….。これは「戦う」ことを選択したひとりの男の、静かな、しかし内なる熱い思いを描いた魂の物語である――。

「U-31」に投稿された感想・評価

🔶

主人公河野敦彦は東京ヴィクトリーに所属しているがジェム市原からオファーがあり考えた末そちらに望んで行くことに

東京ヴィクトリーからは言葉を変えれば戦力外通告と同じ

注目や期待することは河野の心の部分がどう変わっていくかということと彼の復活劇でした。実際に30代になって技術はそんなに変わらないだろうし。
河野は自然にチーム溶け込んでいくのが見てとれました。試合は無いに等しいので、この点は期待しないほうがいいです。

31歳と言えば昔インテルからボローニャに移籍したR・バッジョを思い出した。
前半のシーズンはチームの順位も個人のゴールも中々成績が伸ばせずだったのが、最後はチームも結構順位を上げ本人の代表復帰もできた。
____________________

【ジェム市原の選手や関係者】
馬場良馬(ババリョウマ)♠河野敦彦(主人公、背番号10番、元日本代表)
根本正勝♠笠原(キャプテン、河野の先輩)
中村優一♠戸澤(若手選手)
谷村美月🔴山咲佳奈(記者)
大杉漣♠竹岡社長
勝村政信♠木村(広報担当)

【東京ヴィクトリー】
中村誠治郎♠成田(河野の先輩)

✏原作:綱本将也「U-31」
 (講談社「モーニング」刊)
 漫画:吉原基貴
____________________

📍練習風景が多く試合は~~試合は~~・・・中々ない
📍ジェム市原の監督
 「勝ったチームが強いんだ」
📍U-31
 DVDの読みの表示にはゆーさんじゅういち

1回目
たくや

たくやの感想・評価

2.3
ピークを過ぎたプロサッカー選手の生き様を追ったスポーツ映画なのですが、試合風景が一度も出ず、練習風景だけでカメラ一台しか使ってないなぁくらいしか感じない。最初に記者会見で弱小チームに移ったシーンだけで中盤以降の戦力外を受けた選手を表現できていない。プロサッカーチームの協力を受けているようですが、本当に選手の気持ちを汲み取っているのだろうか?選手への取材が出来ていないように感じる。BGMが無理に悲壮感を出しているのと10番にこだわり過ぎ。
諦めるのは悪いことじゃない、前に進むためには必要だ
でも、夢にしがみつくことは悪いもんじゃない

コウノのように31歳にして恥も外聞も捨てて古巣チームに戻って現役続行することを、「プライドが許さない」と言ったアヤセ
しかし、コウノは、アヤセのように現役引退してタレントに転身することこそサッカー選手としての「プライドが許さない」と感じているのだろうな、と…
谷村美月ちゃんかわいい
riree

rireeの感想・評価

2.1
流し見
サッカー選手の選手生命は短い、今も現役で活躍しとるベテラン選手の凄さを再認識
Jリーグ好きなら楽しめます。試合シーンはありませんが、別に気になりません。
かなこ

かなこの感想・評価

3.5
自分が過去にJリーグの某チームのサポーターをやってた&馬場良馬さん観たさに鑑賞。
練習後のサポーターと選手の関わりなどに懐かしさを感じました。スポーツ映画ではあるんですが、サッカーをしてるシーンよりも選手としての葛藤だったり裏の生活が多く描かれていました。
サッカー好きで有名な大杉漣さん、勝村政信さんの起用…素敵でした!
kaho

kahoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後きゅうにおわるからびっくりしました

現役、とか引退、とかある職業って特殊、大変
した選択に自信を持つしかないよなあ
てゆうか馬場さんすき。
Thomas

Thomasの感想・評価

3.3
ジャイアントキリング原作と同じく綱本将也作品という点に惹かれてレンタル。
大杉漣と勝村政信のサッカー好きの起用は良い。
ただ一点マイナスなのは、人間模様が中心の作品のため、サッカー映画にも関わらずサッカーをプレイしているシーンはほとんど無いのが残念。
サッカーの映画というよりピークを過ぎた1人の男の話。
試合のシーンもなく過去の栄光もピークを過ぎたプレーもセリフのみで説明する潔よさ。
GOAL!に出てきたベッカム、ラウール、ジダン、ジェラード、シアラーの様にビッグネームが1人位サプライズ的に出てきて欲しかった。
31歳ってサッカー選手だと引退するくらいの年齢でその苦悩だったりが表現されててとても良い映画でした。
エンドロールで流れるストレイテナーの原色はほんと良い曲。
>|