ユナイテッド ミュンヘンの悲劇の作品情報・感想・評価

「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
サッカー好きなら耳にしたことのある、いわゆるマンUの“ミュンヘンの悲劇”で、やはり格別な想いを馳せ、サッカー映画で初めて泣けた。

正確には約90分のテレビ映画で、墜落シーン等に派手さはなく淡々と事実を追う…当時の名監督マット・バズビーが強くした選手達“バスビー・ベイブス”、そのコーチだったジミー・マーフィーと、やがてマンUを背負って立つボビー・チャールトンにスポットを当てる。

よって、かなり地味と感じ、特化した描写に違和感もあるかもだが…ラストのシンプルな演出がじわじわと効いてくる。
ひろ

ひろの感想・評価

3.9
マンチェスターユナイテッドの悲劇(ノ_<)あの輝かしいチームにこんな過去があったんですねー、その魂を背負って戦っている選手たち、サッカーに歴史あり、想いを繋ぐスポーツですね(о´∀`о)
すー

すーの感想・評価

3.0
サッカーに詳しくない私でも名前は知っているサッカーチームの悲しき悲劇。シンプルなストーリー展開が良かった。そしてオープンニング等々映像やカメラワークが綺麗。
88点
240

過不足なくシンプルなのに感動する。良い映画。
サッカーは大好きだが、マンチェスターユナイテッドにこんな歴史があったとは。

復活劇はあっぱれだった。
芝居も良かった。
このような実話があったとは恥ずかしながら知らなかった。
マンチェスターユナイテッドはこのような悲しみを乗り越えてチームが強くなったと分かる物語。
全体的に暗いが雰囲気は綺麗。
Tsubasa

Tsubasaの感想・評価

3.5
サッカー好き、マンU好きはもちろん、好きじゃない人も観てほしい作品。

遠征帰りの飛行機事故。その悲劇からチームをどう立て直していくか。物足りなさが少しあるけど良い作品。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.6
カッコイイ!こんなに辛い過去があったとは…
サッカー好きじゃなくても、サッカー好きになるなぁ。
otom

otomの感想・評価

3.8
ユナイテッドファンなら観なきゃいかん一本。若き日のサー•ボビー•チャールトンを中心にミュンヘンの悲劇を描く。中盤以降のユナイテッド再生のエピソード、特にコーチのジミー•マーフィーの描写には目から汗が出てくる。エンディングのポール•ウェラーはチェルシーファンなんじゃあないかと思うものの、イングランドフットボールにおける歴史って事で良しとする。欲を言えばゲームシーンをちゃんと差し込んで欲しかった。良作。
ミュンヘン60回忌なので、ユナイテッドファンとして改めて泣きながら観ました。こうして観ると、ジャック・オコンネルのサー・ボビー、ダグレイ・スコットのサー・マット・バスビーは精一杯似せようとしてるのがわかるし良い。ダンカン・エドワーズもサム・クラフリンが男前で雰囲気近いし、この中ではハリー・グレッグさんが一番掴んでると思った。いやあハリーさんカッコいい…。事故へのフラグが(実話だから)辛すぎるし、事故シーンは怖くて直視できない。でも、やはり“come on, lads!”にはグッとくる。
>|