ハッピーエンドが書けるまでの作品情報・感想・評価

ハッピーエンドが書けるまで2012年製作の映画)

Stuck in Love

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.6

あらすじ

離婚して3年の作家ビル(グレッグ・キニア)は、別れた妻エリカ(ジェニファー・コネリー)に未練があり、3年たっても彼女の家を覗きにいくという日々を送っていた。ビルの娘サマンサ(リリー・コリンズ)は父親を捨て新たな男と付き合う母親を毛嫌いし、3年間母親と話していない。大学で同じ授業を受けているルイス(ローガン・ラーマン)に思いを寄せられるが、両親の浮気と離婚を目の当たりにし、恋愛や結婚にマイナスなイ…

離婚して3年の作家ビル(グレッグ・キニア)は、別れた妻エリカ(ジェニファー・コネリー)に未練があり、3年たっても彼女の家を覗きにいくという日々を送っていた。ビルの娘サマンサ(リリー・コリンズ)は父親を捨て新たな男と付き合う母親を毛嫌いし、3年間母親と話していない。大学で同じ授業を受けているルイス(ローガン・ラーマン)に思いを寄せられるが、両親の浮気と離婚を目の当たりにし、恋愛や結婚にマイナスなイメージしかない彼女は他人を受け入れることができなくなっていた。そして、ビルの息子ラスティ(ナット・ウルフ)は学校でケイト(リアナ・リベラト)という少女に初恋をするが、彼女がコカインを吸っているところを目撃してしまう。愛を失った父親、愛を信じない娘、愛に臆病な息子。たくさんの思いを抱えた3人が悩んで、気づいて、踏み出した時、人生に変化が訪れ始める――。

「ハッピーエンドが書けるまで」に投稿された感想・評価

kota

kotaの感想・評価

3.5
家族それぞれの愛の物語。

リリーコリンズが可愛かった。
とも

ともの感想・評価

4.3
切なさもあるけど嫌いじゃないくらいのレベル。
あんまり気負わず観られていい映画だった
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.5
好きな俳優ばかりの作品。それぞれの心の動き、一歩踏み出す瞬間が丁寧に表現されてて、愛のくすぐったい気持ちがすごく心地よかった。
SEINA

SEINAの感想・評価

4.0
今回のリリーコリンズの役自分的にはまり役な気がするな。とにかく可愛かったw

お父さんと弟と姉それぞれの成長がうまく描かれてて、色んなシーンで泣けた。

ただお母さん!自己中すぎるんとちゃうか?w

それ以外はもう最高!
家族の恋模様が複雑かつ急展開すぎて頭が追いつかない部分もあったけど文学がサブテーマだから印象に残る言葉は多かったなあ
あと、アメリカの学生セックスドラッグアルコール依存になりすぎ
課題に追われすぎていて映画を全く観れなくてとっても久しぶりの更新です。
今年こそは300本観たいと思ってるんですけどいけますかね〜(笑)
今年も皆さんのレビュー楽しみにして充実した映画ライフ送りたいです!

リリー・コリンズとローガン・ラーマンが出演しているとあって前々から観たかった本作でした。
離婚した妻をストーカーしてしまう父、両親の離婚から結婚や付き合うことに疑問を感じている娘、愛することに臆病になっている息子。
それぞれの人物が愛することに不器用で、それでも前に進んで行く姿がほっこり描かれている作品でした。
最終的に家族愛で大きくまとめられていて、温かい気持ちで終わる作品です。

作家の一家ということもあって、出てくる台詞の言い回し方が素敵です。
山猫はちょっとお休み。ラブストーリーモードどす。

ジェニファーコネリーとリリーコリンズ、親子役ぴったり!顔そっくり、特に太眉!太眉最高だァァ!ジェニファー、おいくつになったのかしら…。

あと1センチの恋で知ったリリーコリンズ。今作はちょっと子どもに見えるな…。

スティーブンキングのイット、原作本!アガる!日本の作家に例えると、キングは誰なんだろう…。

素晴らしき日々!わしも観てた!ウィニー大好き!長い黒髪で目が大きくてスレンダー!小中学校の頃、NHKでやってましたよね〜夕方から!フルハウスとか!ドギーハウザーとか!懐かしいの〜。夜はビバリーヒルズ高校白書!NHKにお金も払わないで観てたね〜(笑)

ヴェロニカマーズ!クリスティンベルもでとるんかい!女優陣、かなりポイント高いぞ!(笑) でもアバズレばっか…。凹むわ…。

詩ってどうやって書けばいいのか誰か教えてくだされ…。

わしはどっちだろう…、リアリスト?ロマンチスト?どっちでもえーがな、わしはわし!あんたはあんたや!好きに生きようや!

人生再生の物語…。後悔のない人生なんてありません。何かしらやらかしてます。でも、そんな自分も受け入れてあげましょう。ん?わし?大好きよ、わしのこと!(笑) じゃないとやってられん!人は墓場に向かって生きるのだから…(笑) 悔いのない人生を送りたいものです。でも悔いもないと人生なんて味気ない。全ては為すがままの表裏一体。人を好きになりたい、愛したい。 キモーーーー!(笑)どの口が言うんだそんなセリフ(笑) イヤーーーー!でもそんなわしも好きよ(笑) でもキモーーーーい(笑)

男は弱い生き物ですね…。女は強い生き物ですね…。お父さんと弟、ルーの気持ち、よくわかるわ…。当たり前か、性別一緒だし…。次、生まれ変わるなら是非ゆうちゃん7になりたいの〜(笑)

結婚生活が破綻する、離婚するに至る結果って、何がどう悪かったなんてわからないものですかね?その時その時良かれ、良い事だと思って行動するも、伴侶に理解を得られない。 やっぱり価値観、ボーダーの問題なんでしょうね…。人類皆兄弟家族的な根幹があればいいのかね…?セックス優先?それないと子どもも産まれないし。でもそれが原因でぶっ壊れる夫婦生活…。あーーー?表裏一体?自分で言ってる事だ!って、わかってた事なんですけどね…、いーーーーじゃーーーーーん、愚痴っても!!(笑)

Funny、Strange、言われて嬉しいのはどーーっち?(笑)

皆サーーン、元嫁とはいえ、ストーキングして覗きをするのはいけませんよ〜(笑) でも、お父さんかわいかったね〜(笑) 女々しい感じとか(笑)
annnouimo

annnouimoの感想・評価

3.3
家族もの。
娘がかわいい。両親は離婚したとはいえ、裕福な家庭で育ち、小説家デビューし、モテモテだし、なんやかんやと幸せそうには見えてしまう(ひがみ?)。
なので、
甘ったれんなー!
人様に優しくしろー!
って思っちゃうけど、このくらいの家族ものは大してつらくないし、安心して観れますし、わりと好きです。

感謝祭の準備でお父さんが奮闘してるところ、自分の父を思い出した。家族っていいなと思う。うちの父はあんなにセンチメンタルじゃなかったけど。

息子に冒険しろとか言うわりに、殴られて帰ってきたりすると、それはそれで文句垂れるあたりは、親って勝手だなと思った。笑

娘とお母さんがよく似てた。本当の親子と言われたら信じそうなほど。


アメリカは大麻合法なのかな。
最後、弟の彼女は家に来たんだろうか。

まとまりよく、安心して観れる。逆にいうとそんなに盛り上がりもない。ちょうどいい映画。
木犀

木犀の感想・評価

3.5
父 娘 息子
それぞれのストーリーがよかった。

絵も綺麗で、人生が輝いて感じられる映画だったと思う。

本当に絵が綺麗!!!
サハア

サハアの感想・評価

3.2
割とベッタベタの恋愛ストーリーじゃなくて家族問題とか色んな話が織り混ざってる感じなんだな〜イメージとちょい違ったけど面白かったのと雰囲気が好きだった。
リリーコリンズの美しさ
>|