月の輝く夜にの作品情報・感想・評価

「月の輝く夜に」に投稿された感想・評価

肩の力を抜いて見ることのできる映画でした

ニコラスケイジが、フサフサ、なんですよ…

シェールさん魅力的すぎません?
かわいいし、きれいだし、その二面性に僕はもうメロメロでしたよ

音楽もオシャレでしたね
ピザのように見える月なんて表現、思わずにやけちゃいました
すごい面白い見方ですよね

朝食の、食パンの中をくり抜いて卵を落としたの、あれすげえうまそうだなあ
映画で出てくる食べ物ってそう見えます
クレイマークレイマーのあれとかね

ラストのみんな集まってチャンチャンも、幸せですばらしい
浮気やらなんやらやってることはけっこう不穏なんですけどね、でもなんだか許せちゃう空気がありますね

どうして男は複数の女性を追うのか?
うーむ、難問ですね
みなさんの哲学やいかに
雪ん子

雪ん子の感想・評価

4.2
洒落た映画の一つ。
好きなシーンが多い。
シェール扮する出戻りの女性に、ニコラスケイジが惚れてしまい、一晩を共にした後に、女はそれきりと思い、男が諦めきれずにいると、「めめしい!」と言って、男の顔を思いっきり平手打ちする!
それでも諦めない男。邦画ではあまりない展開。あと、トーストの真ん中をくり抜いて玉子を落とし、塩コショーでフライパンで焼く簡単料理は今でも作る。
犬

犬の感想・評価

3.7
悪運

数年前に夫を亡くした37歳のロレッタ
ジョニーから求婚され、仕方なく婚約することに
その後ジョニーは、危篤の母へ結婚を報告するため帰郷し、ロレッタは結婚式に招待するため、ジョニーの弟ロニーのもとへと向かうが....

1人の未亡人と、彼女に求愛する2人の兄弟を描いたラブコメ

アカデミー賞では、脚本賞、シェールが主演女優賞、オリンピア・デュカキスが助演女優賞をそれぞれ受賞

なぜ男は女を追うのか?
愛とは?

結構笑えました
ジョークが面白い!

スゴい家族だな〜笑
ジョニーはなんかヤバい
レストランw

月と音楽が印象的
イタリアな感じもイイ

シェールさん、よ〜く見るとキレイですね
ケダモノ呼ばわりされる義手のニコラス・ケイジも良かった
夫を亡くした女性が違う男性に再び求婚されるも、その婚約者の弟に恋してしまう話。

イタリア系アメリカ人の温かい人間ドラマを描いている。

台詞回しにユーモアがある。
シェール演じるロレッタは結婚や恋愛に関してプラトニックな考え方を持っていたけど、ニコラスケイジ演じる婚約者の弟ロニーと出会って衝動的な恋に落ちる。情熱的でまっすぐな言葉で気持ちを示してくれる彼に、次第に溶かされて美しくなっていくロレッタが素敵。きっと恋なんて計画通りにはいかないものなんだと実感。歳を重ねてからの恋愛ってロマンチックだなぁと思わせてくれる、人生や恋愛の名言がたくさん。イタリア系家族の温かい人間関係にも注目。
taka181

taka181の感想・評価

3.2
かなり起伏に富んだ面白ストーリー展開なのに、緩やかに場面が流れてく感があるのは時代のせいかイタリアノリなのか。気楽に楽しめました。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.0
2009/5/17鑑賞(鑑賞メーターより転載)
以前観たがほとんど内容に記憶がなかったので再鑑賞。結婚相手の兄弟と意外な恋愛が始まり、というのは比較的古典のパターンなので安心して見られるはずだが、どうもすべての人々の行動が唐突で理解し難く、誰かに感情移入するというよりは横から傍観している感じになった。終わりよければすべて良し、で無理矢理納得させられた感じがするのもやや不満。一方、これでオスカーを取ったシェールの年齢(当時41歳!)を感じさせない色気と、まだ精かんで髪も豊富(失礼)なニコラス・ケイジの暴れっぷりは非常に印象に残った。
pier

pierの感想・評価

3.1
ほんわかしたロマコメ。
文化の違いはよく分からないけど、単純に面白い。
lily0x0

lily0x0の感想・評価

3.6
バーレスクでかなりの貫禄を出してたシェールですが、約20年前のこの映画でもかなりの存在感を出しています。
髪もすごくて圧倒されるボリューム!笑
けどとても美人ですてきでした。
ニコラスケイジは最近のしか観てなかったので、まず髪あるやん!てなりました笑
この胸毛濃い感じやっぱ将来禿げちゃうのねなるほど。て変なところで冷静に感心。笑
それは置いておいて
パン屋に会いに行って、もう君に夢中!みたいになってベッドインしちゃうこの感じ。
恥ずかしいくらいストレートなセリフと大胆な行動するこういう男性は映画ではよく見ますよねー
元々ジョニーを愛してなかったから、ロレッタはなんの迷いもなくロニーと結ばれてました。笑

みんな浮気やらなんやらしちゃうのを、この映画の終始モチーフになっている月のせいにしてるところがオシャレというかロマンティックというか。
いいなと思いました。
オペラとかイタリア感がちょいちょい出ててそれも楽しめました。
80年代の凄く話題になったラブロマンス作品。アカデミ-賞6部門ノミネ-トされ(3部門獲得)シェ-ルは主演女優賞を獲得するなど絶賛された作品。☆

スト-リ-は、婚約したばかりのシェ-ルが婚約者の弟(ニコラス・ケイジ)と恋仲になるとゆう話。

思ったよりスト-リ-は小粒な感じでおとなしい展開です。主人公シェ-ルには婚約者が居ながら浮気してるんですが…特に葛藤とかは無くて…てゆうかこれって浮気なんか?みたいな面白さもこの作品の隠し味かもしれませんね。☆

いきなりシェ-ルがニコラスケイジと関係を持ちますが、そこのシ-ンを説明すると~ニコラスの部屋で二人きりになった時、ニコラスが強引な不意打ちのキスをします。💕そしてそのままベッドインです。

僕が今まで見てきた映画の教え?ではこの強引な不意打ちのチュ-攻撃❤は間違いなく女性ゲット率100%だと思います。これは昔から西部劇でもジョン・ウェインとかもよくやってた手口ですよね。←そんな事はしっかりと子供の頃から映画見て学んでるんですよ、男たちは~★とは言うものの、あくまで映画だけの話ですからね。ビンタ食らう覚悟があれば是非どうぞ☆ジョン・ウェインやニコラス・ケイジの気分を味わえるかもね。

それから今作品のタイトル『月の輝く夜に』ってめっちゃ良くて好き!
>|