君はひとりじゃないの作品情報・感想・評価

君はひとりじゃない2015年製作の映画)

Cialo/Body

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

オルガは自分の肉体を嫌っており、摂食障害を患っている。オルガの父は警察の仕事で毎日死体を見ており、もはや何も感じなくなっている。オルガは父を憎んでいる。父は酒に頼っている。セラピストのアンナは、オルガの治療にあたると共に、父のことも気にかける。そんなアンナは、実は肉体以上のものを信じていた。彼女は死者と交信ができるのだった…。

「君はひとりじゃない」に投稿された感想・評価

mimu

mimuの感想・評価

3.4
独特だなー。期待ほどではなかったけど、全体的には好きな部類。終始漂うそよ風くらいのオカルト感も嫌いでない。
ラスト5分のオチ(と言っていいのか否か)が本編のピークだし一番好き。ただ、疲れてる時観るのは禁物。
具視

具視の感想・評価

3.0
レンタルにて。

カウンセラーの人が独特過ぎる。
でも、最後はなんだか可愛かった。
初ポーランド映画。

冒頭、いきなりわけわからん事が起こります。

映像が全体的に白っぽくて独特の雰囲気。
インテリアや建物、景色がキレイでした。

女性セラピストのオカルト感が、なんともシュールで恐ろしい。。

笑えばいいのか、悲しめばいいのか、ポーランド人の感性がわからない???
こうゆう映画は、観るのに我慢が必要、でも観る事無駄、ではないのがこの種の映画。それを理解して、我慢するのも映画の魅力、バックに音楽も無く、これといったことも起こらず黙々と筋も無く進む。でも、最後に2人が霊媒師も居なくなり向かい合って笑いあうだけで親子になり、「君は一人じゃない」ってことに、そして、いきなり音楽流れ始めて明日が来る。こうゆう映画ってそこ迄をゆっくり見せるんだな
えりみ

えりみの感想・評価

3.5
WOWOW録画。
「黒沢清作品が好きなら!」とおすすめコラムが目についたポーランド映画。
確かにギョッとするオープニングではあったけど、キャッチコピーはハートウォーミングな感じ🙂
〜母を亡くし、心を閉ざした娘
妻を亡くし、心を失った父
娘と父をつなぐ天才セラピスト〜
でも「天才セラピスト」がクセモノやった🙄
自動書記する降霊術師の女やないかーい😧
母の死がきっかけで拒食症になった娘となんでも胡椒味にしてバクバク食べる太ったお父さんがひょんな事から霊媒師のおばさんと知り合ったらさあシュール😶

ポーランドの首都はけっこう猟奇的な殺人が起こるのね。
愛犬家が多いのかアパートの一人暮らしに超大型犬が登場🐶
ワルシャワの街って古いのかと思ったら、高速道路のアーチはすごく近未来的なデザインで何だか不思議な街。
ポーランドは土葬だそうで。
親日国やって聞くけどなかなか馴染みのない国なので、ストーリーより風土の方が気になった。ってかストーリーをまともに追ってたら❓❓❓ってなったからか。
G指定やのにおばちゃんの裸踊り始まるし💃😮
唐突に英語曲で〆るし😦
朝日🌅と共に互いを思いやる心を取り戻したってこと?
スピリチュアルカウンセラーより日光が効くって事⁉
確かに劇中ずっとどんより空やったような気はするけど☁
クロサワ映画は好きやけど、ちょっと違うかなぁ。国民性の違いを感じる。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

2.0
結局どういうことなのかわかりませんでした。この映画と比べると宜保愛子さんは素晴らしかったのです。
紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2018.8.16 BS

黒沢清というよりアピチャッポンっぽい?拒食症のワークショップ、娘と自殺現場の川に行くシーンにて横切る電車、独特な採光から陽だまりへの昇華にただならぬものを感じたのは事実だが…
仲が悪いオヤジと娘、女性セラピスト3人が繰り広げる茶番なドラマ。3人ともに変人なため、とぼけた味わいがある。この人たちは、志村ファミリーか?特にセラピストの天然オカルトぶりが怖い。死者の霊と交信できると信じているし、飼っている犬が巨大過ぎる。とても犬小屋には収納できない。

こんなオカルト女に娘のセラピーを任せてられっか!(オヤジ談)

セラピストの霊能力の真相は?オヤジと娘の関係はどうなる?この作品は何を言わんとしているのか?観た後で拍子抜けして脱力する作品。何だか、ほのぼのとした気持ちになる。やっぱり志村ファミリーのコントだった…
DSPEC

DSPECの感想・評価

3.7
ラスト、お茶目なアンナは何もかもが計算尽くの睡眠‥いや天然か

結局、この親娘の仲違いの解決策は、亡き母ではなく、ちょっとした心の触れ合いなんやね、って言うお話し。


オープニングもエンディングも監督のセンスが感じられる作品。
WOWOW 録画鑑賞,
同じ境遇にあった者同士、ひとりじゃないよ、ひとりで悩まず、仲間がいるからって言う話かと思ったら、周りいたのはお化けだった。 
冒頭の遺体が起き上がって行ったのは、抜け殻の意味?
>|