君はひとりじゃないの作品情報・感想・評価

君はひとりじゃない2015年製作の映画)

Cialo/Body

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

オルガは自分の肉体を嫌っており、摂食障害を患っている。オルガの父は警察の仕事で毎日死体を見ており、もはや何も感じなくなっている。オルガは父を憎んでいる。父は酒に頼っている。セラピストのアンナは、オルガの治療にあたると共に、父のことも気にかける。そんなアンナは、実は肉体以上のものを信じていた。彼女は死者と交信ができるのだった…。

「君はひとりじゃない」に投稿された感想・評価

yu

yuの感想・評価

-
私にとってすごく大切なテーマで、特別な映画になった。
セラピーのシーンは、観ているこちらも浄化されるような気がする。
marry

marryの感想・評価

3.5


死んでも行き着く先は此処なのだから
たっぷり時間はある。だから
余計なことは考えなくていい。
Mai

Maiの感想・評価

-
No.104 /4000

「愛する者は決して病まない」

ラストが良すぎる。
笑いながら泣いた。
切身

切身の感想・評価

3.8
エンディングが良かった。
オルガとアンナ、好きな顔。よく見かけるような気がしていたがあまり代表作はないのね。

本当に外国では霊媒師の需要あるんかね?
日本ではにわかに信じられん。日本ではというか、私自身が信じられん。

このレビューはネタバレを含みます

これほんと私にはダメだった。
消化不良。印象に残らなすぎたことを印象に残ってる。
褒めるとこイヌの演技だけみたいな映画は多くあるけど、これもそのひとつ。
すね

すねの感想・評価

5.0
わぁ〜。
すごく大好きなやつだぁ〜。
かなりいい!
かなりいいぞこれ。
かなり好きなやつだぁ〜。
素晴らしいー!

全部、かっこいい。
とってもステキだ!

このタイトル、劇中に何度も頭のなかをぐるぐるってしたよ。
ぴったりなタイトルだこと!

ひとりじゃないよ。って何度も何度もこちらに伝えてくる、そのパワーがすごいんだ!繊細だし、女性監督ならではかな?

暖かくって愛しい映画!

優しいけど優しくないという、とてもバランスのよい映画だった!

この監督の作品は初めて観たけれど、見つけたぞ!

すごい人見つけた!!

この感性すごいね。

感覚?がとっても鋭くってマジでカッコ良い…。

いいと思えるもののアンテナが誰よりもピーンとしているんだと思う。

やばいなぁ。

独特の雰囲気がある。

カメラのアングルがおもしろい。

あんまり観たことのないショットが多くって、そうくるんだ。おもしろって感じ。とくに首吊り自殺をした男を撮ったショット。あんな発想はないな。久しぶりにキュンキュンが多めな映画だった。

犬がデカイんだよ。あれ驚くわぁ。

あの犬を選ぶセンス!

変わってる。

とても変わってる映画だったよ。

だからすごく好きなんだ、これ。

だれもがみんな人のぬくもりを求めているんだろう。もともと悪い子なんていないものね。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.8
んー、人間は生死に関わらず、愛する人とどこかで繋がってるってこと?
死後の世界って計り知れないねー。
そう考えると、そんなに悲しまなくても良いのかなーって気持ちになる。
櫻

櫻の感想・評価

-
母(妻)の死によって心を閉ざした娘と父。娘は拒食という形で、父は刺激物を過剰摂取するという形で、自らと外界との間に壁をつくっていた。互いを遠ざけあってはいるものの、深層部では互いを気にしあっている様はやはり血の繋がった家族だった。はたして生と死の境界線とは何なのだろう。この世では、もうその人には会えないという事実だけ分かっている。生と死は地続きであるなら、その姿が見えなくなるだけなのかもしれない。病院のセラピーの実態はあまり知らないし、死者と交信するなんてにわかには信じがたい。殻にこもってしまった彼らに必要だったのは死者からメッセージを聞くことではなく、ただ閉ざされた心を少しでも開かせることだったのだと思う。最後の対面した娘と父の微笑みは、お互いの間にあった壁が溶かされていくようだった。
じわじわと、ちょっとあたたかいかんじ。絶妙。ずっと観ていたい。すばらしい。

愛する者は、病まない。

2018 my best
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.5
拒食症の娘と、コショウを大量にかけて食する父
魂抜けたように常にぼんやりしてる娘と、検察官の仕事を今までと変わりなく淡々とこなす父
同じ境遇だけど正反対の行動なふたりだけど、心の奥底に抱えてるものは同じで、最後のシーンにジーンときた

カウンセリングのシーン、よかったなぁ
大声を出したり、踊ったり
溜め込まず吐きだす!解き放つ!
>|