男が女を愛する時の作品情報・感想・評価・動画配信

「男が女を愛する時」に投稿された感想・評価

Yuki

Yukiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アンディ・ガルシアかっこ良すぎる。もう一つ一つの仕草がかっこいい。あれは普段からしてないとできないけど、普段からあんなカッコいいのって考えるとパンクする。子役の子も最高。一度見たときはメグ・ライアンのキャラクターがアル中ということを差し引いてもどうなのよって思ったけど、2回目に見たときは、メグ・ライアンのキャラクターが言ってることもなんかすごい納得できて不思議だった。
クワン

クワンの感想・評価

3.8
ロマコメの女王だったメグライアンのシリアス作品で一番素晴らしい。アルコール依存症になるメグライアン。支える夫、アンディガルシア。ただあまりにもアルコール依存が酷くなっていくので観ていて鬱々となる。苛々もしてくる。でも依存とはそこまでいくものなのか。

深酒してボートから転落。もう飲まないと夫婦の誓いを立てた晩タンスに隠した酒を飲む。幼い娘を殴る。泥酔シャワーで昏倒し娘が発見。腫れ物に触るような夫。そして夫婦は、、観ていて9割は辛い。夫婦の関係性が生む共依存の哀しさ。難しさ。試される愛。ただクライマックスに訪れる彼女のロングスピーチが胸を打つ。依存の恐ろしさとその時、家族はどう向き合うのか、、考えさせられる。生優しくない現実を見せられる。非常に重いので、なかなか再見ができないが美しい映像としみる音楽と共に強い印象を残す映画だった。
YUMI

YUMIの感想・評価

-
パーシー・ヴィレッジのこの曲が昔から大好きだったので、それだけの理由で鑑賞しました。原題も同じだよね?
正直言って、こんな作品にあの曲のタイトルを使って欲しくなかったです。
私の中には「メグ・ライアンの出てる映画」というジャンルがありまして、えてして「いかにも女の子が好きそうな安直な恋愛映画」なのですが、これもまたしかり。予想通りの展開と結末で、なんの目新しさもなく、良く言えば「わかりやすい」映画ではありますけどね。
私は自分のことを決して「いい奥さん・いいお母さん」だとは思ってないけど、こういう映画を観ると、家族に対して堂々と「あなたたち、私が奥さん・お母さんでよかったわね」と言えます。そう言う意味では平凡な主婦に自信を持たせてくれる作品かもねw
だいたい何なの、このヒロイン。夫はパイロット(リストラされそうになったのは妻のせい)で、自分も教師という立派な仕事を持っている。しかも子供は二人とも可愛い盛りじゃないですか。
そんでアル中(敢えてこういう汚い言葉を使わせて貰います)って、いわゆる贅沢病にしか思えない。
なまじ欲しいだけ酒を買える経済力があったためにアル中になっちゃったってことなのかもしれませんね。考えてみりゃ引きこもりだって、引きこもれる自分の部屋があるからこそ出来ることだし、買い物依存だって、それだけ買える金を持ってる人だってことだしね。
それ考えたら貧乏育ち(私が育った家には自分の個室なんてなかった)ってのも、酒代も考えなきゃならない現在の環境も、全然悪くない環境なのかなと思います。
妥協しない愛ゎ苛酷で厳しいけれど、諦めず辿り着けた結末ゎ心温かく安らげる場所になる ... チビ姉の演技に泣かされた

酒乱ゎ困るけど、メグくらいのエロ可愛い奥さんなら、ベッドに入る前ゎ呑ませちゃうな🎵

(*≧∀≦*)
姫

姫の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

パイロットの夫、教師の妻、可愛い2人の娘の幸せそうな家族。
実は妻がアルコール依存症でどんどん家庭が綻んでいく。
メグ・ライアンとアンディ・ガルシアという美男美女夫婦の物語。長女のジェスに感情移入して、血の繋がってない父マイケル(アンディ・ガルシア)との別れのシーンで泣いた。ジェスもまた子供でいることを許されない子供だと思う。一緒に酒の瓶を割るシーンも好き。マイケルが出て行った時に母アリスが「これからはあなたが助けて」みたいなこと言った時にはゾッとした。
運命というものがあるとするなら愛した人がどんな状態に陥っても常に相手のことを大切に思う気持ちを持つことという事を教えてくれた作品。
akane

akaneの感想・評価

3.3
セクシーさの中に少女らしさが同居するようなかわいらしい女を愛した男。
そのうち救いようがなくなってしまった女を、それでも愛し続ける男。

男が女を愛する時。
それは出会いの頃の熱い瞬間だけじゃない。

夫婦2人または家族4人の絆が見られる話であった。
そしてアメリカらしい話であった。


2019年59本目
tu

tuの感想・評価

3.7
アルコール依存症に苦しむ妻と支えるパイロット夫の夫婦愛、絆の再生。
夫への不満・家事・育児のストレスの逃げ場所が「依存」へ走る怖さ。全て言い訳。
ただ、更生する苦しみも伝わる。
献身的な夫の愛に感情移入。
アンディ・ガルシアが魅力的。
ベタだけど嫌いになれない作品。
movieman

moviemanの感想・評価

3.6
 なんだこれりゃ、涙が出てきちゃうじゃねーかよ。

 題名からして、[男が女を愛する時]だし、メグ・ライアン出演だから、メグ主演と言えば、[めぐり会えたら]、[ユーガットメール]のイメージが強いので、どんなラブコメなのかなと見ていたら、とんでもない、「家族の絆」や「夫婦の絆」や、、、もう本当に良かった。

 ストーリーは、2人の娘がいる夫婦の物語りなんですが、夫はパイロットで家を空ける事が多く、妻はその寂しさからか、理由は追及していませんでしたが、アルコール中毒になってしまいます。
 施設に入り、何とか普通に生活していけるようになり、また家に戻ってくるのですが、夫婦の間には見えない溝がありました。夫は優しすぎるゆえに、妻には極力負担をかけまいと、娘たちがケンカしてママー、ママー、と騒いでいても自分で全て解決しようとしますが、それが妻にとっては、病気の人間を介護しているようでイライラしてしまう。
 あの日、夫に「あなたのそんな目で見られると私は惨めなの」とひどい事を言ってしまいます。本当は二人ともお互いの事を愛しているのに、うまくいかず別居することに、二人の夫婦の絆はどーなってしまうのか、、、

 まず冒頭で夫役アンディ・ガルシアが妻役のメグ・ライアンを口説くシーンがあるのですが、そこが何ともカッコよすぎる!あんなアプローチが出来るなんて羨ましい限りです笑。

 個人的に1番好きなシーンは、施設から家に戻って、また一緒に生活するんですけど、うまくいかず別居する事に、だけど別居後も妻の生活を陰で見守る夫。妻は少しずつ昔のような笑顔を取り戻していきます。
 夫は嬉しいようで悲しい気持ちを抱え、夫が初めて中毒者の家族を抱える人の会で話すシーンですね。あそこは本当に涙ポロポロです。
 話している最中も本当は妻は、自分を必要としていなかったのではないかという気持ち抱えながら話しているんですが、感情を表にださないように、平然を装い、話を始めるのですが、とうとう最後はこらえきれず涙を流してしまうあのシーンは感動しました。 

 本当は悲しくて苦しいけど、自分の弱い部分を見せまいと平然と話すあのアンディ・ガルシアの演技がとても印象的でしたね。もちろんメグ・ライアンの最後のスピーチも感動的でしたが、個人的にはアンディ・ガルシアのあのシーンが1番心に残っています。

 
ばさみ

ばさみの感想・評価

4.1
名前からベタベタラブストーリー想像してたから、思わぬ展開でびっくり。
録画消さなくて良かった…
私のように恋愛モノ苦手な人も、タイトルに惑わされず観てほしい。

基本、どっちの気持ちも分かる。けど旦那はめちゃくちゃ奥さんを愛してて、段々マイケル可哀想…ってなってくる。
こんな家族想いで優しい人、絶対いないよ。
子供と別れるシーンは流石に泣けた。


ガルシアかっこよすぎ。パパアンディ最高だった…ちょっとした動きとか表情がいちいち可愛いんだよな…私生活良い人なの想像つくわ…すき…

やっぱ、俳優を追って映画観るの楽しい。眼福大事。ハマってる時に観れば3倍面白く写るしね笑

最近またよく聴いてるマイファニーバレンタイン。やっぱ名曲

卵投げる嫁にビビるガルシア、かわいい笑笑

早く帰れと言わんばかりに祖父母のスーツケースを外へやる子供。笑

フェリシアの惨殺死体を摘まみ上げるガルシア、面白すぎ。笑

ちょくちょく笑わせてくる塩梅もすき。

子供たちがひたすら可愛い。。

画も素敵で無駄がなくて、後半特にどんどん引き込まれる。良い作品。

てか自然に入ってきすぎて気付かなかったけど、改めて考えたら子役めっちゃ名演…
>|