男が女を愛する時の作品情報・感想・評価

「男が女を愛する時」に投稿された感想・評価

marin

marinの感想・評価

4.2
アルコール依存性
難しい題材なのにとても温かかった
親は子供を安心させ、かつ守るという役目があると勝手に思ってるのですが
この映画の子供たちは、小さな身体で精一杯親を守っていたと思う。

共に歩む親子、夫婦になりたいなと思った。控えめに凄く良かった

メグライアンが出演しているという理由だけで鑑賞しましたが、凄く良かったです
メグライアンはもちろんのこと子役がこれまた涙を誘うんです。
タイトルからは恋愛モノかなと思うけど、私は家族の絆が最高だと思った。
好きな作品の一つ。
冒頭のプールでくるくる回るところが妙に好きです。
こんなにもお互い愛しているのに理解できないでいたなんて...それでも愛し一緒にやり直そうと思う...それが夫婦でパートナーなんですかね。
大人なお姉ちゃんとまだまだ無垢な妹の姉妹が可愛すぎて涙を誘いました。
りーん

りーんの感想・評価

3.7
冒頭の2人のやりとりからよかった。
自己嫌悪を慰められると惨めな気持ちになってしまう。でも、その怒りを相手に向けてはダメだなと思いました。
寛容で献身的な夫の人柄が裏目に出てしまうなんて。特殊な家庭だからこその問題かもしれないけれど、理解し合うことって大事だなと感じた。
子どもが可哀想だった。そりゃ宿題もサボるしチョコも食べる。
アンディ・ガルシアさん優しい笑顔の素敵なお父さんだった…!時々マフィア感出るけど。
終わり方も好き。
アルコール依存症を題材にした映画
題材としては重いけど、実際に見たらそこまで重さは感じない
多分ダブル主演のアンディガルシアとメグライアンが美しすぎるからかな?
とにかくメグライアンが美しすぎる
あんな綺麗な嫁がいたら、多少わがままでも許してしまうだろう

最初のナンパシーンは憧れた
メグをナンパしてきた男は可哀想やったね
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.5
アンディ・ガルシアがパパでメグ・ライアンがママっていうすでに幸せすぎる家族。
しかしパパがパイロットで家を空けがちにしてたせいで寂しいママは酒を飲み続け、アル中に…ってゆうシリアスなヒューマンドラマ。

泣けます。

子供とか
アンディ・ガルシアの献身ぶりとか
メグ・ライアンの苦悩っぷりとか
どの立場に立っても泣ける…

んで最初と最後もロマンチックだからなおさら泣ける…

こんな家庭築けたらな。
90年代の車、サンフランシスコ、作中の音楽もよい。"男と女"が生々しく如実に描かれている。後味は悪くない。

このレビューはネタバレを含みます

過去観賞

依存症の妻と夫の話
とても刹那いすれ違いだけど
終盤で夫が寝室の窓を少し開け、ベッドに入ると窓からの冷気に妻は眠ったまま無意識に夫にすり寄る。夫はなにも言わず抱き締める。とてもステキなシーンでした。ずいぶん昔に観たけど忘れられない映画です。
恋愛ものだと思ったら違いますね。
依存症が題材。
夫婦がずれてる感じ。
子供が一番まとも。
相手を思うからこそすれ違う男女の考え方のパターンを見事に表現していて感心した。ただ共感して勇気づけて欲しい(問題は自力で解決したい)女と、とにかく一刻も早く彼女を窮地から救い出してヒーローになりたい男。両者の間にはひたすら暗くて深い川が横たわる。そのすれ違いが愛故であることにお互いが気づけばもっと幸せになれるのに、気がつかずに無為に傷つけ合う男女がいかに多いことか。かつてジョン・グレイ博士の著書を読んで目から鱗が落ちまくりだった自分は「そうそう、そうなっちゃうんだよなっ!ありがちだよな!」と主人公二人のすれ違い(特に妻のイライラ)にいちいち感情移入してしまった。恐らく一番このパターンに陥りがちな夫のタイプ(=自他共に認める出来過ぎな夫)の役どころにA・ガルシアはまさに適役だったと思う。
映画の出来とかではなく、
アルコールに逃げるのも
よく分からないけど、
どうしようもなく弱ってる時に頼れるのは
パートナーだけ。
それが全て。
>|