男が女を愛する時の作品情報・感想・評価・動画配信

「男が女を愛する時」に投稿された感想・評価

アルコール依存症の妻と、支える夫と家族。
いつものメグ・ライアンとは一味違う役柄を好演。
それにも増して、子供たちがいい。もちろん音楽も。
ひるね

ひるねの感想・評価

4.0
メグライアンの気持ちが痛いほどわかって大好きな映画です。アルコール依存症に限らず、自分をダメな人間だと感じて苦しむ妻と、手探りで支える家族の姿が見事に描かれています。
音楽が良い♡

このレビューはネタバレを含みます

 微妙な感じ。

 前半は、アリス(メグ・ライアン)とマイケル(アンディ・ガルシア)のベタベタを見せられて、この二人だから嫌でないが、ちょっと退屈してしまった。

 後半、アリスがアルコール依存症になり、メグ・ライアンの酷い姿は見たくないな、と思っていると、アルコールに溺れても、怪我をしてもこの頃のメグ・ライアンは本当に美しく、嫌な感じはしなかったが、あんまりリアリティは無いように思ってしまった。

 それより、アリスの連れ子のジェスのティナ・マジョリーノが素晴らしかった。子供ながらの母(アリス)への気づかいや、マイケルとの別れの場面がリアルで、こちらが泣いてしまう。

 アリスのアルコール依存の回復は、施設入所と仲間の支えだったがほとんどこの描写が無くて残念。追加のカップルカウンセリングはマイケルがやる気を失くし、本当に失敗? 家族の会の方が支えになっていた。

 そして、マイケルの気の遣い過ぎをはねのけることでアリスは回復していくが、マイケルは愛されてないと思って別居、そういう事じゃないだろ、と思い、もう少しやり取りして欲しかった。

 ラストでの再会で、やり直せるかもとなるのは感動的で、でも出来過ぎていて、こちらが恥ずかしくなる。

 メグ・ライアンは美しかった、に尽きるかも。勧められた映画の第二弾。私は、こういう、予定調和みたいな展開は苦手なのかも(2021.8.7)。
犬

犬の感想・評価

3.4
旅行

妻のアルコール中毒という障害を乗り越えて、本物の愛を勝ち取ろうとする夫婦の姿を描いたラブストーリー

アル中について

なんとも言えない
重ためな雰囲気でした

メグ・ライアンの暴走

家族みんなで
子どもたちも印象的

歌が良かったです
タイトル曲は良く聞くが、主演のアンデイガルシアとメグライアンともファンなのに何故か見ていなかつた。

舞台はサンフランシスコ。

甘いメロドラマかと思ったら、良い意味で期待を裏切られる。
夫婦のすれ違いなどからストレスをためた妻がアル中となり、それを克服する過程を描く。そして、夫婦関係は...。
2人の幼い子役の演技も光る。

家族がストレスを抱えることにより生じる問題とその克服、結構普遍的なテーマなので示唆的に感じる。

もしかしたら、若い人にとつては退屈かもしれないが、子供がいる人たちは感情移入できるでしよう。

上映された1994年ももう30年前。古くも感じたが、心地よい古さ。
冒頭の、真のイケメンにしか許されないナンパ術と本編との落差がすごい、アルコール依存症になってしまった妻と、彼女を愛する夫の物語。

男女が出会って恋をして家庭を築くまでと、人生を長い間一緒に歩き続けるのでは、違う質の親愛が必要なのかな。そうなんだろうな。

どんなに深い愛情でも、受け取る側によっては鋭い刃になってしまったり、人間は本当に複雑だ。

メグ・ライアンは猫のような可愛らしさであり、アンディ・ガルシアはとてつもなくイケオジであり、胸毛がすごい。

なにより、上の娘役の子がほんとーに素晴らしい演技。泣ける。

エンディングの後、みんな幸せになっていて欲しい話でした。
ユカ

ユカの感想・評価

3.7
この映画でアンディガルシアにハマりました。髪の毛サラサラで優しいお父さんって感じがよかった。また子役が素晴らしい!ヴェロニカマーズの友人役とかに出てるよね。アルコール依存症になった奥さんを献身的に支えるんだけど、逆に負担になるって悲しすぎ。
アンディガルシアを好きになっちゃう映画!
メグライアンも大好き!
ストーリーは今一つだったような?
しゅり

しゅりの感想・評価

3.7
アル中にしろなんにしろ何かが原因で心が疲弊しているときの人の考え方は心が健康な人のそれとはどうしたって違うからなかなか分かり合えない、想い合ってるのにねというのが前半でとても伝わってきていたからなお切なく感じた、全員可哀想、誰が何が悪いと言えないのがまた

子役の演技力が素晴らしい
フィリップはちょっとしか出てこないけどやっぱり素敵 はー素敵
この頃のメグ・ライアンってどれも観てしまうなあ。アンディガルシアま痺れる

歌はマイケル・ボルトンだったっけ?
>|

あなたにおすすめの記事