極底探険船ポーラーボーラ/最後の恐竜の作品情報・感想・評価

「極底探険船ポーラーボーラ/最後の恐竜」に投稿された感想・評価

つまらない話。バカな脚本。変なキャラクター。面白い恐竜(しかし恐竜は常に面白い)。
でも特撮は本当に酷い。笑 恐ろしいより可愛いこの恐竜、サイズもずっと変わるし。この時代のSFとか特撮映画が好きなのにこれは残念なことでだいぶつまらない。日本とアメリカの共同製作なのになぁ。
marumame

marumameの感想・評価

3.0
主題歌がなんとも哀愁ただよう、日米合作古き良き時代の特撮映画!
恐竜とか原始人とかいろいろてんこ盛りだけど、そこに探検にむかった一行さんが強烈でしたわ。マサイ族どんだけ活躍するんかと思ったら、なんやね~~~~ん!だったし、女カメラマンはいちいちウザいし、唯一のイケメン担当はすきっ歯だし。鼻が異様にでかい社長とすきっ歯でなんだか女とりあってるし。
だんだんボロボロになっていく服のボロボロ加減がドリフのコントみたいで笑えた💦
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.4
なんて円らな瞳の肉食恐竜だこと…

トランプもどきに 金髪美女 ジャパニーズ博士にマウイ族が 恐竜と対決するってだけでも 十分シュールな上に 更には原始人まで出てくる乱闘っぷりに 映画が娯楽として勝手気ままに作られてた 良き時代を感じたりもする

クオリティはさ ジュラシックパークをとしまえんで再現したような"もしもコント"レベルだけど ティラノとトリケラの死闘は それなりに時間割くだけの見応えはあったかな…だいぶ寛容な目線ではね
うちだ

うちだの感想・評価

2.0
ジュラシックワールドを見た翌日にこれを見ると味わい深い。70年代恐竜ブームの末期かな? いつものキャラ配置と面白ニッポンが良かった(笑)
swansong

swansongの感想・評価

2.7

ぺこぺこぺこぺこぺこ …

「まだ見ぬ楽園」を求めて、\2800 (税別)ぐらいのブリキの玩具にしか見えない極底探査船ポーラボーラ号が、ものすごい勢いで北極圏の海底を掘り進む!

さあ、やるせない「罰ゲーム臭」が濃厚に漂う、日米合作Z級冒険活劇のはじまりはじまり♪

暑苦し~い大富豪のおっちゃん率いるポーラボーラ号チームがやがてたどり着いたのは、"ぷよぷよした恐竜" と "醤油顔の原始人" たちが闊歩する「日本の長野県そっくりの地底世界」でしたぺるしだぁ。


… とかなんとか、いきなりディスっちゃいましたけど、円谷プロはこのような劣悪な条件のもとでも精いっぱい頑張ってくれてます。

なかでも怪獣サイズの巨大哺乳類が画面奥からこちらに向かってドドドと突進してくるカットは秀逸でしたね~。

成体レギオンやカイザーギドラと同じく、中に人がふたり入ってる着ぐるみが猛然と走る姿は、かなりの迫力♪

こんなヤツにだけは追いかけられたくないなぁ。

まあ正直なところ、そこ以外には見処がほとんどない映画、とも言えるんですが … (笑)

あ、ナンシー・ウィルソンが歌う007風のテーマソングは良いですよ♪

https://youtu.be/ZubZ5BU9nrg
物足りなさを感じるSF映画。
あまり評価されないようですが恐竜の着ぐるみ特撮はいいです。
四つん這い恐竜の後ろ足の処理をご覧下さい。
日米合作の珍作。
大富豪が地底へ、恐竜をハントしに行くストーリー。
特撮は円谷プロが担当していて、結構よく出来てますが、トリケラトプス?を見た時に「怪獣王子」を思い出しました。
私は特撮作品が好きなので贔屓目で観てしまうのですが、もう一つの感じでした。
何を褒めればいいのか‥
取り敢えず円谷プロの特撮はなかなか良く出来ている。とは言っても同じ時期にルーカスは『スターウォーズ』を作っていたのだからそのレベルを考えると雲泥の差と言える。

設定・シナリオ・編集全て幼稚で、観ていて苦笑するしかない。
恐竜探索に、カメラひとつとライフル一丁だけの装備でジャングルに入っていったり、危機的状況に陥った時のプランや他の助けも何もない。

場面も突然変わったりするし、主人公の行動も意味がわからない。子供の頃観た東宝の怪獣映画の方がよっぽどレベルも高いし面白い。これでも日・米合作!
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
日米合作の恐竜特撮作品。
主演は『アラモ』の将軍役だったリチャード・ブーンで、探検家の狂気を上手く演じていた。日本側が担当したと思われる特撮の完成度は高いが、肝心のポーラボーラ号が何とも安臭い。
ナンシー・ウィルソンが歌う主題歌以外の音楽が酷すぎる。
「ジュラシックワールド」が絶賛大ヒット公開中!
というわけで、ちょこっとレビューの夏休み恐竜映画5本立て~!
その3~


日米合作の恐竜アドベンチャー映画です!
着ぐるみのティラノサウルスがギャギャーンと出てきますよ!
円谷特撮が冴えわたりますねえ。
いや、あんまり冴えわたってない気もしますが、まあ気にしないで良いでしょう。

円柱にデカいドリルが付いたポーラボーラ号で地中深くへ旅立つと、そこは原始の世界!
夢とロマンがつまっていますねえ!

ティラノサウルスをハントすべく、外人さんが頑張ります!
一応、日本の俳優さんも出てきますけど、みんな原始人役!
これってちょっと蔑視なのではなかろうか・・・(汗)

追記:
僕の子供の頃の記憶では、タイトルが「最後の恐竜 ポーラーボーラ」だったような気がするのですが、ソフト化の際とかに変わったのでしょうかね?


テレビ放送にて
>|