恐竜100万年の作品情報・感想・評価

「恐竜100万年」に投稿された感想・評価

ちっちゃい頃にテレビで観た。
今思えば、これが初めての洋画鑑賞なんやな…。
もうストップモーションアニメの恐竜に釘付けやったわ。
erinpa

erinpaの感想・評価

-
1966年の映画。ストップモーションで撮影された恐竜が良いですね。セクシーすぎる原始女子wに笑っちゃうw金髪と黒髪の人種差別があからさまですね。これも時代か。
KW

KWの感想・評価

3.0
この後数年で猿の惑星かと思うと進化に驚くがストップモーションで撮影したと思えば凄いな。ラクエルウェルチ、愛すべき女女たちにも出てたな。
いいよ~。最高の仕上がり。
1966年にこれだけ恐竜の形ができあがってるのに感動。
しかもそれをストップモーションで撮影。偉業。

どこぞのジュラシックワールドより
当時の人を確実に唸らせたことは確か。
古風な恐竜映画の傑作。

ナレーション以外にほぼ台詞が無い作品で
昔の漫画なんかでよく見た
あるあるな原始人達が出てきます。
(と言うには男女共に美形過ぎますが)

ハリーハウゼンの恐竜たちも見事で
可愛らしくも活き活きとした
恐竜の動きは観て飽きさせません。
でかいイグアナも今となっては
新鮮にも思えますw

また…
女性が美しく、毛皮服姿は
とてもセクシーでエロスを感じさせます。


男の子の夢とロマンが溢れる
古典名作映画です。
BAC

BACの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・「アイ~ヤ~!」という声が聴こえてくると、さすがに笑ってしまうが
弱肉強食の世界に囲まれた原始人の大変さも、そこそこリアルで切実さもあり、面白く観れた。

・トリケラトプス勝利! 好きな恐竜なので、ちょっと嬉しい。

・コマ撮り恐竜は、リアルすぎない図鑑や絵本を見てるような面白さ。
大暴れの映像を、観てる側が体で掴める感じ。

・音響の良さもあるんだろうけど、虫の息の恐竜が印象に残る。

・槍が恐竜に刺さる所など、投げた途中から実写から模型に置き換えてるんだろうが、どう撮影したんだろう?と不思議に思ってしまう。

・恐竜も大きな見せ場ではあるけど、出番が散発的なこともあって
恐竜映画というより「恐竜も出てくる映画」が正確なところ。

・ラストの天変地異、合成の粗っぽさが、むしろ迫力に繋がっている。

・トゥマクの母さん?が生き埋めになってしまう場面スゴ。

・原始世界の描写が「2001年宇宙の旅」に影響を与えた…ってことはさすがに無いか。

・岩山の民:ブルネット、海の民:ブロンド、明快な描き分け。
「紳士は金髪がお好き」という映画の題名を思い出す。

・トゥマクが出身の岩山の民に、海の民の文化や共生意識を持ち帰るのところで終わりかな?と思っていたら、岩山大地震。話を終わらすための大見せ場なんだろうが、トボトボと生きていかねばならない、といった感じのラストシーンがちょっと心に残る。こうした事態に、いつなるか分からない地震列島の日本に住んでることもあるのかな。
言葉以前の話なのでセリフが一切ありません。恐竜のしょぼさは目をつむりたくてもつむれませんでした。恐竜というよりイグアナとカメですよね。
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.6
今日は原始人のお勉強。

CGで何でも作り出してしまう
映画に慣れちゃってたから
逆に新鮮で面白かった〜!

昭和の特撮ヒーローものに
出てきそうな恐竜たちが
観ていて楽しい。
恐竜に紛れて、
イグアナとかカメとかいたけどね。笑

基本「トゥマク」しか言ってない。
ナレーション以外、
言語は一切ないのが斬新すぎて…

部族によって
文明の発達が違うという
描写がよかったなぁ。

原始人にしては、
スタイル良すぎだろ!と
つっこみたくなるけれども。
琉太

琉太の感想・評価

4.0
ストップモーションで撮られた恐竜や、人間との合成された映像とか凄く前時代的で良かった
CGに慣れてしまっていたので新鮮
30年位前に観た時は着ぐるみの方が良いのにと感じたが今さらこの良さが分かった気がする
名前のインパクトで借りてみた。

主にウホウホ言ってる人が主役の物語なんですが、
襲ってくる恐竜は、弱そうな恐竜でも1体1体ちゃんとそのシーンはモブキャラではなくて主役として使われているんですよね。

「ショーシャンクの空に」でポスターに使われて有名な映画みたいですね。
>|