80日間世界一周の作品情報・感想・評価

「80日間世界一周」に投稿された感想・評価

Ayu

Ayuの感想・評価

-
ワイドスクリーンを意識した画面構成が良かった。トッドAO方式が相応しい映画。
コメディ要素も多いし、エンドロールへの入り方もツボだった。カメオ出演ってテンション上がるよね!
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.4
【世界初のカメオ出演作品】74点
ーーーーーーーーーーーーーー
監督:マイケル・アンダーソン
製作国:アメリカ
ジャンル:アドベンチャー
収録時間:168分
ーーーーーーーーーーーーーー
第29回(1957)アカデミー賞作品賞受賞
ツッコミ所は満載ですが楽しく観れるロードムービーです。そのタイトル通り、80日で世界一周ができるかという話で、主人公が様々な場所に行き80日の間にイギリスに帰ってくるという話です。

資産家のフィリアス・フォッグはクラブ内で金持ち達と話をしていた結果、80日で世界一周ができるかという賭けをしてしまう。思い立ったフォッグは執事のパスパルトゥーを従え、熱気球で世界一周をしようと試みるが。。

時代は恐らく19世紀後半の帝国主義の時代。この時期は旅行という娯楽が大衆化してきた時代でもあり、フォッグの挑戦は注目を浴びました。旅行会社の生みの親ともされるトマス・クックが世界一周ツアーなどを開催していたのもこの時期であり、ある種のブームだったのかもしれません。今でこそ世界一周は容易に行え、ましてや80日というリミットはかなり簡単なのだと思いますが、当時は飛行機もまだない時代でしたから相当難しいものだったのでしょう。

さて、フォッグは東回りで世界一周を行なっていきます。スタジオで撮影されたものが大半なので実際に現地に行っているものではないそうですが、日本も出てきまして果たしてあれも風景画像からの編集なのでしょうか。確か平安神宮が映っていましたが。ともあれフォッグはさまざまな場所で色んな人と出会い、そしてたくさんの出来事に出会ったりします。波乱万丈、とまでは行かないかもしれませんが自然とフォッグを応援したくなる、明るくて温かい映画であります。これが作られたのは1950年代。まだまだ世界一周なんてメジャーではなかった時代でしょうし、鑑賞者に夢や希望を与えた作品だったのではないでしょうか。なお、終盤に、誰が出ていたでしょう。というクイズが出されます。今作、有名な俳優が脇役でかなり出ていた世界初のカメオ出演作品としても有名だそうです。一体何人のカメオ出演を探せるのでしょうか。。こういう遊び心が、もしかしたら当時の鑑賞者にもう一度劇場に足を運ばせる気にさせたのかもしれません。
kaho

kahoの感想・評価

3.8
小説読んだときとはまた違う面白さ。
エンドロールのアニメがすごくイギリス〜で良い
as

asの感想・評価

3.4
長かった〜
インドが楽しかった
この時代に世界は狭すぎるって言ってるのすごい
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・18/10/16:NHK-BS プレミアムシネマ【初鑑賞】
少年心くすぐる、ワクワクドキドキほとんどオールロケ世界一周。
数多くあるジュール・ヴェルヌの映画の中でもダントツに面白い。

本作は50年代中頃の撮影で、まだ世界中でその地域の原風景がしっかりと残っている時代であり、それをうまく風景として使っているので記録映画としても楽しく見れる。

劇中のフォグ氏はデイビッド・ニーブン最大の当たり役であり、彼のキャラクターを最大限に活かされている。

こんな時代に旅行がしたかった!
MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
「プレミアムシネマ」にて。原作は大好きで何度も読んでいて、あのラストは「史上最高のどんでん返し」だと思うわけです。まぁそんな思い入れたっぷりの状態で見始めると、いきなり気球に乗ったり、スペインで闘牛したりと、原作にない場面が続いて非常に不安になるのですが、そのあとは概ね原作通りで安心しました。ちゃんと日本にも来てくれます(パスパルトゥが鎌倉を歩くという風情のあるシーンも)。

俳優ではパスパルトゥ役のカンティフラスがいい味を出していたし、なんいってもアウダ姫役のシャーリー・マクレーン(デビュー2作目!)が可愛いのなんのって。あと、ソウル・バスによるアートワークも素晴らしかったです。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

3.3
世界旅行をしてるような気分になる作品
フォッグ氏にしろトッドPにしろ金持ちはスケールが違うという映画
トゥイーティーの80日間世界一周でオチ知ってたからあんまりラストは楽しめなかった…
zak

zakの感想・評価

2.0
かいつまんで言うと、お金持ちの英国紳士が飛行機のなかった時代に、80日間で世界一周できるか?という賭けに挑戦する話。

正直なところ、旅気分を味わうと言うよりかは、旅先で巻き込まれるトラブルを描いた側面が強いと感じました。
そしてその1つのエピソードが割と冗長で、間延び感があったことは否めない。(ハッキリ言って長いです…)

しかしそのトラブルの大半を解決してしまう、おちゃらけた召し使いの優秀さよ!(笑)そして途中、大金の入ったバッグから目を離す瞬間があってソワソワした。(笑)まあ結局は金がものを言う感じでしたけど。σ(^_^;)

結構時代を感じさせる映画ではありましたが、約60年前の作品という事を考慮すると、映像もキレイで物凄くお金がかかっているな〜といった印象。

よくTV番組なんかで流れる「Around the World」という曲は、元々この映画のテーマ曲だったんですね〜。耳に馴染みがあるので、思わず鼻歌を口ずさんでしまうほど。(笑)

世界一周とは言わないまでも、日本一周ぐらいは死ぬまでに達成したい!
Liiii

Liiiiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

学校の文化人類学の先生がオススメしてたからやっと観てみたけど、うーん、、、って感じだった。飽きてしまった。
でも、家のセットが最高に可愛かった。
オススメした先生は、インド専門にしてる先生で、授業でもインドの文化を学んだけど、この映画の主人公達がインド行った時に死んだ旦那と一緒に生き埋めにされかけた人を見て、あっ確かヒンドゥー教にこういう文化あったなって思い出せたからちゃんと講義聴いててよかったって思った。(調べてみたらヒンドゥー教のサティーっていう儀式だった)
多分、世界史とか世界の歴史、文化をよく知ってると面白いって思う映画かと思う。
昔の映画で、しかも訪れる数少ない国の中に日本が入ってたのは嬉しいと思った。
>|