きっと、うまくいくの作品情報・感想・評価・動画配信

きっと、うまくいく2009年製作の映画)

3 Idiots

上映日:2013年05月18日

製作国:

上映時間:170分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「きっと、うまくいく」に投稿された感想・評価

光一

光一の感想・評価

4.8
深刻な社会問題に触れながらも、映画として必要な「喜怒哀楽の網羅」「起承転結の正確性」「伏線と驚きの設置」等々がとことん突き詰められた凄まじいインド映画でした!

5回目の視聴だったけど、やっぱりこの映画がNo.1。この映画を超える作品にこれから出会うことはできるのかなあと思う(笑)。
でも、いつか出会えると信じて、4.9、5.0は空けておきます。「映画」という素晴らしい文化がこの世界にあって良かったです。

(主演のアーミルカーン。ふと調べてみたら、社会活動を滅茶苦茶やっている凄い人でした…リアルランチョーなのかな…)

ストーリー点5
監督点4
役者点4
映像音楽点5
印象点5
エモーショナル点5
追加点0.1
総合点4.8

ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算
桃缶

桃缶の感想・評価

5.0
間違いなく名作
学ぶということ、友情、愛情、人生の大切なことが詰まったバイブル。人生うまくいかないなぁ〜って時にまた観たい。暖かい涙が流れる。豊かな感情でいっぱいになる。本ではないが、読後感が良い映画。
プラド

プラドの感想・評価

4.0
自身を省みることができる映画。
いまいち自分に正直になれず、自分の想いや感情を押し殺してまで、責任を果たそうとしている生き方が嫌になる。本当の幸せとは心の充実感。自分を見直す良いきっかけになった気がする。
AKANE

AKANEの感想・評価

-
バーフバリに続きインドものを。

可愛いミュージカルシーンと、たまに挟まれる「ポヨヨン」みたいなわざとらしい効果音のせいか、長い映画だけどインド映画らしさを楽しみつつ飽きずに観られた。

インドの学歴社会の影を描いた作品でもあり、随所に日本社会にも通ずる教訓がちらほら。

ヒンディー語?と英語が混ざった話し方はインドのインテリならではなの?それともスタンダードなの?それがずっと気になった。
インド映画の雰囲気が苦手で、避けていたものの高評価が多いので観てみたところ、大当たり!!!

笑えるシーンもたくさんあって、今と過去の見せ方もごちゃごちゃにならず見やすくて楽しかった!

最後はさすがランチョー(≧∇≦)
チャトルも憎めないキャラで好きです
でも出産のシーンはツッコミどころ満載‪w
Akina

Akinaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

初インド映画だけど凄く面白かった。
ラストまでスッキリ!
最初はランチョーって誰やねんから始まるけど、ランチョーの良さを知ったあとの再会のシーンは感動だった!
本編は長いけど飽きずに観れた。
erika

erikaの感想・評価

4.0
大学時代の仲間って永遠よね
ランチョーの学校に通いたい
良作。インド映画、ところどころミュージカルが入るから余計だと思ってあんま好きじゃなかったけどこれはうまいタイミングでミュージカルが入ってる。ストーリーも良かったし時折笑えるコメディ要素が、アメリカンなブラックジョークとはまた違ってクスリと笑えるジョーク。
TY

TYの感想・評価

3.3
長すぎることと色彩があざやかすぎること。それと、ダンスがなかったらもっと好き。
ネットのおかげで善悪、右左、上下、白黒、天地、諸々を多数決で決めてしまうからレビューってつまらない。
>|