チャンス!の作品情報・感想・評価

『チャンス!』に投稿された感想・評価

askat

askatの感想・評価

2.3
ほぼ再生ミスのように始まり、いまいち掴みどころがないから、もう少し観たら分かるかな?なんて観ているうちに終わった。難解系でも不思議系でもないんだけど、ずっと置いてかれてた。
パッケージと邦題がより分かりにくいですが、コメディです。ただ一番笑えるのはfilmarkが50以下ってことですね!

アイルランドにも多様性は訪れていて、移民も含めて色んな種類の英語が聞けたのはよかった。アイルランドの歴史に詳しければ笑えるシーンもあるのかもしれない(?)
tk

tkの感想・評価

3.0
アイリッシュ英語の中でも難解な北アイルランド訛りの英語が楽しめます。

個人的にヨーロッパのコメディが好き。
犬

犬の感想・評価

3.1
息子

北アイルランドの骨董店で働くアメリカ人ジョーは、銃を突きつけられ慌てて店内に逃げ込む
しかしそこにはマシンガンを持った強盗犯がいて、ジョーは人質になってしまう
やがて店は特殊空挺部隊SASに包囲されるが、何故かジョーを強盗犯と勘違い
そんな中、強盗犯が盗んできたのはマフィアのボスであるマッド・ドッグのものであることが判明する……

ブレンダン・フレイザーが主演を務めたイギリス製クライムコメディ
監督・脚本はテリー・ジョージ

冒頭からスゴい

メチャメチャな話

いろんなものが絡む
中と外での攻防
どうなるのか

笑い
ドラマ要素もあります
riekon

riekonの感想・評価

3.0
このジャケはバリバリアクションって感じだけど全然違うよ(笑)
ドタバタコメディでしたよ。
ソファに隠れてた子供たちが可愛い。
街並みとお店も可愛いかったな。
フイッシュ&チップス食べたい。
ある組織から逃げて北アイルランドの骨董店で勤務し始めたジョー(ブレンダン・フレイザー)。
その頃妻帯者だがマフィアから借金をし追い詰められていたジム(マーティン・マッキャン)は魚市場を襲い事務室から鞄を奪った。
しかしその鞄にはマフィアのボスが隠していた物が入っていた。
ジョーが働く骨董店に逃げ込むジム。
ジムの母親がかつて付き合っていた相手がジョーだった・・・。

日本劇場未公開作品。

『ハムナプトラ』で人気が出たブレンダン・フレイザーですが、こんな作品に出演していたとは(^_^;)
一応、この作品の監督は『ホテル・ルワンダ』撮ったテリー・ジョージですが…。

山場らしい山場がよく分からないし、ブレンダン・フレイザーもガタイが良いだけで持て余し気味だし(笑)

アクションとかサスペンスというよりコメディなんで、空気が読めないキャラ達には笑わせてもらったりしましたけど。
確実に記憶から消される作品です(^_^;)
Ryan

Ryanの感想・評価

2.6
まず、ブレンダンフレイザーって何者⁉︎
結構みるけど、ファンは少ないしコメディーっぽいのが多いし、なんともおもわなしww
この作品も面白く作ろうとして色々ミスってしまった作品。
それにしてもこれみてる人少ないですねwwwそこに驚きましたよw
特にみなくて大丈夫です。
ストーリー説明するのも面倒くさい映画ですwww
jun

junの感想・評価

3.5
「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー主演のクライム・コメディ。

ちょっとおバカで、憎めない登場人物が、いつの間にか立てこもり犯人になってしまい・・・。警察にSAS、ギャングもからんで事態は混迷していくばかり。でも最後はスッキリ。

楽しい映画でした。
2015.7.21鑑賞
mdyk

mdykの感想・評価

3.3
アイリッシュなまりの英語、街並み、ユーモア、赤毛、、、全部が懐かしく恋しい!
はるな

はるなの感想・評価

3.0
「ハムナプトラ」のブレンダン・フレイザー主演という事で鑑賞。
アクションに分類されていましたが、コメディー色が強く、それはそれで楽しめました。
そもそも主役が骨董品店の店長って所から地味で、悪党達の間抜け具合も地味、強盗に使う武器も地味と、その地味さで笑いを誘う作戦かと勝手に想像しました。

あなたにおすすめの記事