テルアビブ・オン・ファイアの作品情報・感想・評価・動画配信

「テルアビブ・オン・ファイア」に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

3.0
【もう少し面白くなりそう】

イスラエル人とパレスチナ人。
不倶戴天の敵(?)ながら接して居住している両民族が、テレビドラマのシナリオをめぐって右往左往するという、ちょっと面白い筋書の映画。

もっと面白くなりそうなのに、やや惜しい、というのが感想。

劇中劇というか劇中テレビドラマの筋書がもう少し振幅が大きくなったり、或いは現実(映画の中の現実です)と接点を持ったりすれば、結構な傑作になったでしょうに。

その辺の、設定のネリというか脚本のネリが、わずかに足りない気がしました。

なお、劇中テレビドラマの女スパイ役、『アメリ』で有名なオドレイ・トトゥに似ていて、てっきり彼女かと思っていましたが、最後のテロップを見たら違っていて、ふうむ、似た女優はいるものだな、と痛感させられたことでした。

このレビューはネタバレを含みます

イスラエルとパレスチナの間で、マリアムとタラの間で、アッシとスタッフ達の間で…とにかく板挟みにされ続けるサラームが災難すぎる。

なんでも自分の思い通りにならないと気が済まないやつっているよなー。それで映画に低評価つけたりね。
ハリウッドでも脚本家がナメられてて、監督や演者のワガママで勝手に筋書き変わったりとかするらしいけどそういうのをパロってるのかな。

season2の副題「戦いは続く」に中東問題の根深さを感じた。その辺もっと詳しかったらより楽しめたんだろうなとは思う。
INIXVXINI

INIXVXINIの感想・評価

3.0
仕事ってこのくらいがいい。

みーんな適当なんだけどさ。
情勢なんて思いの外よくて、
みんな喜んだらいいよね〜。
って話で合ってる?
sima

simaの感想・評価

5.0
ファイル③

センシティブなシチュエーションもあるだろうにこれをコメディでまとめる素晴らしさよ。転職。season2。
PhilMarks

PhilMarksの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

先の見えない展開は面白く、また、イスラエルとパレスチナに住む人の、その歴史によって、僕らの生活には起こらないような出来事や感情を知ったのは良かった。だが、それまでただの見習いだったサラームが突然素晴らしい脚本を書けるようになった展開が急すぎて、その理由は彼の、座してではなく人の生の会話から話を作る能力によるものかもしれないが、それが描かれている場面も少なく、作中のドラマと同様に話が飛躍しすぎている気がして拍子抜けした。ラストも、イスラエル側からは脅され、パレスチナ側からは制作側の意向もあり、その上で画期的なエンディングを迎えるのかと思いきや、横道に逃げたような印象だった。
フムスって食べ物は初めて知りましたが,どう考えても○゛○(自粛).見た目で損してます.ひよこ豆のペーストだそうで,トーストしたパンや野菜スティック,さらには肉と一緒に食すものらしいです.おそらく,私は一生食べる機会はないと存じます.こんばんわ三遊亭呼延灼です.

パレスチナで人気のソープオペラ「テルアビブ・オン・ファイア」.番組プロデューサーである叔父のコネでヘブライ語指導の任に就いたサラームさん.日々の勤務のためにイスラエル軍の検問所を通ります.そんなある日,ちょっとした騒動のため検問所のアッシ司令官に尋問されますが,咄嗟に番組脚本家と偽って難を逃れようとします.番組はパレスチナ女性に大人気.当然,アッシ司令官のご家庭でも視聴しておりまして,嫁に良いカッコしたい司令官はサラームさんに口出しをしはじめます.一方のサラームさんも急遽ホントに脚本を書くはめになり,そんなアッシさんの助言に助けられます.サラームさんとアッシ司令官の二人三脚の脚本作りは順調に進みますが・・・

イスラエル軍とパレスチナの一般人.両者の力関係を政治マターとして直接描くのではなく,脚本家と検問所司令会という市井レベルまで話を下げた事で,パレスチナ問題を身近に感じられる反面,十分に理解していない(私を含めた)日本人には何が問題なのか,わかりにくくなったというジレンマを抱える作品になりました.
日本人としてはむしろ,中間管理職の悲哀的な物語とグレードを下げた視聴の仕方のほうが共感を得るやもしれません.って言うとアラブとユダヤの人両方に怒られるかもしれません.

ただパレスチナ問題に詳しい人も,ガザ地区がどこにあるのか知らない人も,ガザ?ネオ・ジオン軍のモビルスーツじゃんって人も,ラストの頓知には膝を打つはずです・・・ですよね?
Sophie

Sophieの感想・評価

4.2
言いなりかと思っていたらそうでもなく笑う。即、地中海料理の店でフムス食べた。
ro

roの感想・評価

3.7
オスロを観た時にも思ったけどほんとちゃんとこの辺りの歴史的背景を勉強したいなと改めて思った。あとフムスも食べてみたい❗️
1950

1950の感想・評価

-
最後のために観た感じ。ニヤリとする。

イスラエルのドラマってこんな音楽で、こんな映像なのねー
面白ければいいっていうのもサービス精神だし、視聴者の意見を柔軟に採用して反映させているって考えようによっては…皮肉混じりだがあり?

身近なことをユーモラス且つエンターテイメントにするかは捉え方次第だし、発想の転換で平和的解決なんていくらでもできる!
>|

あなたにおすすめの記事