プリズナーの作品情報・感想・評価・動画配信

「プリズナー」に投稿された感想・評価

エディ

エディの感想・評価

4.5
重く悲しい人間ドラマですが、ミニードライバー演じる母親の最後の行動に少しだけ救われます。それでもやるせない悲しみが後を引く。
tnkay

tnkayの感想・評価

2.7
これから観る方に言いたいのは、めちゃめちゃ重い映画っていうのと、ある程度どういう映画なのか知ってから観る方がいいかも、ということ。
犯罪被害者と加害者の話なんだけど、エンドロールでわざわざ説明される修復的司法とかじゃなくて、どちらかというと『あなたの罪を赦す』というキリスト教の宗教観の話に思えた。
シナリオとしてもどちらを描きたいのか中途半端だし、ジェレミーとミニーの苦痛だけを淡々と…というか終始単調に見せられるので映画として面白いとは言えない。ひたすら重い。
キャストの演技が素晴らしいだけにもったいない映画だなーと思った。
修復的司法について、正直全然共感出来ないんだけど、実際その立場になったらミニーのように出来る、なれるだろうか?
わたしには修復的司法って性善説が前提の話に思えてならないんだけど、犯罪被害者遺族の方にそれ以上に酷な押し付けってないと思う。。
加害者とコミュニケーションをとって理解することで救われる?
いやいや、理解出来てしまった時の方が辛くない?
違うのかなぁ…

このレビューはネタバレを含みます

2014年鑑賞

ジェレミーレナー
死刑囚の男が起こした犯罪に巻き込まれて、幼い息子を殺された女。
その女が、刑務所で死刑囚と面会する。

修復的司法についての作品だそうな。
自分が犯した罪と真正面から対峙させて、心からの反省を促す試み。
再犯率がホントに激減するとの事。

でも。この作品では、女と面会して号泣しながら反省したその日に死刑執行されてたよ?
まあ面会を求めたのは息子を殺された女の方だけどね。
それを拒絶は出来ないのかもしれないけど。いや、出来るのか?

処刑されるその日にはもう、静かに過ごさせてもいいんじゃなかろうか。
でもそれじゃこの男の魂は救済されないまま死んでいくことになるとか何とかキリスト教的な色々があるのかな。
それとも、やっぱ殺人なんていう重罪を犯した人間に静かもクソもあるか、っていう事なんだろうか。
監督が悪い。
シナリオは悪くないし、演技はみんなめちゃくちゃうまいと思う。

カット割りとか、脚本、関係性の見せ方とかをカッコよくしようとし過ぎて失敗してる。

めちゃくちゃもったいない映画。
Kaname

Kanameの感想・評価

4.2
加害者と被害者、両方の立場から事件の前後を観ることができる。
どんどん引き込まれた。セリフ数は少ないけれど、俳優さん女優さんたちの顔、動き、目線から感情が伝わってきた。

私はすごく好きなんだけれど、他の方の評価はあんまりで驚いた。でも観て欲しい!時系列がぐちゃぐちゃになってるから、2回観た方がいい!個人的に字幕の方がオススメ!!!
aceoface

aceofaceの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

評価とコメントが非常に難しい映画。
重い内容なので面白かったとも言えないし面白くないとも言えない。
他のレビュー通りエンドロールで伝えたい事が解る。
ジェレミー・レナーはやっぱり凄い役者だとは解る。
 この映画が訴えたかったことは、最後の最後で分かる。修復的司法。まったくもって初耳。調べてみたら、日本でも似たような動きがわずかにあったようですね。
エンドロールで納得、伝えたいのはそこかもね…。

子供を殺してしまった男と被害者の物語が過去と現在を交錯して描かれる。

ジェレミーは借金持ちでその返済のために
盗みや強盗をしちゃってる男。
被害者の母アナは障害のある子供をそだてながら仕事を探し生活していた。

この映画の要所であろうポイントは知らずに見たので終盤まではなかなか面白く見てた。

サスペンス方面に向うのか重厚人間ドラマになるか、それとも、どん底に突き落とされるような展開があるのかとか予想しながら。

しかし、ある意味予想外…かな。

そんな風に気持ち切り替えられるのかな!?って見てて思った。
実際に経験しないと決して理解できない感情だと思うんであんまり軽々しく言えないが。
それにしても「えっ、そうですか…」って思ったわ。
エンドロールで納得です。
伝えたかったのはそれだったのかも、と。
だからこういうラストなのかも、と。

でも、それだと本当に悪意に満ちた加害者だったら効き目無いと思うんだけどとか考えちゃったわ。

いろいろ考えながら見るのがいいのかもね。
うるい

うるいの感想・評価

4.0
男の子の母親に感情移入できなかったのが、楽しめなかった原因かな…ジェレミー出演してるので4点
観ました。

なんともスッキリしない話。
一体どんなジャンルの映画なのか最後の最後まで分からない。
そして、最後の最後に発表されます。
>|

あなたにおすすめの記事