プリズナーの作品情報・感想・評価

「プリズナー」に投稿された感想・評価

レナーの毛穴を鑑賞する映画

金がないジェレミーレナーがどうにもならなくなって強盗した結果うっかりその場でさらった子供を殺してしまい……という内容を、数年後の刑務所に子供の母親が面会に来るところから回想する、みたいなあらすじ。
いろいろナイーブすぎでは、となってしまった。おそらく修復的面会プログラムを実施している団体からの要請があったのではという感じ。あとキリスト教を舐めてるとしか思えない。
しかし映画全体としてはなかなか手堅くまとまっているのでありました。カメラを借りる金が足りなかった以外の意味が感じられない長回しとかAA化キボンヌと言いたくなるような顔の接写とかそういうのはちょっと苦痛なのだけれど、目線劇やカラーフィルタといった仕掛けや銃に振り回されるシーンなどは実に劇場初監督作品らしい力の入った工夫で、そういう野心が感じられる点はよかったと思う。まあこれとあと1本しか映画撮ってないみたいだけど。

レナーがね……かわいそうな目にあうたびにどうしたらいいかわからなさそうな顔になるのがね……いい……
苺

苺の感想・評価

3.5
死刑囚となった男と被害者遺族の話。
借金を返す為に追い詰められて犯罪を犯してしまうソール。
事件に巻き込まれたジェシー。
色々考えさせられた悲しいストーリーでした。
ジェレミーの表情が印象的だった。
評価低いけど結構良いと思ったけどなー。
クズのような男が何かから逃げてる?

発達障害の息子を持つ母親が何かを探してる?

意味のわからないまま1時間ほど見させられたが、我慢の限界。

どうせ大したストーリーもないのなら、もったいぶらずに順を追って見せてくれりゃいいのに。
やぶ

やぶの感想・評価

3.8
救いようのない悲しさ
淡々と流れていく鬱映画ですが評価低すぎでは?
PARADISO

PARADISOの感想・評価

1.3
AmazonPV

■貧困は悪。

■子は死ぬ気で守るべし。

あれ?デッドマンウォーキング?
スマホサイズで観ちゃいけない部類。
退屈な演出と編集、ジェレミーの眼演技なければ途中離脱モノ。
春

春の感想・評価

3.0
開始3分で全てを悟る。過去に遡るものの、どこか単調すぎてもっと深みがほしかった。ソールの葛藤は見てて痛々しくてよかった。かろうじて役者に助けられた感。
難しい内容がつまらなかった。
理解力がないから静かに淡々と進むストーリーは…つまらなく感じました。

何故借りたのか?。
何故この作品なのか?。
謎です。
santasan

santasanの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

運命が交差し悲しい出来事が起きてしまうが、事を起こしたときには周りの状況もその後どうなるかも他人の運命も考えている訳ではない。迷いは一瞬、でもその判断が間違っていれば結果は重大…である。なにごとも。「あなたを許す」と言われても戸惑いしかないだろう。
辛く見るのが苦痛な映画ではあるが、重くのしかかるテーマをしっかり描いています。
他の人のレビューでもあるように、ラストのテロップをみると冷めます。
表現方法の問題だけに、残念。
1時間半位なので観やすい。
キービジュアルからしてサスペンスかな?と思いますが、この映画でメインなのは事件の真相などではなく、修復的司法により加害者の男と被害者の女が再び対面して話し合い、互いにケジメをつける事です。
本編は事件に至るまでの2人の過去の場面と事件によって狂わされた2人の現在の場面が交互に入れ替わってストーリーが進んで行きます。
男性の過去はともかくとして個人的に女性の過去に関しては日常に近いのでリアル感を感じる事が出来ました。
修復的司法云々関係なくある日突然事件に巻き込まれるという事実がどんなものか2人の男女の事件に至るまでが描かれているのでリアルに感じる事が出来ました。そこが私の中でこの映画で面白かった所です!
でも男性(ジェレミー・レナー)の死刑囚という設定はこの作品が伝えたい事の邪魔にしかならないのでは、と思います……
そして最後の修復的司法の説明で一気に冷めました。まるで修復的司法推進のための教育映画の様な印象になってしまい映画としての芸術的魅力に欠ける気がします。