デッドマン・ウォーキングの作品情報・感想・評価・動画配信

『デッドマン・ウォーキング』に投稿された感想・評価

どちら側にも対等にフラットに描いてて、丁寧に見せてるのが素晴らしい。

それが出来るのが映画の力なのかも。
umakoron

umakoronの感想・評価

4.2


死刑囚とシスターの
実話を元にしたストーリー

必要とされている人の救いでありたい
とのシスターの姿勢と
死刑囚の鬼気迫る演技に
心揺さぶられる良作

被害者と加害者双方の心情が如実に理解でき
死…

>>続きを読む
管理

管理の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

私が以前死刑存廃に関する本や資料を読み漁っていたなかで、印象的だった被害者遺族の言葉がある。

「死刑は命と命を取りかえることではありません。もうひとつの死です。もうひとつの暴力行為に他なりません。…

>>続きを読む
いやん

いやんの感想・評価

5.0

1990年代、まだ若い時に当時は一人で映画館に行くという習慣がなく、よりによって同年代の女性の知人を連れて行き、内容が重くて映画館を出たときに先方は絶句していた、みたいな(ほろ苦いような)記憶もある…

>>続きを読む
rtsoym476

rtsoym476の感想・評価

4.0
ショーン・ペンがこの頃からオスカーを狙い始める。

凄く良い映画でした。
憲

憲の感想・評価

3.3

これは素晴らしい作品だと思った。
ショーン・ペンとスーザン・サランドン。この二人の演技力がとてつもなかった。

死刑囚とカトリックのシスターの心の交流を通じ、人間の魂を見つめた感動作。

最後のショ…

>>続きを読む
殺してはならない
自分の身になってわかる気づきが
遅すぎた
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

2.9

☆フラッグデイ公開記念:ペン兄貴の超絶演技再確認レビュー


ルイジアナ州ニューオーリンズ。黒人街セントトーマス教区で、貧しい子供たちに学校を開くシスター・ヘレンは、ある日州刑務所から1通の手紙を受…

>>続きを読む
死刑制度の是非。
被害者側、加害者側で意見が対立するのが当然というのが良く分かる映画。

終始、重たいが素晴らしい映画だと思う。
最後のスプリングスティーンの曲が印象的。

映画について何か書くとき、いくつか意識的になるべく避けているワードや表現があって、「演技力」とか「誰々の演技が上手/下手」はその一部だ。
これはわたしに「演技」の構造を分解して語れるほどの知識体系や…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事