ランボー 最後の戦場の作品情報・感想・評価・動画配信

ランボー 最後の戦場2008年製作の映画)

RAMBO

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.5

「ランボー 最後の戦場」に投稿された感想・評価

U

Uの感想・評価

-
2020.2.25 amazon prime #23

ひとつの誤った選択がただちに死に結びつく極限状況のなかで、ランボーが、傭兵たちとともに、平和的なアメリカ人たちを救いに行くという物語。行く、捕まる、助ける、逃げる、そして戦う、という物語の基本的な枠組みは見る前から明らかなわけだけれども、90分という本編の上映時間から明らかなように、ランボーや傭兵たち(彼らもまた戦うプロフェッショナル)の動きに無駄がない。
Yorukishi

Yorukishiの感想・評価

3.5
過去作品とは違う雰囲気だけど好き
ランボーというよりかは、ジョンな感じだけど

スタローン本人が監督ということもあって
First Blood(ランボー1)へのリスペクトを
感じる部分がありました
3から20年。
ww2時代のイギリス製爆弾がミャンマーの山奥で大爆発。よかった。
今回も人がブチブチとちぎれて死んでた。
途中の傭兵チーム、すぐ死んじゃうかと思ったら結構活躍しててよかった。
Mao

Maoの感想・評価

3.9
分かってたけど死去した後だったので、大好きな大佐の出演叶わなかったのが悲しい💦始まって秒で、ミャンマーの見るに耐えない残酷な映像が………まさか実際の映像……?ミャンマーで市民虐殺が起きていた事実、この映画観るまで知らんかった。ミャンマー政府に警告されながらも作り上げたなんで凄すぎる。てか、シルベスタースタローンの声低すぎて地面揺れそう。ランボーってこんなにグロい映画やった!?最近見た中で一番無慈悲でグロかった………子供が虐殺されたり、爆発して胴体バラバラになるシーンが普通にある……今までこんな直接的なシーンなかったからしんどすぎた。。後から解説見ると、戦争に対する残酷さ無慈悲さを、スタローンが嘘偽りなく伝えたかったからこその演出だそうで。残虐すぎてストーリーが全然頭に入ってけぇへんくらい。しかし、敵の背後にいきなり出てくるランボーはどこからどう見ても悪役にしか見えへんからウケる。20年ぶりの続編で、スタローン歳を重ねるにつれて味が出過ぎて、初期の冷酷な暴れ馬感があんまり感じられへんかったのが残念。ランボー10部作くらい作って欲しかったなぁ。
戦場で綺麗事は通じない。
前作から20年経ってるから、スタローンの老いは否めず、戦い方や構成の変化はあった。だが、善悪がシンプルで見やすかった。
ランボーが途中から傭兵を率いてたのは笑った。
2020|33
Ⅲからだいぶ時間たって、ランボーだいぶおじさんになってる。図体でかいし、ゴツゴツした岩みたいな顔だし、あんな人東南アジアで暮らしてそうだよね。「あの人っていったい過去なにがあったのかしら…」ってみんな思ってるけどツッコミづらいよね…🤭

生々しい描写が多いね。Ⅲまではけっこうアクション映画で娯楽としての殺し合い描写ぽかたのに、今回は虐殺とか血生臭い。まじこえぇ。ヤメて!ってなるね…

ランボーがちょっと好意抱く女性、ニコール・キッドマン似てる。そんでもってクソみたいな男(そんなことないかもだよね、この男の人だってちょっと肝っ玉と器が小さいだけでふだんはたぶんいい人だよね)のことが結局すきなんかいィ


今年ランボー新作あるのまじウケる笑
やし

やしの感想・評価

2.5
2008年製作、
アフガンで虐殺ランボーをやらかした前作(1988年)から20年振りの続編。

ランボー2.3と流れで観直したことだし、せっかくなのでと。
コレは初見。
でもここから更に続編(2020年日本公開予定)もあるのか。
(本作のサブタイトル『最後の戦い』なんですけど……。この業界ではよくある話か)


この4作目は主演、監督、脚本全てをランボー…じゃないスタローンが担うランボー愛が詰まった作品。
ロッキーもだけど、スタローンは作品を大事にしてる気がするね。


で、本作ではどういった方向から攻めてくるのかと思いきやオープニングから目を背けたくなる衝撃映像……


前作同様、タイで世捨て人暮らしをするランボー、
そしてふとしたことから隣国ミャンマーで起きている民族紛争に身を投じるランボー、
…と言っても革命を起こすとかではなく、あるNPOの女性、ただ一人のために戦場に赴く。
これがなかなか熱い。

前作ではこれでもかというぐらいの殺戮が目に余ったし、今作でも人はよく死ぬが(しかも人体が吹っ飛ぶ、バラバラになるという衝撃映像の数々)、
今作のランボーは重ねた年齢の効果もあって、渋い。

ここに居たいやつなどいない
だが、俺たちにはやることがある

ムダに生きるか
何かのために死ぬか


傭兵たちにボート屋とバカにされつつも、敵の軍事政権にビビった傭兵の前に颯爽と現れ弓矢を射る!
(ランボーといえば!)
そしていつの間にか彼らを率いている。

今作の敵(役)が、"人を人と思わぬ所業"を体現している清々しいぐらいの悪役なので同情の余地も皆無。

暴れまわるランボーをついつい応援しちゃう。
アクションの見せ方も上手いしね。


あのラスト、ランボーの心情は如何に。
Teruo

Teruoの感想・評価

3.8
暴力を止めるには暴力しかないのかな?
カンボジア系糞迫害将校がなんかリアル。
地雷の上で徒競走はきちい。
赤ちゃんが死ぬシーンもあえて撮っています。民族浄化のリアルを伝えたかったのかな。

『ティアーズオブザサン』と併せてどうぞ。
LOST

LOSTの感想・評価

3.5
タイで暮らすランボーは、ある日内戦地のミャンマーへボランティアに行くというグループをボートで渋々送る
しかし、彼らは捕まってしまい、アメリカは傭兵部隊を送ることになる
ランボーはボランティアグループを救う為、再び戦いに身を投じる…

ランボーは歳をとっても強いなぁ

今回はランボーにも傭兵部隊という仲間が居てよかった🙂
まあ、スクールボーイくらいしか目立った活躍は無かったけど…

あと、前作までと比べると爆発とか銃弾による損傷がちょいリアル🩸

トールボーイとクレイモアの組合せが凄い威力でビックリ💣

アメリカから来たボランティアらは偽善といえば偽善かもだし、彼らのような人に助けられている人も少なからずいるだろうし、なんとも言えないよね
ただ、マイケルはなんか腹立つ

トラウトマン大佐役の人は亡くなってたから回想だけだったんだね…😔
スタローン、迫力の演技、すごいなあ。バイオレンス、「戦い」へのこだわりが、彼を突き動かしている。その先に平穏がもたらされるのであればいいが。
>|