ランボーの作品情報・感想・評価・動画配信

ランボー1982年製作の映画)

First Blood

上映日:1982年12月18日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.8

「ランボー」に投稿された感想・評価

ちぴ

ちぴの感想・評価

4.0
不朽の名作。
いつ観ても戦うことしかできないランボーの境遇に、おいおい泣いてしまう。
ラストの大佐と話すシーン、こんなに悲痛な叫びがあるだろうかと初めて観た時悲しくて仕方がなかったです。
ナツキ

ナツキの感想・評価

3.0
ランボーって、ランボーが銃と爆薬で敵に無双する話でしょ?くらいの偏見に満ちた酷い知識だったので、鑑賞しました。

ランボーは、戦争で傷ついた哀愁のある悲しい人なんだと悟り、今まで誤解してて、本当にすみませんでしたと、謝りたくなりました。
今で言う完全なるベトナム戦争のPTSDだけどそれすら認められず帰還兵と言うだけで職も無い。唯一心を開ける部隊の仲間も後遺症で全員死亡。体に受けた傷より心の傷のほうが深い。
アクション映画のイメージが強いけど、実はとても悲しいストーリーだと思います!
傑作です!

ロッキーを観終わり、ランボーへ。
スタローンはまだまだ楽しませてくれる。エクスペンダブルズもあるので。
はやし

はやしの感想・評価

5.0
やっぱりランボーは最高だなぁ。
スタローンだからこその味のある泥臭さが最高に大好き。
yumiko3038

yumiko3038の感想・評価

3.0
ベトナム帰還兵のジョン・ランボーが警察に不当逮捕されるお話。警察は権力と武力でねじ伏せようとするが….

実は初鑑賞。どんぱちやるだけのお話と思い込んでいました。ランボーは食事がしたかっただけなんだよ!それなのに、容赦なくランボーをを追い詰める。追い詰めたって無理無理。ナイフ一つでなんでもできちゃう。

ランボーを追う警官の意地がね。意地って厄介だよね。あと、権力者のいじめってほんと、観てて胸糞悪いね。

こんな寡黙で屈強な男が男泣きするシーンはインパクトが大きい。戦争の悲劇と、殺人兵器に仕立てられた人間の戦争後の悲劇のお話でした。
kkmovoftd

kkmovoftdの感想・評価

3.7
なんとなく話には聞いてたけど、この一作目は世間的なランボーのイメージとはかなり違って、ひたすら惨めでかわいそうな話。何となくシリーズの流れとして、素晴らしいけど地味な一作目からシリーズ化でエンタメ大作に、という流れは、エイリアンの一作目がSFパニックじゃなくむしろスリラーだったのに近いかも。昔イギリスでもフォークランド紛争の帰還兵が殺人を起こして山籠り、警察が手も足も出なかったって事件があったと思うんだけど、今検索しても何も出てこない。夢だったのか、それともこれも別の映画の話だったのか。

『ディア・ハンター』とか『ローリング・サンダー』とか『ウェルカムホーム・ソルジャーボーイズ』みたいな、所謂ヴェトナム帰りもの。わざわざヴェトナム帰還兵の苦難をここで述べるまでもないけど、でもヴェトナム帰りに限らずとも、現代でもこのランボーのように破綻寸前の精神の均衡をギリギリのところで必死に抑えながら、平静を装って懸命に生きてる人は少なくないんじゃないかと思う。そんな人に悪意をもって接したらどんなに悲しいことが起きてしまうか。どんなに必死に守ってきた均衡も、一度崩れてしまえばそれを取り戻すには信じられないほどの時間と手間が必要になる。
岡本喜八の『斬る』でもそうだったけど、少しでも社会的優位に立っているように見えると途端に相手を見下す、というのは本当に浅薄で唾棄すべき態度だと思う。そんなものは全て偶然の上に成り立つ砂上の楼閣に過ぎないのに。誰かが苦しみながらも懸命に抑えてきた均衡を、心無い態度や言葉で台無しにしてしまうなんて、そんなことはあってはならないことだと思う。この映画では彼が元グリーンベレーだったから仕返しもここまで大きくなったけど、誰にだって誰かを傷つけることくらいわけなく行えてしまうのが我々人類なわけで、ひょろっとしたダビデが簡単な道具でたやすく筋骨隆々のゴリアテを斃したことは周知のこと。

ラストでランボーがかつての上官に抱きつきながらオイオイと泣くシーンは本当にかわいそうだった。こんなに暗いヴェトナム帰還兵ものの映画がほんとに当時アメリカでヒットしたのかなと思ったら、興行収入はあんまりだったみたいですね、やっぱり。でも無口無表情のスタローンの内に渦巻く昏い感情がジワジワと滲み出てやがてバイオレンスとして発露する流れは見事で、思ってたより全然素晴らしい映画でした。FunkadelicのMarch to the witch's castleを久しぶりに聞こうかしらね。

このレビューはネタバレを含みます

『ランボー』(’82)
First Blood / アメリカ合衆国 / 英語

ホリデーランドに入る前の背景の山々が美しい町。
全体的に「ベトナム戦争の傷跡」が主題となっている作品で、本作を「スタローンの問答無用殺戮映画」と思っていた自分にとっては意外な展開だった。


ジョン・ランボーはベトナム戦争での戦友・ベルメアを訪ねる。
しかしベルメアは、枯葉剤で癌になり、既に亡くなっていた。
ホリデーランドに行きついたジョンだったが、その町はよそ者を受け付けない保安官がおり、ランボーは町から追い出される。
しかし、保安官の言うこと聞かなかったランボーは逮捕されてしまう。
最初は指示を聞くものの、捕虜だった記憶がトラウマとして呼び起こされ、保安官たちをボコボコにして、ランボーは警察署を逃げ出してしまう。

ランボーを追って保安官の一人が犠牲となる中、ランボーの正体が判明する。
ランボーはベトナム従軍時、元グリーンベレー隊員で、戦争の英雄だった。
当時の上官が現場にやって来て、保安官たちを説得するものの、仲間の一人を殺された保安官側も引くことができず、山林の中に立てこもったランボーは、州警察や保安官たちと一人で対決する。


鑑賞していて思い出した作品は『プレデター』で、スタローンがプレデターのようだった。
正体不明の孤高のランボー相手に、地元保安官や州警察が挑む。
ゲリラ戦では異常な生命力と適応力を駆使し、危機的な状況でも必ず生き残る。
バイタリティの高さが売りのランボーだが、PTSDによって苦しんでおり、トラウマを抱えるランボーの恐怖の目が印象的だった。

個人的には保安官の言い分も理解でき、実際住民を巻き込んで大パニックになってしまったわけで、保安官がわからしたら「そらみたことか」というところ。
住民を守るために問題を起こしそうな来訪者を排除したいという気持ちが行き過ぎる。
しかし、暴力的過ぎて返り討ち。
見極め能力が足りなかった保安官がやはり悪いということにしておこう。

スタローン無双アクションを鑑賞したい方には本作は勧めない。
子供には難し過ぎる作品になっているので、「シュワちゃん無双」とも違う。
もしスタローンの主演作品で本作を初めて鑑賞していたら、自分はスタローンに苦手意識を持ったことと思う。
もっと素直な作品の方が、個人的には好みだった。
正義の皮を被った悪に立ち向かう孤高の戦士に当時の少年たちがゾッコンになるのも頷ける。
鑑賞前はランボーが単なる戦闘狂なのかと想像していたが、ラストの昔の上官との会話にはPTSDに苦しむ様子などが汲み取れ、一気に人間味が増して感じられた。
ベトナム戦争が枯葉剤など非人道的な兵器を持ち出したばかりに駆り出されただけの兵士が非難されてしまうのは何とも悲しい現実に考えさせられた。
まっす

まっすの感想・評価

3.6
ポプテピピックを観る前に観たかった

ラストシーンをみせるための90分だろうに集中できなかった

ラストにこの映画の全てが詰まってるのでちゃんと観たほうが良い
>|