ホース・ソルジャーの作品情報・感想・評価

ホース・ソルジャー2018年製作の映画)

12 Strong

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための…

2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される──。

「ホース・ソルジャー」に投稿された感想・評価

インフィニティ・ウォーを鑑賞6回ともなれば他の映画に飢えてくるってもんです。
前々から気になっていたこの映画、12人 VS 5万人という数字を見れば昔13人の刺客や300を観に劇場に走った私の血がたぎってなりません。ですが冷静に考えるとノンフィクションでこれはありえませんね。やはり何かありました。反タリバン戦士を従えるドスタム将軍と敵の位置座標を確認しアメリカの航空機に空爆させるという作戦でした。

タイカワイティティ監督がバトルロイヤルで生まれ変わらせたソー。
そしてインフィニティウォーでカタルシスを見せたソー。そんなソー演じたクリヘムが演じるリーダーシップ溢れるネルソン大尉は仲間を率いているはずが私はおろかこのアメリカ万歳映画に一番共感できるアメリカ人鑑賞者でさえうまく率いていない気がしました。

中盤で主人公であるはずのクリヘムが興行収入のためにキャスティングされた感が否めないほどに今までのどのクリヘムよりも浮いていて日本の誇張された宣伝に納得です。
主人公はクリヘムではありません。そう、主人公は反タリバン勢力を率いるドスタム将軍だったのです。

このおっさん、敵かどうか分からない群衆に空爆を拒否するクリヘムにトランスシーバーで今アメリカ人といるぜええええええはっはっはっはお前らを攻撃してやるぜぼぉけぇえがぁぁあと伝えると
相手側がファァァアキィィイイイン!!!皆殺しにしてやるよ覚悟しろと返事してきたのでほらな?と確認するドスタム将軍に目が点になるクリヘム、
アメリカ人が死ぬとドスタム側に不利な条件があるのでお前らはここにいろと言い直感的に行動したり
クリヘムにお前らは甘い、生きてることが幸せだと思っている、敵は死んでからが楽園だと思っている、そこの違いだと諭したり最後で縄張り争いになるからという理由でクリヘムの説得もむなしくあばよと去るも最後の最後で絶体絶命の時にしれっとしずかに登場して共闘し敵のリーダーの頭をぶちぬくドスタム将軍。

アメリカを救った戦士

「ドスタム」 公開中
実話の戦争映画。

馬に弾があたらんあたらん。
1人デニスにしか見えん
馬に乗って戦うマイティーソーじゃ。
iku

ikuの感想・評価

3.6
Before watching this movie, I thought it was the fiction one, but it was not fiction. I was shocked when I heard that. Can you believe that 12 soldiers riding horse beat 5,0000 men?
とも

ともの感想・評価

4.0
勇敢な12人の精鋭!誰一人として欠けずに戻ってきたのは素晴らしかった。世界貿易センターのテロのあとにこの様なことが起きてたことは全く知らなかった。アメリカに行った際は世界貿易センタービルの跡地に行ってお祈りしたいと思う。
か

かの感想・評価

4.0
イケメン(クリス・ヘムズワース)
みるぞ~(⌒▽⌒)

という軽い気持ちで見始めたのを後悔した

戦争映画は割と好きなので
結構見てるけど、主演補正抜きにしても
個人的にかなり上位に食い込む作品となった

かつてこんなに出陣前のドラマを丁寧に描いた映画があっただろうか(普通にあるかもしれない)

激しい戦闘だけでなく
戦争の動機 背景 同盟 民族 作戦と
様々な要素がよく練られていて
最後まで飽きずに見れた

戦争に馬?ネタかな?なんて思って
見ないのはもったいない
特に戦争映画ファンは必見です

結局、クリス・ヘムズワースはかっこよかった😶
2001年9月のアメリカ同時多発テロを受けて開始された、アフガニスタンにおけるテロ掃討作戦の先陣を開いたグリーンベレーの極秘任務を描いた戦争映画。12人のグリーンベレー隊員が馬に跨がり、5万人のタリバン兵士を相手に首都陥落の決死作戦を成功させた知られざる実話を…って、北部同盟のお飾り感がやばい。あと、クリヘムのカウボーイ的突撃シーンの、「主役には絶対玉が当たらない」安定した空気も半端ないことになっている。前半は作戦の全容がわかりずらく集中できないのだが、北部同盟の将軍や少年兵士との心の交流エピソードに転じてからは、勧善懲悪系アクションのストーリーラインがきっちりと成立し、メリハリのある活劇となっている。グリーンベレー隊員はネイビーシールズよりも爽やかで理知的なキャラクター造形がされている。
2018.5.22 映画館(字幕)
2018年 77本目

『マッド・マックス』と『ハクソー・リッジ』を足して5で割った感じの映画。
今度のクリヘムはムジョルニアでもストームブレイカーでもなく、馬と銃でタリバンと戦う。正直、前半の作戦の説明とか、敵地での派閥とか難しくて軽く流してたんだけど、中盤からはそんなこと忘れるくらいの壮絶な銃撃戦だった。文化も言語も違う戦地で、見方かも敵かもわからない状況で戦う難しさ。
これはもう、12人の俳優さんに拍手がしたい。戦地で馬に乗って駆け巡っていた役者さんにも。過酷な撮影だっただろうな〜。瞬き忘れてのめり込んだ。原題を変えて『ホース・ソルジャー』に、日本人にわかりやすくなったけど、本当にホース・ソルジャーだったよ。
また一つ あの場所が、自分が死ぬまでに行きたい海外スポットに追加された。
marumaru

marumaruの感想・評価

4.0
緊迫感があり見応えがあった
軍人さんの仕事ってすごいなと思った
たけし

たけしの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

これが実話?!
凄いです。 あんなに過酷な任務を果たすがためにわざわざ部隊に復帰するとは。
しかも実戦経験がないにもかかわらず。
よほどのスキルの持ち主だったのか、この部分は映画だけの作り物なのか?

米兵は空爆地点を連絡するのが任務。
その為には現地の案内人が不可欠であり、異国兵との文化や考え方の違いを乗り越えて信頼を勝ち取ることが第一の任務!
立場の違いから米兵を守りながら戦わねばならない現地兵士の過酷さ。守れなければ家族にさえ辛い仕打ちが待つとか。とても想像もつかない現実を知り、1本で戦争の全てを語り尽くした映画などはないのだと思い知りました。

米兵を守る役目の少年兵士の設定はとにかくインパクトが強かったです。

クリスヘムズワースは人を殺したことのない家族思いの父親で隊を率いる上官役(本当にそんな人いそうで、事実いたんだろうが)バッチリハマってました。

クライマックスの銃撃、戦車、地対空的なM21砲(?)とかいう凄まじい兵器、ランチャー、しまいには爆弾を体に巻いての自爆攻撃!
ありとあらゆる武器があちこちで炸裂し、何に対して身を構えればいいのか、手に汗どころか、自然に身を固くして観させるほどの凄まじい迫力に圧倒されました!

見所満載!
もっともっと書くことあるはずだが書ききれない。

グラウンドゼロにある乗馬の兵士が彼らだと知り、納得できました。

観てよかった!
sally

sallyの感想・評価

4.0
本作品大変に迷ったあげく見に行ってきました。
まずは、クリス・ヘムズワースって、本当に現在ノリにのっていますね。
後を追うようにマイケル・ペーニャもノリにのっていますね。
本作品、ニコライ・フルシー監督で、本作品がデビューぽく、デビュー作品としては大変に良く出来ていました。
まずは、宣伝と内容とは少しずれているとは思いますが、あの911の事件から極秘で行われたとしても、凄い案件ですね・・・・
タリバン側の考え方なども表現されていますが、やはり、自分本意な行動とい少しムッとします。
中東などの部族問題は、やはり考え方の違いによるモノだと思いますが、しかし、あれだけ凄いと、戦争を知らない日本人の私にとっては凄い衝撃かな・・・
ま、見方によれば、今の日本人が持っていない、国を想う闘争心など、考えさせられるかな・・・・
私的には、主人公達のような考え方にはなかなかなれないよな・・・・
2時間10分の映画でしたが、時間が短く感じる程大変に見応えのある映画でした。
しかし、中東やアフリカは、ある意味、難しいのでしょうね・・・・
本来なら、争い事のない世界を望みたいですね。
>|