ホース・ソルジャーの作品情報・感想・評価

ホース・ソルジャー2018年製作の映画)

12 Strong

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:130分

3.7

あらすじ

2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための…

2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される──。

「ホース・ソルジャー」に投稿された感想・評価

さかい

さかいの感想・評価

4.0
「ここはアフガニスタン、多くの帝国の墓場だ。ここでは米軍も一部族と同じだ」
ドスタム将軍、仲間かお荷物か、大物か小物か、敬虔か俗か、シンプルなのか複雑なのか深いのか薄っぺらいのか
それとも二極論では語れない人なのか、キャプテンも観客も翻弄される
本人は今も健在でアフガニスタンの要職にいるらしい。残念な後日談が今後うまれないよう祈りたい。
バトル描写がすごい。中東の岩山と荒野でドッカンドッカン景気のいい火薬リッチ戦闘、そんな中で馬!騎馬!原題12strongよりホースソルジャーのがいいのではないか
ここ最近の戦争もの大作、ハクソーリッジやダンケルクと比べるとあまり話題になってなかった気がするけど個人的にはホースソルジャーが好み
pecoo

pecooの感想・評価

1.0
冒頭で、クリス・ヘムズワースが、歯を見せて笑ってたから、嫌な予感がしました。

何でこんなにペラッペラな話なんだろう、って思ってたら、ジェリー・ブラッカイマー プロダクション なのね。

ジェリー・ブラッカイマー
×
クリス・ヘムズワース

相性抜群!
ARiES

ARiESの感想・評価

3.9
アメリカらしいアメリカ映画🇺🇸

ドスタム将軍との魂のやり取りは
グッと来ました😊

騎馬隊はカッコ良かったですが

人を殺して、ヒーローかなぁ
テロや戦争のきっかけを作って
るのもアメリカ🇺🇸じゃないの〜

もっと踏み込んで欲しかったなぁ
クリスヘムズワースが「雷神として全知全能サノスと戦うべく宇宙最強の武器を手に」した翌週に「アメリカ兵としてテロ組織と戦うべく馬に」乗る映画が公開

当時を思い返してみると、なんか上映前の劇場には楽勝感が漂ってました
むしろ間違えて「サノスと戦うべく馬」じゃなくて良かったね、くらいの空気だったと思います

そんなナメたかんじで入ったらむしろ前週より頑張ってましたね…
馬で敵陣に突っ込むと絵面がもう完全に関ヶ原にしか見えないとこあるんですが、敵の武器はマシンガンや戦車だったりするのでなかなかにタフな戦いでした

マイケルペーニャがいつもどおりオトボケオーラを出そうとしても戦場の空気はまったく緩まず
ワールドトレードセンターで瓦礫に挟まってたマイケルペーニャだけに、911で始まるこの映画は「自分で自分の敵討ち」みたいな壮大なオトボケまでしてるのに、そんなツッコミは誰もできない空気

ウィリアムフィクナーに至っては気合いのスキンヘッドにまでしてきましたし、馬だからといって案外ナメてかかっちゃいけない映画でした
ハチ

ハチの感想・評価

3.6
ヘムズワース見たさに事前知識無しで鑑賞。
まぁ当然ながら騎馬戦ヘムズワースは男前でした。
そしてみんな背がおっきいね!

9.11の裏側にこんな事があったなんて知らなかった。
後半、スクリーンから目が離せなかった。ずっと顔を顰めた状態でだったけど。

戦争映画をあまり観たことがないけど、爆撃や銃撃戦の映像や迫力が凄い。
撮影なんだよね?役者なんだよね?って事を、時々慌てて思い出していた。

実話ベースという所に考えさせられる。
少数部隊で、限られた装備で、愛する者や祖国を守る為に立ち向かう勇気は素晴らしいのかもしれない。
でも、これが最近という事実が私は恐ろしい。

平和なんて言うのはまだまだ遠い。
世界から悲しい殺し合いが無くなる日が一刻も早く来てほしい。
アメリカの兵士って本当に強い。
タイトルは、原題の12 strongの方が良い。
ヤマト

ヤマトの感想・評価

4.0
クリス・ヘムズワースがやはりカッコいい!
あの少ない人数で戦場に行く決意をした勇敢なアメリカ兵に感服です!
2018/5/26(土)ディノスシネマズ札幌にて。

騎馬アクションはかなり見応えがありましたが、アメリカつえぇぇぇ!的な展開にちょっと辟易・・・でもこれ実話ベースなんですよね(苦笑)
迫力のある爆破シーン満載ですけど、ちょっとショボいCG(合成?)がところどころ使われていたので、そこは無くてもよかったかもです。
劇中で「兵士(ソルジャー)ではなく戦士(ウォリアー)であれ」と語られていたので、タイトルは「ホース・ウォリアー」が正解だったんじゃないでしょうか・・・。
MICKKICHI

MICKKICHIの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

実話を基にで誰も命を落とさない事を知りながら観ても十分ハラハラした。
ヘムズワース、単独主役でも力量を感じる。
スキンヘッドのマホーン(W・フィクナー)に驚く(笑)
さすがに12人vs5万人ってのは盛りすぎちゃいます?「400戦無敗」みたいなもんですよ。
とはいえ、12人の騎馬隊がアフガニスタンのテロ集団を制圧に向かう勇気、国を守る、愛する人を守る行動は素晴らしい。
騎馬隊なんでそんなに派手な戦争描写も無いかと思ってたけど、そこはブラッカイマーさん製作ってことで爆発シーンも含めてしっかり見せてくれます。
精密爆撃はすげーな。
>|