LIFE!の作品情報・感想・評価

LIFE!2013年製作の映画)

The Secret Life of Walter Mitty

上映日:2014年03月19日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲…

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲れるばかり。 そんなウォルターの身に大事件が起きる。最終号の表紙を飾る写真がどうしても見つからない。運悪く、撮影した写真家は世界を放浪しながら写真を送ってくるのが常で、今も世界のどこにいるのか判らない。はからずもウォルターは写真家に会うために現実の冒険をすることに…。

「LIFE!」に投稿された感想・評価

人生いろいろ〜🎶

男もいろいろ〜🎶

女だっていろいろ〜🎶...

人生は何があるかわからない!

とにかくチャレンジし続けよう‼︎

そう前向きな気持ちに生まれ変わる作品でした!

ドラマから瞬時にアクションに切り替わる白昼夢のシーンが面白い!

非現実的な世界、一度味わってみたいもんだなぁ。

ベンスティラーの吹き替えが岡村隆史てw

違和感しかないw

でも、薄っすらコメディドラマの内容には合ってたと思う!

また、自分のライフスタイルについて考えさせられました!

人生は一瞬一秒一度きり!

決して巻き戻せない!

だから、今を楽しもう‼︎🤣(くっさ!w)

とこの映画から体全体で感じとりました!

ジェイクギレンホールのライフも良いけど、

ベンスティラーのライフは100倍良い‼︎
けん

けんの感想・評価

4.6
この映画見るとやる気が出てくる
マジでおすすめ
旅のシーンとかめちゃくちゃ景色綺麗だし
つよ

つよの感想・評価

3.0
ベン・スティラーのコメディ全開ではないので期待と違った。
ポジティブになれる内容。

岡村隆史は大好きだけどこの吹き替えは無し。最低ではないとは思うけど。
はまち

はまちの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

妄想してばっかりの主人公。LIFE誌のネガ管理~現像を25年間担当しているが、会社が買収されたせいでLIFE誌は電子化、実質廃刊。しかも最終刊を飾るはずのネガを無くしてしまった。ネガを貰うため、LIFE誌お抱えの写真家、ショーンを探しに行くという話。
面白かった!妄想ばっかりで、冒険とは無縁の主人公が、一念発起、まさに一世一代の旅に出る。
「旅に出よう。もっと近づこう。お互いを理解しよう。それが人生の目的だから」。良い言葉!
主人公がドンドン逞しくなる姿に感動。広い世界に出るって素晴らしいことだなって再認識。
ヒマラヤでショーンを見つけて、一緒に雪ヒョウを見て、そこの掛け合いが素敵。本当に感動するものは写真に残さない。自分の目で見ていたい。わかる気がする。そのあとに、現地の子供達とサッカーする景色も素敵。無くしたネガのことを「LIFE誌の真髄」と言ってたから、このなんとも言えん感動が真髄なのかな~と思った。
んだけど、結局最後はネガが見つかって、その中身もしっかり見せてくれた。LIFE誌の真髄が、主人公が仕事をする姿なのかあ。そこだけイマイチだと思った!人生の真髄なんて各々が見つければいいし、変に答えを見せてほしくなかったな。
それでも面白かった。前向いて進みたいときに見たい映画。
あ、この映画は絶対に字幕で見た方がいい。岡村の声も雰囲気合わないし、関西弁とか意味わからんし。。。
ヒツジ

ヒツジの感想・評価

4.4
単純にこの種類の映画が好き
yes manとか

字幕、吹き替え両方で見たけど、吹き替えの関西弁が地味にツボ
ただ、字幕で見たほうが絶対にいいと思う
景色がとにかく綺麗で実際にそこにいってみたくなるような映画だった
BioAoi

BioAoiの感想・評価

4.6
人生が辛い時に出会った映画。展開が気持ちいい。みたあとちょっとすっきり。
thebeatles

thebeatlesの感想・評価

4.7
再鑑賞で再評価。

改めて、色彩、間の取り方、音楽全てが素晴らしく見入ってしまう。

普段支えられている表舞台に立たない立場の人々への尊敬の念を忘れてはいけない。

じんわりと感動する。大好きな作品。
takanabe

takanabeの感想・評価

2.2
ついいつもの癖で吹き替えで見ちゃって失敗した。
岡村隆史が大阪弁で吹き替えしてたんだね…。

冴えないサラリーマンがする突飛な妄想が、そのまま映像になっている。それは面白いけど、妄想によって何かが進展したり、解決するわけではないから、長いコントに付き合わされている感も少しある。実際、主人公が具体的な行動に移ると妄想はなくなっていくし、妄想に対比して言いたいことが「行動に踏み出す大事さ」っていうのはややベタ過ぎる気もする。

ニュートラルな気持ちで見れば、悪くない映画だったような気もするけど、どこまでが映画の印象で、どこまでが吹き替えの印象なのか、わかんないな。
ふみや

ふみやの感想・評価

4.3
雑誌の出版社で働くウォルター。彼は写真部に所属している。周りが見えなくなるほど妄想が激しい。
会社の同僚女性に恋をしているが奥手のため出会い系サイトを通じて手を出そうとしている。
会社が他者との合併のため、最後の雑誌の出版となる。
連絡を取らない写真家から送ってもらった写真を現像する仕事を担っているが、最後の雑誌の表紙となる写真が見当たらない。
わずかな情報を手掛かりに写真家ショーンを探す旅に出る。
海外への冒険が始まる。ショーンの軌跡をたどりさまざまなの人に出会う。


妄想と現実が行き来するシーンが面白い。
ショーンが撮った最後の写真に感動した。
会社のモットーもわからない上司は表紙の写真を急かしたり、社員を次々とリストラする。そんな上司に対して最後に放った言葉は、とてもかっこよかった。
大自然の映像がうつくしく、旅に出たくなる。
人とのつながりを感じ、前へ進もむ勇気がもらえる作品。
>|