LIFE!の作品情報・感想・評価

LIFE!2013年製作の映画)

The Secret Life of Walter Mitty

上映日:2014年03月19日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲…

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲れるばかり。 そんなウォルターの身に大事件が起きる。最終号の表紙を飾る写真がどうしても見つからない。運悪く、撮影した写真家は世界を放浪しながら写真を送ってくるのが常で、今も世界のどこにいるのか判らない。はからずもウォルターは写真家に会うために現実の冒険をすることに…。

「LIFE!」に投稿された感想・評価

かす

かすの感想・評価

3.8
大自然の映像がきれい。地球は広いんだなーと感じた。ストーリーは伏線をしっかり回収してくれるのでスッキリ。
旅に出たくなったなー。
個人的には岡村の声良かったと思うよ。
kaori

kaoriの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

すばらしいものって、遠くに探しに行かなくても近くにあるんだよなあ
ゆら

ゆらの感想・評価

4.3
ずっと観たかった作品!
主人公ウォルターの妄想癖以外は結構淡々としているから正直最初の30分間ぐらいうーんって感じだったけど、旅に出た後の雄大な自然の景色、ショーンを探す過程で出会う人々、全てが美しくて心にジーンと染みたし、映画の随所に散りばめられている人生のメッセージやラストが本当に素敵で心が温まった☺️🍀
ウォルターのお母さんが作るみかんケーキがとても美味しそうで、ネットにレシピが載っていたからいつか作りたいな
バックパックを背負って旅に出たくなる映画!あとスケボーも!(笑)
ベタなシナリオだけどまぁいい感じに終われたかな。
主人公が前半と後半で顔つきが変わったところに成長を感じた。働いていて、いざ旅に向かうと人は価値観が変わるよな。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.5
ウォルター(ベン・スティラー)は、LIFE誌で働いているが、変わりばえしない生活にあきあきしていた。しかしある日、LIFE誌の写真のフィルムをきっかけに大冒険をすることになる…。


ただただ大自然の映像が美しかった…。そんな美しい自然の中で仕事のしがらみとか忘れて生きるウォルターが羨ましくなった。
実際に映画の前半と後半ではウォルターの表情が違う!

ウォルターがアイスランド行きを突如決めて辿り着くまでの怒濤のような撮り方がとてもよかった。
突然旅を決めて飛び立つのって本当に気持ち良さそう。

ストーリー展開は読めるし、王道だけど全体的にまとまっていて面白かった。

ウォルターの母役のシャーリー・マクレーンの手作りのオレンジケーキ、わたしも食べたい!笑
親子丼

親子丼の感想・評価

4.0
パッケージが印象的でずっと気になってた映画。やっと観れた!!
平凡な男の人が旅を通して新しい生き方を見つける単純なストーリーなんだけど、テンポよく物語がつながっていく感じが良い〜ライフオブパイのスタジオだけあって映像美もすごいし、自分まで旅したくなっちゃう映画だな。特にアイスランド行きたくなるー。
最初しょぼくれて見えた主人公が、最後にはすごくカッコよくなってる。こりゃすごい。
ryumaeda

ryumaedaの感想・評価

4.3
かなり観ていてプラスの感情になれる映画。
音楽も良かった気がする。
スケボー乗るシーンが好きだった。
また観たいな。
あだち

あだちの感想・評価

4.1
この映画はギャップがあるのがいい。ベンスティラーって冒険とか進んで行くような、スケボー乗るような男っぽくなくて、どちらかというと現実味溢れるヒューマンドラマの中で周りに振り回されるような方が似合ってるので今回のは新鮮みがあり面白かった。
壮大な冒険。なにかに飛び出して行きたくなるような清々しさと爽快感。しかし舞台や人間関係はとても小さなコミュニティで。そうゆうのも良い。自分たちも何かに誇りを持ち、譲れないものがあれば外に飛び出していけるように感じ、自信と勇気をもらえる映画だった。
ただ吹き替えで見るのはミス。ベンスティラーの関西弁見たい人には良いのではないか。
Joker

Jokerの感想・評価

4.2
ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲れるばかり。 そんなウォルターの身に大事件が起きる。最終号の表紙を飾る写真がどうしても見つからない。運悪く、撮影した写真家は世界を放浪しながら写真を送ってくるのが常で、今も世界のどこにいるのか判らない。はからずもウォルターは写真家に会うために現実の冒険をすることに。
>|