スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

INFOBAR

INFOBARの感想・評価

4.0
とても良かった。
かつてない友情物語にあなたはきっと、涙する。
パパパパパパパパパパパパ、パパパパパパパパパパパ…
奇想天外!今まで見た事ない、クレイジーな衝撃作!
昨日から2週間の限定上映!!!早速見てきました。
凄い!バカげてる!やりたい放題!下品…でも、好き!
この人達が撮らなかったら、この作品はずっと生まれない。
(ダニエルズのMV見ました。ここにもメニ―+αが…)
ハンクがメニ―の口をパクパク、無理やり喋らせたり
水筒とか、死後硬直した腕斧とか、バスの風景とか
二人のやりとりに、とにかく笑った。しみじみした。
感動はしないけど、涙が流れる、忘れない作品。

🎥264本目/17年 ※ユナイテッドシネマ阿久比
奇譚怪作。不快で下劣で汚いのに、クスッと笑う。でもまた見たいかと聞かれたらはっきりノーと答える。ある意味空前絶後の作品
終盤のお父さんの"うんうん"みたいな反応…意味わからんくて余韻が凄いです。夜も眠れません。
KaiSaito

KaiSaitoの感想・評価

4.0
意味分からない映画は嫌い。
でも、その裏にあるメッセージに気付かせてくれる映画は好き。

簡単にあらすじ説明しますと、
『リトル・ミス・サンシャイン』などで知られるポール・ダノがハリポタでおなじみのダニエル・ラドクリフの死体を使って、遭難先の無人島から帰還するお話。

いやー、ぶっ飛んでます。笑

でもどうせ、死体とお話ししたり旅を共にしたりするのは主人公の妄想でしょ〜とか思ってたんですが…
そんな簡単なお話ではなく!!
自分がどれだけ世間の目を気にして生きているのか、どれだけ言いたいことを言えず、人間関係や社会に抑圧されているのかにハッと気付かされる。

めちゃめちゃシュールですが、ちょっと最近生きづらいな、と思っている方にはオススメでございます。
レイ

レイの感想・評価

3.8
一緒に歌いたくなる
ハリーポッター何やってんの笑
Uji

Ujiの感想・評価

3.5
これはファンタジー映画?シュールすぎます…!

無人島に流れ着き何とか生きながらえているハンクと、その無人島にたどり着いた死体のメニー。

こんな物語、設定を誰が予想出来ますか…
オナラで無人島脱出したり、手を弾いて火を起こしたり…しまいには股間センサー(笑)
くだらなくてアホな笑いがクセになってしまいます。

そして、なぜか生まれる死体との友情。
最後は少しだけ、感動させてくれます。


個人的にはダニエル・ラドクリフを賞賛したい。ハリポタのラドクリフ好きな人は見ないで下さい!(笑)
みね

みねの感想・評価

4.3
所々シリアスになり過ぎず、楽しく考えさせられる作品で好きだなと思いました。
denkikanにて。

あんなにオナラで感動させられるとは思ってもなかったw
劇場版のクレヨンしんちゃんを思い出されるような作品でした。

それにしても工作技術高すぎ!
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

4.5
ヤラれた。
奇想天外なオナラだらけの物語に、こんなに感動させられるとは。

圧倒的迫力のオープニングから引き込まれ、エンディングではなぜか涙が。

なんて愛おしくほろ苦い。

途中の微笑ましい場面を、言葉通り微笑みながら観ちゃってた自分に笑。
ミュージック・ビデオっぽいなと思っていたら、そちら出身の監督らしい。

見知らぬ他人と笑いや涙を共有できる映画館っていいな、とつくづく思った。

しかしラドクリフ、良く出演オッケーしたな。
ケツ毛…。
fumi

fumiの感想・評価

3.8
中盤までは、そんな着地になるとは予想だにしなかったけど、最終的に自分のような社交性の希薄なボンクラをポップに批評する映画だった。結論がそれほど押し付けがましくないし、キレ味の良いラストなので、人によっては「俺の為の映画だ!」ってなるかも。ほぼ全編アカペラの劇伴がめっちゃ良かったからサントラ欲しい。
>|