スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

lieil

lieilの感想・評価

3.5
面白かった。

生と死のコントラストを面白くそしてエネルギッシュに描くOPにワクワクが止まらなかった。

中盤のバスのシーンは素敵だった。


ハンクのラストが怖すぎて、感動の別れに共感できなかった。
哲学的で発想が奇抜でテンポもよく飽きずにみることができた。
知聖

知聖の感想・評価

3.5
面白かった!

こんな発想もあるのかと笑ってしまいました。

音楽とか映像もよかった!
murataku

muratakuの感想・評価

3.7
おもしろい。気楽に見られる。

ズケズケものを言えるダニエルラドクリフが妙に良かった。
故郷の意味とかけがえなさをそこはかとなく感じられる良作。
志月

志月の感想・評価

3.5

ぶっ飛んだ展開のオンパレード。一見下らないけどどこか哲学的。
小小野

小小野の感想・評価

4.5
こーゆーの大好きだ
初っ端からオナラジェットスキーで出オチなんじゃないかと思ったけどそんなことなくてずっと楽しかった
真夜中歩きながら見てたけど、所々夢中になっちゃって何度立ち止まった事か。
面白かった
あとなんとなく共感できた
ツッコミどころ多すぎたけどアイデアが斬新で面白かった(笑)

最後感動する。
RAMPO

RAMPOの感想・評価

3.5
ハリーポッター俳優も役を選ばないね。その役者魂は尊敬する。
お話は、割と簡単で無人島に残された青年が故郷に辿り着くまでの悪戦苦闘を、ひたすらお下品に描いているだけなんだけど、感性の違いかな?爆笑は誘われなかった。
一つ一つの描写は振り切ってて、すっごいな〜て思うけどね。
やや冗長な所もありますが、他にはない妙な味わいがあって、結構好きな作品です。
なお、全編通じてスイスの兵隊さんなんか出てこないじゃんって思ってたんだけど、ある瞬間に題名の意味に気が付いて、なるほど!って感心させられたこともお気に入りの理由です。
イワシ

イワシの感想・評価

4.0
笑えるシーンは果てしなく笑える。死ぬほど笑ったシーンが何ヵ所もあった。

かと思えば、終盤にでてくる哲学的要素。
死の縁に幻覚をみるなんてのは恐らくままあることでこれもその類なのかなぁと。

メニーという存在を通して自らの存在、思いと向き合いほんの少しだけ成長しメニーは去る。みたいな感じなんだろうか。
よくよく考えればあんだけ長い時間長い距離かけてきたように思えるバスやらキャンプ地がすぐ見つかる訳がないし無人島からたまたま流れ着いた所が故郷ってのも確率としては相当低い。ていうか髪の毛切ってる描写なんてなかったのにどんどん短くなってないか?なんてのを考えると実際の時間経過と距離も描写もハンクの妄想にも思える。


っていうのもありつつ相当笑えたからまぁその辺はうやむやでもいいのかもしれない。

「こんな映画も家で見れちゃうんだ。Netflixsならね」
たゆ

たゆの感想・評価

3.9
ど下ネタとか多い
爆笑した
気の置けない友達と観ると本当に楽しい

考える要素もあり、笑いながらちょっと感動するっていう不思議な体験
>|