スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:97分
    監督
    ダン・クワン
    ダニエル・スキナート
    脚本
    ダン・クワン
    ダニエル・スキナート
    キャスト
    ダニエル・ラドクリフ
    ポール・ダノ
    メアリー・エリザベス・ウィンステッド
    あらすじ
    無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

    「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

    mizuki
    2.5
    ポールダノの女装◎
    AOI
    -
    斬新

    脚本に注目したい
    kira
    5.0
    奇妙で新しいファンタジー
    純粋で爽やかさもあって、
    良い映画
    chagur
    3.0
    設定が今までにない感じで面白い
    。死体なのに生きてる人間ができない力を持ってるのがブラックコメディチック。
    ハンクも芸術の才能あるんじゃない?ってくらいに色んなものを作れるのに何で自殺しようとしたんだよ。
    個人的にはバスの中の設定のシーンと、ダンス踊ってる所が好き。
    スイス・アーミー・マン
    9月公開ですが 一足早くレビュー。

    あらゆる手を尽くすも助けは来ず、無人島でひとり首吊り自殺を図ろうとしていた青年 ハンク(ポール・ダノ)。
    今まさに死のうとしたその瞬間、浜辺へ流れ着いた水死体(ダニエル・ラドクリフ)に目が留まる。
    死体から腐敗ガスがオナラとなって出続けていることに気付いたハンクは、死体にまたがりジェットスキーを運転するかの如く無人島を脱出するのであった。
    故郷を目指す青年と死体の奇妙な友情を通し、自らの意志を貫き通す勇気を描いた作品だ。

    かつてこんな無人島脱出の方法があっただろうか
    こんな便利な死体がいただろうか
    こんな友情の形があっただろうか
    こんな映像表現を目にしたことがあっただろうか

    一歩間違えればギャグやコメディ作品と化してしまう要素を、見事な人間ドラマにまで昇華させて描いていた
    ブッ飛び設定でありながらも、激しく胸を揺さぶられた。

    本来であればあらゆる手を尽くし、その上で生き死にを描くのがサバイバル・無人島ものの定番
    だが、この作品はあらゆる手を尽くし終えた状態から物語が始まる
    そして、突如現れた水死体に乗って無人島からの脱出を果たす
    そこまで僅か10分足らず
    上映時間が97分のため、まだ87分も残っている
    一体どういった方向へ物語が進んでいくのか全く見当がつかなかった。

    十得ナイフを意味するスイス・アーミー・ナイフから名付けられた「スイス・アーミー・マン」の名の通り、あらゆる機能を備えた水死体
    どう考えてもクレイジーな設定なのだが、メニーと名付けられた死体とハンクの関係性を信じることができるから違和感無く観ていられる
    現実とファンタジーのスレスレ部分を綱渡りしながら育まれていく二人の友情は、間違いなくホンモノであった。

    二人の旅路はあらゆる固定観念をブッ壊す
    そう、これ位過剰なまでにブッ飛んでいなければブチ壊せない
    それは劇中世界においてもあなたやぼくが生きる現実世界においても同じこと
    彼らもぼくらと同じ世界を生きていた

    周囲に合わせていた方が傷付かずに済む
    多数決では多い方に属していたい
    冒険するより現状維持
    人と違うことは極力避け、無難なルートを歩んでいたい
    ハンクもそう ぼくもそう あなただってきっとそう
    誰もが選びがちな道

    その果てに得られるモノとは一体何だろう
    自分の心を 感受性を 大事なモノを押し殺してまで周囲に合わせる必要が本当にあるのだろうか

    とは言っても、中々抜け出せないのが現実
    自覚していても目を瞑りがち
    他人に嫌われたくはないし、仲間外れにだってされたくない
    真に大事なことに気が付けるのは、いつだって後悔した時
    傷付いて 失って 一人ぼっちになって、ようやく実感できる

    無人島に流れ着いたことで強制的にあらゆるモノを手放すことになったハンク
    メニーと出逢い、何が自分にとって大切なのかを考え始める。

    メニーは天が遣わせた存在だったのか
    自らを鼓舞するためにハンクが作り出した幻影だったのか
    自問自答の果てに生み出された別人格だったのか

    答えは人それぞれなのかもしれない
    が、観客に示された選択肢のようでもあった

    他者の存在や自らの強い意志が物事を変えていく
    誰に何と言われようと貫き通す覚悟を持てたのなら
    如何様にだって生きていける
    非難されようが 気持ち悪がられようが関係ない
    二人の友情が教えてくれた。

    サバイバル 青春 ゾンビ バディもの コメディ 音楽 ファンタジー ラブ アクション ヒューマン
    あらゆる要素を併せ持ったスイス・アーミー・ムービー
    根底にあったのは今を生きる人間の葛藤でした
    冒頭で目にするオナラと最後に目にするオナラ
    始まりからは想像もつかないオナラがあなたを待っている
    日常において忌み嫌われる他人のオナラが、とてつもない勇気を与えてくれます

    何から何まで予想外
    くだらないことをド真面目にやっている最強のB級映画でした。

    ネタバレは何もしていません
    ぜひ劇場でご覧ください。

    青春★★★★
    恋 ★★
    エロ★
    サスペンス★★★
    ファンタジー★★★
    総合評価:A
    万能ラドクリフ
    激ホモセックス
    いよ
    -
    9月に公開決まってた!これは観なければ
    neo
    -
    エス屁クト・パトローナム‼︎

    まだ見てないけどこの内容説明で97分保つのか逆に気になります…☆
    >|