スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.6

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

薄羽

薄羽の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラスト5分前
妄想オチか。
ラスト
いや妄想オチちゃうんかい。

エンドロール
え、じゃあ何オチこれ。
アメリカのB級コメディ映画であることは間違いない!
でも、ただのコメディ映画ではないことも間違いない!
現実逃避のその先に見つけた唯一の心許せる人は既に死体だった。。
現実と妄想の狭間で生きるハンクの顔は初めの顔と違い、過酷な状況の中でも生き生きしていた。
下ネタ苦手な人は見ない方がいいかもしれない😓

まさか泣かされるとは思わなかった予想外の良作!
Akiko

Akikoの感想・評価

3.4
なんだこの映画。

まさか、自分が下ネタで泣いたり感動したり、笑ったり色んな感情持てる人間だなんて考えてなかったよ笑

下ネタだけじゃない、
オシャレさも感じるのは、
ポールダノの存在感のおかげかしら。

これを考えて、映画にしたこと、尊敬します。
まさに自分の解放映画でした。

メニーへの愛が止まらない。
あずき

あずきの感想・評価

4.5
死体と育む友情

あらすじ聞いた時は意味が分からなかったけど、観終わった今も意味が分からない
一生分のオナラの音聞いた
ツボって自分叩いてたから痛い
笑いすぎて涙出た
舐めてたけど面白かったしいい台詞あった
ダニエルお疲れ様
さと

さとの感想・評価

-
観終えた直後は正直置いてけぼりだった。笑

あそこまで妄想できて、森にあるもので色々作って楽しめちゃえるんだから、現実の世界も楽しめるはず。
おめでとう!!!
*☆屁カデミーショー最優秀作品賞 受賞*☆

間違いなく傑作中の傑作!!!!!

本当にすみませんでした。ナメてかかったら超感動もののムーヴメントくらいました。良くこのようなお話を考えましたね~!素晴らしいっ!!!

シュールもシュール、大好きですね、こういうぶっ飛んでいながらも独創的な世界観が確立されている作品☆

夢とサバイバル、友情と恋♪
心の成長物語♪

死体のメニー君があんなに万能だとは…驚愕!!途中からノリで楽しむ映画だと気づいた時からもう楽しくて楽しくて…!でも絶対最後泣けるやつだって早い段階から予感してて…思った通りにラストは号泣!!でもそれ以上に爆笑!!!泣きと笑いが同時に来るの、それも強烈に~!なんだこりゃゃゃ~ぁ笑笑笑

このマニアックさはきっとどの作品も真似できないんじゃない?

ダニエル・ラドクリフさんの脱力感のあるフニャフニャ演技が忘れられない♪ポール・ダノさんと相性がピッタリでした♡♡♡

色々と好きなシーンいっぱいありすぎて頭の中、整理できないwww

「Don't think! Feel ! 」的なサバイバル・ヒューマン・コメディ。奇抜なアイディアに終始圧倒され続けました!!とにかく笑い所が凄いのなんの!!一見の価値ありです。

映画って楽しいですね~♡

ブラボー!!!!!

\*☆\スタンディングオベーション/*☆/

*☆Keyword*☆
『メニー君はいつもけだるげ ガスボンベ=3』
下ネタにひきまくりで全然面白くなかった。途中で見るのやめようかと思った。
Know

Knowの感想・評価

-
「みんな 少しは醜い」

・あんなに長い山中の旅だったのに、海岸までちょっとダッシュしたらたどり着いてしまった呆気なさ
・浣熊
・"彼女”の熱演っぷりがすごかった。輝くすね毛
シン

シンの感想・評価

3.6
かなり独特で癖のある映画。
ともすれば下ネタなどバカバカしい笑いもある。
引く内容もあるが愛着がわく作品
2017年10月21日

楽しみにしてた寂しい。

メニーは抑圧された精神。最後は友人への優しさと、文明社会中と自分の価値基準。


これからはいつでもオナラしようと思います。


2018年6月21日

たくさんの機能を持った死体、メニー。

キスで自分を認めてコルクを外そう。


おならは覚悟。自分の意志を意味を誰にも届かないところへ。
>|