スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

かりん

かりんの感想・評価

2.8
変な話だった。
サバイバル物ではない。
理解が難しかったかな。終わって「?」がいっぱい頭に浮かんでいました。
ポールダノは綺麗でした。
あの女の人はスコットピルグリムの子かあ。
haru

haruの感想・評価

4.0
ハリーポッター(死体)がオナラジェットで空を飛ぶ話。

無人島に流れ着いたハンクはいつまでたっても助けがこないことに絶望し、今まさに首を吊ろうとしていた。そのとき目に入ったのは岸辺に漂着した一人の男。メニーと名乗る彼は始終屁をこき、水を吐き、下半身がコンパス代わりになる大変便利な死体。強力な道具を手に入れたハンクは無事に社会復帰できるのか!?

ジャンル不明ですが、クソ笑えてクソ泣ける映画です。ポール・ダノが主演ということでお察しですが、すごいのはダニエル・ラドクリフ。ハリーポッターからの脱却を目指して頑張っているみたいですが、だいぶ頑張りすぎてる気がします。今回死体役が上手すぎて、実はかなりの演技派だったことに気づかされました。
無人島で絶体絶命という極限状態の中、ハンクはメニーと奇妙な友情を築きます。設定は奇抜ですが、言いたいことはストレートなので、最後は「良い映画見た感」がすごいです。社会で生きる私たちは窮屈な日常に嫌気がさしていながら、「変人」に思われたくないから、本当の気持ちを隠したり、我慢したりする。つまり自由にオナラもできないのです。いつでもどこでもオナラをするには、大きな勇気が必要なんだと、メニーがオナラをしながら言うもんだから、すごい説得力がありました。
アもん

アもんの感想・評価

3.6
コメディ映画の内容なのに、曲と演出で素敵な仕上がりになってる。という事実が笑える。
他の人は笑ってなかったけど、結構ツボって辛かった。
nanaaron

nanaaronの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

こんな感動的なオナラが有るとはw

死体をドラえもん代わりにするという発想が独創的すぎて笑いました。

メニーが喋り出したのは、臨死体験とかで見る幻覚の一種だと考えられます。

サラの庭で最期にシンクロするように、ハンクの分身でもあります。

見た目は生きてても死に体同然のハンクが、死のうと決意した瞬間に現れたのは、メニーと言う名の「生きたい!」という力強い願望・生命の欲求でした。

メニーと対話することによって、なんで生きたいのか、生きるとは何か、なにが幸せなのかを学んでいく、そうゆうトリップです。もはや瞑想です。

逆にメニーは見た目が醜いけど、中身は完全にピュアで、常識も世間の目も関係ない。

まっさらなメニーに、一からこの世の中を教えるのはハンクにとって自分を見直す過程です。

「この世の幸せなところを教えてあげたかった」ハンクはこんな感じのことを言ってましたが、教えてもらってるのは勿論ハンクの方です。

メニーに向かって、過去の場面を再現してあげると、「こう思ったんだよ、ホントは」って教えてくれます。

「死体でさえこんなにできる。生きていればなんでもできるのだ。

愛を伝えよう。楽しもう。トリップでは嘘や隠し事は厳禁だ。それは全てを殺してしまう。台無しなのだ。」

ラストシーンではオナラが復活し、メニーは去っていきます。

「生きる」に向き合い、忠実に生きるハンクに、もはやメニーは必要ないのです。

メニーは永遠にハンクの中で生き続けることが示唆されます。悟り。

励まされました。オナラ頑張ります。
Shoei

Shoeiの感想・評価

3.7
つかみは最高に面白いし笑ったんだけど、ついていけなかった感ある。おならの力でジェットスキーのように走る死体。完全に見たことのない映像だった。終わり方好き。
ありさ

ありさの感想・評価

4.3
新しい映画だった...
奇妙すぎるけどメニーが憎めなくて愛おしい
giba

gibaの感想・評価

3.9
一口にサバイバル映画というのではなく、世を憂いて死の淵にいた主人公が内なる友との友情を通してサバイヴするトンデモ人間ドラマ。奇想天外な物語に加え、映像美や音楽も見事に融合していて、まさに映画という総合芸術の片鱗を見た。イケてない主人公ポールダノと、顔面蒼白死体役ダニエルラドクリフの配役もばっちし
死体のくせして全く生き写しというのか、主人公の内面を恥ずかし気もなくぶちまけるダン君がCuriousでRidicurous!!しかし、自分らしく生きようと人生を鼓舞する主人公の成長を見届けて、消えていくラストシーンは晴れやかで私も腐れ涙噴射
まったくOh!Nice Loveryマイステップアップ!
恥ずかしがらずにパピペプ
恥ずかしがってちゃダメピプ
めっちゃ良い話だった。恋人にオナラブリブリしてるので、自己肯定感が高まった。
大街道

大街道の感想・評価

4.0
もう新ジャンルすぎて説明がつかない、、ただ言えるのは、見た人のあらゆる神経細胞が刺激される!そんな作品。

オナラ映画です。でもそんなちゃちな笑いの取り方じゃない。シリアスさすら感じさせるオナラは唯一無二。ラストまで驚かせてくれます。

とりあえず私自身、予告で心を鷲掴みにされたので興味のある人は予告だけでも。



“二人なら生きて還れる”
ケイコ

ケイコの感想・評価

4.0
拾った死体をアーミーナイフのように使い倒し、無人島からサバイブ!!!!
奇想天外な展開が単純に面白い。
主人公の背景がわかってくるといたたまれないような気分になったわ・・・。
>|