LIFE!のネタバレレビュー・内容・結末

LIFE!2013年製作の映画)

The Secret Life of Walter Mitty

上映日:2014年03月19日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

「LIFE!」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初は行く末わかるような映画だなって思ったけど意外な展開だった!「現実世界に阻まれる妄想癖がある主人公が大きな世界に出て妄想じゃなくて本当に体験することによって成長する」みたいなテーマがわかりやすくてよかった
ショーンを追っていく探偵(?)の中で伏線回収したり、そういうことかー!みたいなこともちょくちょくあって飽きさせなかった
重要人物キャラクターがよく立っててよかった(母と出会い系のスタッフが好き)
セリフとかを壁に移してくスタイルね、飽きないねー
主人公最初と最後で顔ちがうww
ヒマラヤではユキヒョウは幽霊猫(ゴーストキャット)と呼ばれて、なかなか見ることが出来ない。
カメラマンが美しいものは注目を嫌うと言ったのが印象に残った。
そしてユキヒョウが姿を現した時、あえてシャッターを押さず直接目に焼き付けていたのも印象的だった。
LIFE誌廃刊☆
ラストの表紙が送ってくるも、それを無くして?しまう☆
それを探すために、写真家を探しに☆
写真家は世界中を旅しているのでどこに居るか分からない☆
後を追って冒険に☆
写真家を見つけて表紙のネガは一緒に送った財布の中だった事を知る☆
表紙の写真は今まで写真の管理をしてきた裏方の自分の写真だった☆
いい話やったけど、物語前半に、突然ねじ込まれる主人公の妄想シーン、なんというかカイジ動物世界とかジョーカーを彷彿とさせる。あっちはアンダーグラウンドでダークな作品やけど、この映画は明るい作風で全然違うんやけどね
しかし外部から来たダンブルドア(偽物)、そりゃいろんな人らをクビにして悪いやつなんやろうけど、25番ネガを持ってきて、その写真はウォルター本人やのにようそれで表紙の写真通ったんやな…あのカメラマンの指令がそんな強制力持ってたんか。
そして冒険先で出会った少年たち、あの謎人形とスケボーを交換してくれるのがなんともご都合というかなんというか…

なんかネガティブなコメントばっか書いたけどいい映画やったと思う。冒険をして、その経験を得て家に帰ってくるスタンドバイミー的な良さがあった。
普通のサラリーマンである主人公が写真雑誌「LIFE」の編集部を舞台に、あるネガの喪失をきっかけに冒険の渦に巻き込まれていきます、、                  
                   音楽、映像、そして壮大な景色に見惚れてしまいました!            仕事をしていた主人公が、初めてニューヨークを飛び出し世界を見て様々な人と触れ合い、旅をしていく中で人生どうあるべきか?どう生きていくべきかを改めて見つめ直していく、、
ラストの最終号の表紙にぐっときました、、涙
「人生の目的ってなんだ?」と立ち止まることの大切さを教えてくれる見るたびに元気をくれる作品

冒頭のクレジットの入れ方が
背景に上手くなじませてておしゃれだなーという印象から物語はスタート
最後まで見て、「いい映画だったなあ~」ってじわーっと伝わってくる

ショーン・オコネル
「25番のネガを使ってくれ 俺の最高傑作だ」
 ↓
「美しいものは 見られることを求めない」
 ↓
25番目のネガに映っていたものとは… 是非、映画を見て答え合わせをしていただきたい!

同じ作り手として、これ以上の幸せがないことは激しく同意できるし
ウォルター・ミティのLIFEにかける情熱と矜持、そしてその行動力には胸打たれる

LIFE社の社訓が素晴らしく、
この作品が好きな人には私の大好きなマニュフェストも響くんじゃないかなーと思いました
Holstee社マニュフェスト
https://halsinan.com/archives/396
⚫️NETFLIX(2回目の鑑賞レビュー)

⚫️内容要約

LIFEという雑誌の写真管理部で働く空想癖のある主人公ウォルターがある日、雑誌に使用する写真のネガがないことに気づきカメラマンを追う旅に出る。その中でも、仕事場で気になっている女性シェリルとの恋愛も描かれている。

⚫️感想

前回見たときは、純粋に最後雑誌の表紙を飾って気になっていたシェリルとも上手く結ばれて人間の成長をとても感じました。

でも今回観たら、もしかしたら会社をクビになって絶望してショーンからもらった財布を捨てた瞬間から映画終盤の雑誌出版に間に合うように25番のネガを探し、シェリルに気持ちも直接伝えられるようになり、最後には表紙が自分の写真だった所が、またウォルターの妄想なのではないかなと思いました。でも、またその妄想からもたくさん学べる事があってやはり人間の成長において何が大切か教えてくれる映画だと思いました😌

色々な見方があって面白かった。
心にひびくセリフがいっぱいあって
あったかくて感動できて旅に出たくなる
観たのがだいぶ前なのと、やや流し見してたのもあり、あまり記憶がない……
思ってた内容と違って、吹き替えが関西弁なのも相まって主人公あまり好きになれんくて全然入り込めなかった気がするたしか…
想像してたほど「旅がしたくなる映画」ではなかったかな。
でも映像はとても美麗だし、曲もよかった。

しかし普通あの財布捨てるかね?
>|