マイレージ、マイライフの作品情報・感想・評価・動画配信

マイレージ、マイライフ2009年製作の映画)

Up in the Air

上映日:2010年03月20日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「マイレージ、マイライフ」に投稿された感想・評価

Amy

Amyの感想・評価

-
映画としてのオチは納得いかないけど、現実ってこんなもんだわ。
よしこ

よしこの感想・評価

3.0
結局何が正しいのかわからない。
人生上手くいかないことだらけって映画だった。
ジョージ・クルーニーみたいなオジサンになりたいな。
MarySue

MarySueの感想・評価

3.9
飛行機って何年かに一回しか乗らないです。乗る前はすごくワクワクするし、機内サービスにも期待しちゃうんだけど、いざ飛び立つと墜落しないかドキドキします。前にオーストラリア行ったときもそんな感じでした。

解雇通知を言い渡す仕事ってすごく辛いし、大変だと思うんだけど、いつかは何も思わなくなるんでしょう。慣れって怖い。

アレックスがマジで酷すぎるだろ。自分は遊びだからって他人の気持ちを推し量ることも無く、不倫して大人になった気でいるなよ。誠実でいられないお前の方がよっぽど子供じゃ。

確かに自分の思い出って誰かと一緒に作り上げてきたと感じる。家族とか友達とか。…やっぱり友人は大事にしないとなあ。大学に行っても高校時代の友人とはほぼ毎日連絡とってるから四年間続けないと。でも、義務感になってしまいそうになるのが怖い。なのでラーメンの写真でも送ります。
Van

Vanの感想・評価

3.8
すごく現実的なストーリーだと感じた。良いことすれば報われるとか言うけど、何にも報われないこともあるんだなと改めて感じた。
雇用主に代わって解雇通告を行う人事コンサルタントとしてアメリカ全土を飛び回り、同じく出張族のアレックスとのカジュアルな恋愛を楽みながら1000万マイレージ達成を目指すライアンが、テレビ電話導入での出張禁止を打ち出す新入社員ナタリーと仕事に臨む事で起こる価値感の変化を描いたジェイソン・ライトマン監督作品です。

中年男性の揺らぎを描くという定型的な物語ですが、意味深なラストシーンが用意されており、それに向けた考察の材料となる出会いや会話、風景にアイテムがストーリー上に周到に散りばめられています。一見するとハートフルなコメディドラマですが、観る者の人生観を問う正解のない人類史上最難関の問いかけは残酷ですらあります。

仕事や家族や友情、あるいは趣味や使命を人は取捨選択して生きています。そうして出来た人生観が揺らいだ時崩壊を防げるか、または崩壊して尚再生に挑めるか。作中では少なくとも一人が再生に挑めなかったわけですが、個人的な解釈では主人公もまたそうであると考えます。観ることで人生を僅かに変えうる可能性を秘めた一作です。
YU

YUの感想・評価

3.9
寂しさを埋めるのは人であり、家族、恋人、かけがえのない人の為に自らを鼓舞して働くということを考えさせられる
空飛び回るビジネスマン系映画!おもろそう!と思ったけどいまいちでした
題材は良いのになんか、解雇とか、時代とか、職場関係とか、恋愛とか、家族愛とかいっぱい要素詰め込みすぎて、全部薄れてしまったよおおおおお!!!
オチしっかり!笑
私もこんなライフ憧れてたけど、寂しいもんですね。

会社にいにいのEXITやん!w あの時代にしてはめちゃくちゃ斬新な発想だったかもしれんな!
キャスト地味に豪華じゃね?笑
あとジョージクルーニーがセクシーだったなあ
サ

サの感想・評価

4.2
こんなに泣く映画だと思ってなかった。
特に主要なキャスト3人(2人?)の言葉のひとつひとつが刺さりまくる。名言大量生産品。
挿入歌にもあるようにBE YOURSERFが答えだと思うけど自分ばっかりでもだめだし、幸せは周りの人がいて成るものなんだと改めて思う。
挿入歌がすごく好きだしストーリーも好きで良い作品に出会えたと思う。
エンドロールはちゃんと最後までみたほうがいいかと…
7

7の感想・評価

3.6
やっぱり対面かオンラインかって重要な選択だと思う。
対面ならではの感じるものだったり動かされるものってある。
オンラインは移動時間もかからないし、効率的だけどその人のことをどれだけ知れるかっていいったら限りがあるよね。
デトロイトの自動車産業で働いている人を首にする回は結構印象的だった。やっぱり貧しい都市だけに、失業して苦しむことも多々あるかと。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.0
生き方について考えさせられた
家族や友達を大事にしたいな
明日からまた1週間頑張りましょう
>|