マイレージ、マイライフの作品情報・感想・評価

「マイレージ、マイライフ」に投稿された感想・評価

蝶さん

蝶さんの感想・評価

2.9
あなたの“人生のスーツケース”詰め込みすぎていませんか?
企業のリストラ対象者に解雇通告する“リストラ宣告人”の仕事で年間322日間も出張しているライアン・ビンガム。自らの講演でも謳っている「バックパックに入らない人生の荷物いっさい背負わない」をモットーに人間関係も仕事もあっさりと淡泊にこなし、結婚願望も持たず家族との距離を置いたまま、ただマイレージを1000万マイル貯めることが目下の人生の目標となっていた。
ジェイソン・ライトマン監督作品。
太猿

太猿の感想・評価

4.0

好きな映画!
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.6
何がかはわかりませんが。
とても映画の世界へ引き込んでくれる映画でした。世界中を飛び回って人を解雇しまくるのですが。描き方、俳優のハマり方、設定、どれも心地よく最後まで楽しませてくれました。
ジョージクルーニーだいぶくたびれてきましたね笑笑 それがまたいい!
会社員

会社員の感想・評価

3.0
現代らしい、根を張らない生き方。そこに幸せはあるのか。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
必要だと思っていたものが、手に入ってからは価値を感じなくなり、また失ってから大切だったとわかる…というのがしみじみと伝わってくる。

マイルがこんなにたまるとうらやましいな、と思いながら観ていたけれどどこか切ない気持ちに。
じゅり

じゅりの感想・評価

3.7
もうアレックスどうして!!の
感情にすべてを持っていかれた
主人公自身の成長ぷりを
もっと濃厚に描いて欲しかった
愛のある人生がいいね
美波

美波の感想・評価

3.2
エンドロールの最後の最後の音がいい。

アレックスみたいな女の人にはなっちゃ嫌だし、ジョージ・クルーニーみたいな上司はすてきだ!

アメリカ国内だからかそこまで旅行したくはならない。
きっと、旅行欲求めてる人にはすすめない。でも人に優しくなれそう。
金曜日の夜。お盆休みが明けて気持ち的にも仕事に身が入りきらないまま、また週末に。
そんな夜に映画を観ようと、Huluの作品を探す。
全くなんの情報も得ないまま、本作のスタートを押す。
ジョージ・クルーニーが主演ということしかないまま物語は進む。

日本にもこんな仕事があるんだろうか?企業のリストラ対象者に対し、リストラの勧告をするとてもストレスの溜まる仕事。だからこそ、その各地への訪問には最高級の待遇なのか、マイルがたまっていく。
彼の夢は桁外れのマイルを貯めること。
いや、彼にとっては嫌な仕事に向かうその為の贅沢であり向かうためのモチベーションなんだろうか。と感じながら観ていた。

ハッキリ言って、とても「この映画おもしろー!!!」っと言える映画ではない。むしろつまらない。
だけど、引き込まれてしまう映画。

起伏は少ないものの、彼の考え方や生き方などが少しずつ変化していくところや、人は決して1人では生きられないというのも、彼の心の変化から感じられる。

アレックスを演じた女優さん、そんなに綺麗かなぁ。確かに、同じ価値観やとらわれない関係を望む姿はカッコいいとは思ってたんたけど、きっとシカゴに住んでるところには愕然とするものがあるんだろうなと思って観てたら、やっばりぃぃぃぃ!!って声が出てしまった。
その後の彼の仕草は痛々しい。自信とか想いなんかが崩れたような、いやこれでいい。と言ったようなそんな演技がさすが。

ナタリー(アナ・ケンドリック)とくっついちゃえばいいのに!なーんて思いながら観てたけど、いい男は最後までカッコいい仕事をさらりとする。結婚した妹夫妻に施すあのマイルの使い方もシビれる。

ラストシーン、彼がスーツケース(作品ではバックパックって言ってたけど)から手を離したシーン。なーんか心に残った。

お盆明けのダレきった気持ちを少しだけ持ち上げてくれる様な…
というのは大袈裟かな?
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドかと思ったら幸せになれなくてなんか辛かった。でもこれはこれで幸せなの?
>|