ジャッジ!の作品情報・感想・評価・動画配信

『ジャッジ!』に投稿された感想・評価

Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.0
うどん食べてニャーニャー
ペン回し
ちくわの穴を覗くと未来が見える
ゲイカップル
票集めと挙手
美味しいものは美味しいと言おう
オタク
結婚前の北川景子
伊代は16歳
終始寝てるやつ誰?

前半のテンポが悪いし、笑えるところもあまりない。真面目で気弱より元気で打たれ強さの方が見て楽しいと思う。
aYAnO

aYAnOの感想・評価

4.1
面白かった〜よかった〜
観たのだいぶ前だけど、テレビCMの世界的コンテストに挑むってなかなかないストーリーで新鮮だったからすごい覚えてる
コメディもしっかり楽しかった
良かった!!
トヨエツはやっぱりこういう胡散臭い役が一番あってるな。
北川景子美しすぎてもはや生物に思えない。
Kayo

Kayoの感想・評価

4.3
キャスティングが濃い(笑)豪華。テンポもいいし、あっというまだった。面白かった。
普通にクライアントの要望聞いたら大失敗して上司にどやされるシーン見てオエッってなった
G

Gの感想・評価

-
妻夫木の演技って基本この映画みたいなのが多いけど、よく似合ってるよね。
これも思い出のひとつ
Amy

Amyの感想・評価

4.2
バカバカしさと本気さが相まってサクッと見れる映画の中でかなり好きです。トヨタのCMはほんとうに凄くて息を呑みました。
コメディ感覚が中途半端。せっかくの北川景子のキャラもはまらない。
odyss

odyssの感想・評価

2.0
【恥ずかしくないの?】

正直に言うと、少し笑えるところもありました。
でも見終えて、いや、見ている最中から、これって何なのかなという疑問が頭の中で渦を巻いていました。

喜劇なんだから何だって笑えりゃあいいようなものですが、でも恥ずかしい笑いってあると思う。内輪ネタでの笑いなんかそうですね。内輪ではいいけれど、外には出せない。出したら恥ずかしいという意識は、最低限持っていないといけない。

この映画もそうです。べつに国際映画祭のコンペティションに出せとは言いませんけど、外国に輸出できるでしょうか。できないでしょ、こんなんじゃ恥ずかしくて。万が一にもそういうオファーがあったとしても、「日本にはもっといい映画がありますから」と逃げの一手になること必至。

すごく恥ずかしい映画。こんなのよく作りましたね。妻夫木聡くんや北川景子さんが気の毒。喜劇に出るのは構いませんが、もっといい作品に出してあげたい。

それにしても、こんなの作ってるようじゃ、韓国映画に負けるのも当然だろうな。
ウォシ

ウォシの感想・評価

3.7
ダメCMを国際広告祭で入賞させるべく広告代理店が裏で奮闘するコメディ。

評価される作品というのは「どれぐらい素晴らしいか」よりも「偉い人を何人味方につけてるか」という黒い基準からなるという事を、映画的に誇張された世界観でありながらもまざまざと突きつけてくる。

純粋な「好き」でたとえライバルだろうと評価する事が勇気ある行動となる。
クリエイティブとはほど遠くなった世界をそんな価値観で渡り歩こうとする力強さは希望を感じさせる。

冒頭のキツネを猫に変えさせられるくだりは、実際に仕事で似たような事を食らってきたので今見ると辛い…
大勢の「良い」が社長1人の「何か違う(具体的に何かは言ってくれない)」でひっくり返され激務再開となる事はよくあります泣
観た当時は就職前の大学生だったので笑ってられたけど、今は本当にこんな状況あるんだ…と社会の厳しさを味わっています笑

「◯◯が作った料理だから美味しい」ではなく、「自分が美味しいと思った料理だから美味しい」。
映画レビューを書く上でもこのような価値観は大事で、その気持ちを思い出させてくれます。

ただマイナス点もある。
特に実際に賞を獲ったCMを使って作中でベタ褒めするのはどこか贔屓してる感じがあって正直フェアな感じがしないところ。
不当な組織票と戦う話なのに「このCMを良いと思わないなんて…」というまた違った圧を感じてしまう。
説得力はあるけどここも架空のCMでやって欲しかったところ。
ハケンアニメ!みたいにやってくれたらすんなり入り込めたと思うけど、賞獲るほどのCMって神作画アニメを作る以上の難易度だと思うのでそれは結構無茶な要望なのかも。
>|

あなたにおすすめの記事