ジャッジ!の作品情報・感想・評価

ジャッジ!2013年製作の映画)

上映日:2014年01月11日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.5

あらすじ

世界一のテレビCMを決める広告の祭典、サンタモニカ国際広告祭。落ちこぼれ広告マン、太田喜一郎(オオタ・キイチロウ)は、社内一のクセモノ上司、大滝一郎(オオタキ・イチロウ)に押し付けられ審査員として参加することになる。毎夜開かれるパーティに同伴者が必要と知った太田に懇願され、仕事はできるがギャンブル好きの同僚・大田ひかり(オオタ・ヒカリ)も“偽の妻”としてイヤイヤながら同行することに。戸惑う太田は…

世界一のテレビCMを決める広告の祭典、サンタモニカ国際広告祭。落ちこぼれ広告マン、太田喜一郎(オオタ・キイチロウ)は、社内一のクセモノ上司、大滝一郎(オオタキ・イチロウ)に押し付けられ審査員として参加することになる。毎夜開かれるパーティに同伴者が必要と知った太田に懇願され、仕事はできるがギャンブル好きの同僚・大田ひかり(オオタ・ヒカリ)も“偽の妻”としてイヤイヤながら同行することに。戸惑う太田は、なぜか審査会に詳しい窓際族、鏡さんに怪しげな特訓を受ける。 世界各国の代表が集合し、華やかに審査会が開幕する中、太田はちくわのCMで賞を獲らなければ会社をクビになってしまう!?という、まさかの事実を知る。世界中のクリエイターたちが、やっきになって駆け引きや小芝居を繰り広げる中、ライバル会社のエリート、木沢はるかも参戦。太田は持ち前のバカ正直さと、鏡さん直伝の数種類の英語を武器に奔走する。そして、ひかりの助けを借りているうちに、偽夫婦だった2人の距離も次第に近づき始めて・・・?

「ジャッジ!」に投稿された感想・評価

広告代理店の話。どこまで忠実なのかわからないけど面白かった。
妻夫木聡が好きなら見るべき作品。
北川景子とかリリーフランキーも良かった。

ストーリーはくだらないけど割と好き。
ひろ

ひろの感想・評価

5.0
感動のコメディ映画。
終わり方大好き。
ニャーニャー。
2回目の視聴だけど、邦楽で一番おススメ。
北川景子の破壊力が半端ない。
もう一度だけ言う、ニャーニャー。
usuryo

usuryoの感想・評価

1.9
箸休め的な映画が観たくて、気楽でどうでもいい映画をチョイス。次点、女子ーズ。
前半おもしろい!オープニングのサカナクションにちょっと驚き、豊川悦司でツボった。ガンガン小ネタを入れてくるテンポの良さ。
しかし中盤以降、めちゃくちゃ失速。ほぼ全員のキャラと英語力のブレ幅が広すぎ。良くある感じで展開は読める。前半の勢いのまま小ネタをもっとストックしておけば、捻りのない後半をもっと楽しくできたと思うのに。
わざとらしさでトヨタ、オタク、日本をバカにする全方位射撃すき。前半5点、後半1点、ラストの北川景子に5点!
私はこの映画が大好きなんですけど、なぜかというと、かわいい妻夫木くんと強気な北川景子が見られるからです。
あとは普通に内容もおもろい
yanopiss

yanopissの感想・評価

2.8
「逆風は振り返れば追い風になる!」「無茶と書いてチャンスと読め!」
この二つの名言は、しがない営業マンには刺さるお言葉。
サクッと見るのにちょうどいいかなと思って見てたら予想通り!
妻夫木って案外ダメ男の役似合うよね。
北川景子はいつも通り100点満点の美しさ…
脇を固める豊川悦司、荒川良々、加瀬亮、リリーフランキーもいい味出してる。
テンポもいいしストーリーも単純だから見てて飽きない。
おすすめ!
初夏

初夏の感想・評価

2.5
序盤の上司のクソっぷりや合コンの女の子たちの辛辣さからあまり期待せずにスタートしましたが、最後は人との出会いってステキだと思えた。
与えられた役割を自分らしく一生懸命こなすこと、現実はきっとこんなに上手くはいかないけど、後悔しない選択をしていきたいと思った。
gatamaro

gatamaroの感想・評価

4.0
正直者とズルい奴の戦い。
妻夫木くんは、ものすごく頼りないのにどこか憎めないキャラを演じるのが上手い……
この映画の北川景子ちゃんはムスッとした表情が多い役柄だけど相変わらず可愛い。(肩紐見えてた気がするけどいいのかな)(あの脚の上がり方、体がとても柔らかいんだろうな)
現実世界ではきっと なかなかこうは行かないだろうけど、最終的にスカッとできたし、わかりやすい伏線がいくつもあって楽しめた
honoka

honokaの感想・評価

4.0
広告代理店の話。
妻夫木が演じてるオオタみたいな人、タイプじゃ無いけど。
意外とありだわ〜っておもった映画でした。
>|