奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの作品情報・感想・評価

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:99分

3.3

あらすじ

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」に投稿された感想・評価

futebol

futebolの感想・評価

3.2
タイトルの付け方が画期的で、長いタイトル嫌われそうやけど、逆手にとってインパクト残るタイトルをつけてる映画。
妻夫木聡は日本の俳優の中でトップクラスに良いからそれだけでも楽しめた映画やったけど、映画自体はそこそこって感じやったかな。
すごくキスしたくなる映画w
こんなの誰でも狂わされてしまう。

途中で飽きることもなく結構面白かったです。
公開中に観よう観ようと思って逃した映画だったけどやっぱり映画館で見ればよかったかな。

このレビューはネタバレを含みます

ちゃんとiphoneにはロックをかけなさ〜〜〜い!!
としか感想が出てこない。
終盤で集結した時に妻夫木くんが「なんなんだよこれ!!」と叫ぶが、見ているこっちもなんなんだよこれ、という気分にさせられる一作です。

原作は粗い絵で話運びも突拍子ない不器用な作りながらもストーリーのパワーだけで魅せてきたのに対して、この映画、いろいろと装飾しすぎなのにアレンジする為に削ってる箇所が多くて、おもしろくなりかけてパワーダウン、またおもしろくなりかけてパワーダウン、みたいな繰り返しで非常にもどかしい。
まず水原希子さんというのがミスキャスティングで、水原希子さん自体は妖艶ではあるが蠱惑的というわけではなく、セクシーというよりはスレンダーで、綺麗だが性的魅力があるという方向性ではないので、次々と相手の情欲かき立てて手玉にとっていく今回の役柄は少し違うような気がします。もっと露骨なぐらいの媚び媚びの扇情的な女優でもよかったんじゃないかと思います…。原作での振る舞いから、大人っぽさではなく幼さをもっとイメージしてたので…。
それでも水原希子さんの演技力と求められるものに応えようとする全力の姿勢は素晴らしくて、人の心を弄びながらそっぽ向く感じが良い。
ノルウェイの森のミドリ演じてた時もそうだったけど、ミステリアスさの面においてはかなり良かったです。
ただ出会った全員の男を狂わせられるかといったら違って、顔立ちとオーラの高貴さが「刺さる人には刺さる」レベルで、そのズレが大きな違和感となってこの映画全体のつかみ所のなさを表しています。
そもそも妻夫木くん、やっぱりイケメンすぎて説得力ね〜〜〜!!数々の駄目人間、へたれ人間演じてきてほとんどが役にピッタリあてはまるぐらいだったのにこの映画には合ってない…。なんだか社会的に強そうに見えてしまう。本人が結婚したからとか抜きで、昔よりも更に凛々しさに磨きがかかってるのか、妻夫木君のへたれ役、浮きまくりの違和感しか感ぜず…。

原作の薄い場所と濃い場所と大根監督の濃い部分と薄い部分が見事にかみ合ってなくて結果無味無臭の平淡なつかみ所のないような映画になってしまっている…。

ホラーテイストの流れにするならきちんとやってくれ…、なんで最後パーティ会場に場所を移しているのかわからなくて、あの水浸しの人がいない空間も意味が分からなくて、原作の本屋に駆け込んで乱闘する方がまだよかった、意味がわからない…。

安藤サクラが最高の演技をしていました。
過剰だけども原作以上の不可解さと近寄り難いけど魅力ある姿が最高でした。あと学んだ事は、松尾スズキ≒リリー•フランキー。

やりたいことはわかるし言いたい事もわかるけど過剰すぎてすこし興ざめてしまう箇所が多い。
キスラッシュの時の奥田民生ぶつ切り場面変換とか一番のめり込め初めなのに全然白けてしまったし…。
オーガニックスーパーでの喧嘩はすごくよくて狂わせガールのどこに地雷潜んでるかわからない緊張感とコウロキの気の利かないけど一生懸命繋げようとして空回りしてるあの場面だけでもなれない男と狂わせガール〜〜〜〜!って感じだったので。

狂わせるガールに男たちが狂っていく〜〜!という感じを出すにはいろんな方向性がずれていて求めているのと別の作品になっているのがとても残念でした。
きゃん

きゃんの感想・評価

3.3
奥田民生に憧れる30代なかばの雑誌編集者と、思わせぶりなファッションブランド美人広報との恋模様を描くラブ・コメディ。妻夫木くんを始めとした男たちが水原希子に振り回されるお話。

奥田民生を敬愛する35歳の編集者コーロキは、ライフスタイル雑誌の編集部に異動することに。不慣れな環境に苦労しながらも日々奮闘していたある日、仕事で出会った天海あかりを好きになる。それ以来彼女にふさわしい男になろうと仕事に打ち込み、デートの時も一生懸命頑張っていたが、何をやっても空回りしてしまい・・・

奥田民生の音楽聞いたことなかったけど、劇中に流れてくる音楽みんな良くて色々と聞いてみたくなった。色んな場所でキスしまくるシーンがミュージックビデオのように流れるところが好きだった。水原希子ちゃんのキスがエロすぎてた。恐るべし出会う男すべて狂わせるガール。自でやってるんじゃないかってくらい役にハマってた。ワンピースの長さが絶妙だった。

妻夫木くんはちょっぴり情けない役が似合うなあ。振り回されっぷりが見事だった。安藤サクラ、新井浩文、松尾スズキさんが安定の良いキャラ。

新幹線逃してあかりあかりと叫んでいる辺りの頑張っても報われない妻夫木くんを最高に応援したくなっていたところだったから、純粋さを押し殺して渡り合っていく彼を見るのがとても辛かった。(笑)

民生にはかけ離れていると自分でも気付いていたしねえ

希子ちゃんの美しさはさることながら、みかみさんが画面に現れた瞬間脳内楽しいモードに切り替わった(笑)これは間違いない!という安定感。
安藤サクラさんすごい。

おもしろかった、しかし、全体的にむずむずする!というか全身がむずがゆい!!
いずこ

いずこの感想・評価

2.9
今まで見た水原希子のなかで一番魅力的に映ってた!
モテる女の子の態度とか、考え方とか、あんな感じだよなぁって納得した
ゆ

ゆの感想・評価

3.8
ポップでライトな雰囲気だけど脇役たちがすごい豪華で面白かったよ〜とくに安藤サクラ、リリーフランキー!

水原希子ナイスボディすぎるエロ可愛い……男ってこんな簡単に恋に落ちるのー?!飛ぶ鳥を落とす勢いだ🦅

『aikoになりたいガールと出会う女すべてを狂わせるボーイ』やってほしい、、

aikoになりたいガール:多部未華子
すべてを狂わせるボーイ:オダギリジョー

ど、どうでしょうか……
Luri

Luriの感想・評価

3.0
「クレバーに生きるにはアホになるしかない」ってのは、ほんとうかも
KY

KYの感想・評価

3.6
地雷覚悟で鑑賞。なんだよ、意外とおもしろいじゃん。しかし水原希子に溺れるかね?水原希子に狂わされない自信はある。しかしあんなにベロチューされたら狂わされるんすかね?出会う男すべてディープキスで狂わせるガールだった。
どこでも上手くやっていけるタイプの女。
可愛いな..女の私でも狂わされそう
>|