奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの作品情報・感想・評価

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:99分

3.3

あらすじ

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」に投稿された感想・評価

ももか

ももかの感想・評価

3.1
軽く流して見るのに丁度いい感じ。水原希子ちゃんが可愛いいし、役にハマってる。
tigers1982

tigers1982の感想・評価

2.7
モテキの衝撃から何年経ったんだろう。大根仁監督をずっとフォローしてきているけれど、あの衝撃を超えてくる作品は未だない。ちなみにモテキに次ぐ2位は恋の渦。
やすき

やすきの感想・評価

3.2
妻夫木聡の純粋さがなんだかほっこりさせられる
そしてなぜか自分を重ねて見てしまう
余談だが水原希子に似ている女性で狂わせガールに私は出会ったことある
今思うとただただ怖い
淑女

淑女の感想・評価

3.3
👦🏻奥田民生になりたいボーイが「奥田民生に近づく努力」を全くしていなくて驚き。
でも、考えたら多くの人が「憧れの人」がいながら、その人に近づく努力が出来ずにいるよなあ。

対象が奥田民生じゃなくても、多くの人が「こういう人になりたい」「こうありたい」と考えた時点で、
現在の自分と理想に大きなギャップがあって、自分のする選択が理想と全然違ってて、後で恥じたり怒ったりする。
「憧れ」とか「理想」とか言っても、案外みんな適当なんだろう。
(恐らく「痩せたい」と言いながらダイエットをせず、体型をいつまでも嘆く人が多いのは、そういうことだ。)
(それも全然悪いことじゃないと思うけど)

コーロキに腹が立つのは、その適当さが目に余るほど見えてくるからだと思う。
側から見たら、何の努力もしてねぇじゃん!って、言いたくなる。
私だってそうなんだけど。

それでも誰が何と言おうと、彼は奥田民生が好きで「奥田民生になりたい」と思ってる。
どんなに奥田民生に憧れても、ラーメンで汚れた服を気にせず歩くというのは勇気が要るよなあ。

別に汚れた服着なくたって、誰が何と言おうと自分の心に奥田民生がいて、たまに思い出して真似したり、彼ならどうするか考えたり、
「憧れの人」と自分は、それくらいの関係で良いのかもしれないと思ったりした。


👩🏻狂わせるガールちゃん、ヤバ〜
「男にモテる女は、女に嫌われてる!」みたいなアホみたいな固定概念もサラッと壊してくれてて良かった
男女問わず「モテ」を書こうとすると「女のドロドロ」とか書きたがる人多くて嫌なのよ。
モテる為に、他の人を踏み台にする人間が嫌われるだけであって、女も男も関係ないんやで。
モテる人は踏み台なんか無くてもモテんだよ!というね。

いや正直ここまで男性を狂わせる女性なら、もっと「可愛らしい」女優さんって他にもいたとは思うんだけど、
水原希子さんという、どちらかと言うと背も高くて洋風な顔立ちした綺麗な女優さん起用したのは何でだろうなぁ。
それでも全くミスキャストだと思わなかったので凄い。エッチでした。


妻夫木くん今回も素晴らしいなぁ。
先月「来る」みたので、腹の立つ役が似合うなあと思ったんだけど、同族嫌悪的なものだと思うので、リアルなんだろうな。
絶対こんなヤツにはならないぞ!と思うほど、私はこんなヤツなんだろう。笑

エンディングで流れたCUSTOMの
「誰か 誰か 見てて くれないか」
という歌詞、めちゃくちゃグッとキタ〜。
自分の伝えたいことが誰かに伝わるって、ロックだよなぁ。ロック聴かないから分かんないけど、ロックだと思う。ロックだな。
yasuka

yasukaの感想・評価

3.0
大人になった妻夫木がそば屋で向かいの席に座った昔の自分を見て涙を流すシーンに心が痛くなった。
あれが私だったらもうぐっしゃぐしゃに号泣してるだろうな。しかし3年後、ではないな。10年後、だな。
タイトルのまんま笑笑
水原希子に出会う男がみんな
狂わされていく映画ですね。


奥田民生系男子すきじゃないな〜
てか奥田民生系って何(笑)
妻夫木聡の顔面だからまあなんとか
なってるけど普通の人なら絶対無理。
大根仁さんにかかると全部が
モテキにしか見えない魔法。


でも序盤とラストは衝撃的でした。
いやいや結論みんなじゃん!!
っていう気持ちになるし最後グロめ。


水原希子の役は、
女にはめちゃくちゃ嫌われるけど
男にはめちゃくちゃモテるタイプ。
あのくらいの美貌があったら
毎日楽しいだろうけど好奇の目に
晒されて可哀想な気持ちにもなる。
ミザゴ

ミザゴの感想・評価

3.0
民生の曲がひっきりなしにかかっててシンプルにうるさかった。水原希子が、ガリガリなのに肉感と肌感があるのがよくわかり、そういったところは楽しめると思うよ。ただやはり大根仁苦手すぎる。
奥田民生はめちゃくちゃかっこいいし、
安藤サクラ好きだわ〜ってなった

わたしも確実に男だったら○○になりたいって思いながら人生生きていくタイプだわって感じ(女でも映画の登場人物とかバンドマンに影響されやすい)
manami

manamiの感想・評価

-
民生は好きだけど、民生っぽい男はめんどくさそうだし、まして民生になりたい男ってイタイな。でもこの作品の「奥田民生になりたい」っていうのは、言葉のまんまの願望というより、良くも悪くも「若さ」「青くささ」の象徴なんだろうな。そういうのを捨てて、いろんなことを諦めて、でもそれと引き換えに他のものを手に入れてく。
「女子は大人になることを受容していく、男子は大人になることを獲得していく」これは授業で習った一節。
コーロキは大人になることを獲得していき、最後のお蕎麦屋さんのシーンになる。

このレビューはネタバレを含みます

笑える、希子ちゃんえろいかわいい、最後怖いけど不思議な感じよかった
>|