奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの作品情報・感想・評価

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:99分

3.3

あらすじ

奥田民生を崇拝する35歳、コーロキ。おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。 その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデ…

奥田民生を崇拝する35歳、コーロキ。おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。 その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」に投稿された感想・評価

モテキ再来!
後ほど詳しくレビュー!
ぞえ

ぞえの感想・評価

3.8
試写会で一足早く見てきました!
うわー、わかるって感じる。
先読める展開なので、そこだけが、、、
笑った。切ない。
完成披露試写会にて

安藤サクラちゃんと新井浩文ワールド全開だった。二人の演技力でもっていった感じ。
水原希子ちゃんが女子会では女子会で求められる自分を出してるとこ(顔芸)を見て嫌いになれなくなった。
そこまで狂わせるガールじゃなくて男が狂わせられているだけな気がする😀
shihong

shihongの感想・評価

3.3
完成披露試写会で。
楽しみました。

原作は知りませんが、大根ワールドなのかと。
男性が都合よく描く女性像を、希子ちゃんがバッチリやってくれました。

いつか天使みたいな女の子が現れて、全部赦して受け入れてくれるとか幻想だし、
いつか王子さまみたいなイケメンが現れて死ぬまで添い遂げてくれるとかも幻想ですからッ!

テンポのよいカット割りで、ディープリィなキスシーンもイヤらしくなく。
巨乳でも無いので、半裸でもイヤラしすぎず。
クソ美人なわけでもないので、イヤミな感じでもなく。
なんだろ、ちょーどイイ。
ライトなんだな。

しかし、カップルにはお勧めできないかも。
友達同士で観に行ってください。

90年代を生きた人には懐かしく、また民生ズキなら嬉しい映画。
劇中、ずっと曲がかかってるとかないしね。


上映中、何人か出入りしてて鬱陶しいなぁと思ってたら監督でした。
舌打ちしなくて良かった(笑)
鑑賞を邪魔されるのは嫌いなので。
みくり

みくりの感想・評価

3.0
水原希子のえっちさを合法的に見れる
安藤サクラが本当にサイコー

あ、あとネタバレかもしれないけどパーティーシーンで水原希子の妹の水原佑果がDJ役でたぶん出てた
JBOY

JBOYの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて。

電話切られた後の一人語りはラブホテル(切ない!)
エンドロールは雪の断章を思い出す。

ただ最後の全員集まってやり合う所はもっと詳細にエグい感じで見たかった!(最後のキスは蛇足に感じた)
でもラストの外国人と並んで歩く水原希子に(あ、この人一生届かない存在だわと)叩きつけられた感じが嫌いじゃない(あの前半を占めるキュートな笑顔からの最後の表情の変わり様に殺られた)

ちょいちょい微妙な部分があったので、大根さんの次作に期待。
hime

himeの感想・評価

3.5
完成披露試写会にて。

「モテキ」の世界観が好きな人は是非映画館で観るべき。
水原希子嬢、ハマリ役。
リリーフランキーさん、やっぱりすごい。
安藤サクラさんも素晴らしい。

とても楽しい時間を過ごせました。娯楽作品。
tomtomcat

tomtomcatの感想・評価

3.5
おもしろかった。
水原希子がハマってたし、妻夫木くんの
情けなさやチョロさが可愛らしかった。

最後 お蕎麦屋のシーンがシミジミと良い。

あと安藤サクラは最高。
>|