NOの作品情報・感想・評価

NO2012年製作の映画)

NO

上映日:2014年08月30日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

フリーの広告マンとして忙しい日々を送っているレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)のもとに、かねてから家族ぐるみの付き合いがある友人ウルティア(ルイス・ニェッコ)が訪ねてくる。ウルティアは反独裁政権の左派メンバーのひとりで、近く実施される政権の信任継続を問う国民投票の反対派「NO」陣営の中心人物であった。 今回、投票までの27日間、政権支持派「YES」と反対派「NO」それぞれに1日15分…

フリーの広告マンとして忙しい日々を送っているレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)のもとに、かねてから家族ぐるみの付き合いがある友人ウルティア(ルイス・ニェッコ)が訪ねてくる。ウルティアは反独裁政権の左派メンバーのひとりで、近く実施される政権の信任継続を問う国民投票の反対派「NO」陣営の中心人物であった。 今回、投票までの27日間、政権支持派「YES」と反対派「NO」それぞれに1日15分のPRができるテレビ放送枠が許され、広告やCM制作の責任者として新進気鋭のクリエーターであるレネに白羽の矢が立ったのだ。 政権が対外的に平等をアピールしているだけの出来レースと、気乗りしないレネだったが、次第にプロの広告マンとしてのプライドをかけて制作に取り組むようになっていく。 はじめ、彼の作る資本主義の象徴のようなCMは独裁政権下で弾圧をうけ迫害されてきた党員たちから非難されるが、明るい未来、喜び、そして希望を謳いあげる斬新でウイットに富んだ言葉や映像は国民の心をつかんでいく。 そんな風潮に焦りを感じた「YES」陣営たちは、賛成派の広告アドバイザーとして関わっていたレネの上司グスマン(アルフレド・カストロ)を広報責任者とし、強大な権力を使って「NO」陣営へ妨害と脅迫行為を繰り返し、押さえ込んでいく。 「YES」派と「NO」派の熾烈なCM合戦が繰り広げられ、いよいよ投票日がやってくる…。

「NO」に投稿された感想・評価

マスメディアの影響はこの映画のように良い影響ばかりとは限らない...
Anna

Annaの感想・評価

4.0
ガエルガルシアベルナル、見るたびにかっこよくなっていてつらい
ラテンアメリカの歴史はどの国もとても複雑で、それなのにひとはみんな陽気で、底力みたいなものを感じる
民主主義も共産主義も社会主義も、自分たちの望みを実現したいひとの多くは良い面を語る
実際に起きることと想像してきたことには確実にズレがある、てっぺんの人間だけにコントロールされる社会はほんとうにクソ

印象的なのは、立場が下位だと望みは叶わないと思いがちで、でも失うものがないので自由なものをつくる、挑戦できる、そしてそのパワーが新しい世界をつくったりする
上位の者は、過去のネガティヴイメージのあとに今の良いところだけを映す
この歴史は私たちが作ったんだ!という感じで。国旗とか振りまくる。

どの社会も共通するところがあるなぁとおもう
政府に監視されている場合じゃなくて私達が政府を監視する立場が本来の民主主義のはず
そして今この社会は良い面も悪い面も、お金持ちで頭の悪いおぼっちゃまたちが作ったものではなく私たちがつくったもの
ntm723

ntm723の感想・評価

4.0
リメンバーミーで思い出したようにガエル君の映画が観たくなって借りてきた。

広告マンのサクセスストーリーかなぐらいの軽い気持ちで再生したもんだから、はじめは古めかしい映像にびっくりしてしまったけど、観ているうちにどんどんストーリーに引き込まれて、最終的にはとても感動した。

それほど遠い昔ではない1987年のチリがあんな状態だったとは全く知らなかった。
世界史で習ってない自分が生まれた頃のことをもっと知りたくなった。
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.2
極論かもしれませんが、自分にとってこの映画のあのシーンがどうとか、あの役者がどうとか映画を構成する枝葉の部分なんてどうでもよく、僕にとって最大の欲は、世の中を俯瞰して見たときに映画や音楽や言葉の持っている力が人の心や世界を動かすところが見たいというところにあるのだと思っています。ちなみに、このクールなジャケのビジュアルは僕の心が動かされる最初の摑みであり人の心を動かすのはここから始まってるんだよなーとも。

このチリの「NO」という映画は、かつてチリの独裁政権時代、政権の信任を問う国民投票でのNO派の広告マンを中心に、まんま「映像や音楽の持つ力が世の中を動かす」という実話の無血革命のお話なので面白くないわけないのですが、いつの時代も革命とアーティストの結びつきは強く、YES派(敵)の戦略がNO派の揚げ足を取ってくるだけのものに対し、全く違う次元で未来のチリを音楽や映像で楽しく美しく見せていく彼らのクリエイティブには痺れずにいれませんでした。

手拍子のイントロではじまるNO派の応援歌や映像の質感はジョンレノンとオノヨーコがベッドの上で反戦を歌った「Give Peace A Chance」を連想せずにはいれなかったし、ジョンが言うように、本当に世界を変えようと思うなら世界は変わるのですね。
あい

あいの感想・評価

4.1
主演の俳優さんがかっこよかった。
人を動かすことって、
結構大変だ。
これからの未来を変えたいと思う
若者のひとりとして
満てよかったと思える映画だった。
自由とか希望とかを喜んで
人と抱き合えるなんて、
いいよね。
こんなの見てたわシリーズ。初のチリ映画で、なかなか面白かったと記憶しているのだが……確か、NOという否定のメッセージも、ポジティブで明るく伝えることで大衆の心に届く、ということを描いていたんじゃなかったかな?何らかのメッセージが人の心に届くも届かないも、伝え方、プレゼンテーションの仕方次第だと。広告制作で培われたノウハウがまっとうな目的に生かされた例。もう一度見たい。

主人公を演じているのがメキシコ人の俳優さんだというのが面白かった。スペイン語映画圏も英語映画圏のようにボーダーレスなのだろうか?

この映画ではチリの自然はあまり出てこなかったと思うので、ユニークなチリの地理条件を生かしたチリ映画も見てみたい。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

4.4
(過去鑑賞記録用)

チリ独裁政権の反対派からの依頼を受けて世論をひっくり返すようなTVCM製作を依頼された広告マンの話。

実話を元に作られているので、当時の映像満載ですごくリアル。昔のザラザラとした質感のフィルムもかえって新鮮。面白かった!

【追記】
これ、原題も邦題も「NO」ですごくシンプル。日本用のオリジナルの邦題をつけられなくてよかった。
まだ

まだの感想・評価

3.5
独裁政治が長く続いたチリで、国際批判を受け、政権の信任を問う国民投票が行われることに。
誰もが現在の政権が勝つ、出来レースだと思っている中で、反対派の広報に関わることになった広告マンの主人公が、様々な妨害にあいながらも、CMの力で世論を変えようとする話。

主人公が最初から政治的手法ではなく広告的手法で戦うのが痛快でした。

最初はその手法をバカにして、政治的なCMで広報を行っていた敵陣営や味方の頭固い人たちも、主人公たちのCMの効果を目の当たりにし、その路線に慌てて乗り始めるんですよね。

難しいものではなく易しいものを。
悲観的ではなく楽観的なものを。
少しでも大衆が興味を引くものを。

信念とか、形式とかはわりとどうでもよくて、最終的に大衆に受け入れられたものが「正解」となるという、今にも通じることが描かれてると思いました。

作中は1900年代後半なので、テレビでの広告メインでしたが、仮にインターネットが主流だったらこの広告合戦はどう加熱していたのだろうと思い馳せてました。
rrrr

rrrrの感想・評価

2.0
話の繋がりや光の加減など見にくさが目立つ、題材には期待してたが、
りこ

りこの感想・評価

4.0
最後まで広告屋として戦う、の一言がめちゃかっこいい。

広告としてウケるかどうか、ってところと、ずっとひどい扱いをされていた社会主義者の人たちの苦しい想いをどこまで伝えられるのかっていう葛藤をずっと描いていたのが良かった。
主人公が最後にグッと表情が明るくなるところも素敵だった。
>|