NOの作品情報・感想・評価

NO2012年製作の映画)

NO

上映日:2014年08月30日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

フリーの広告マンとして忙しい日々を送っているレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)のもとに、かねてから家族ぐるみの付き合いがある友人ウルティア(ルイス・ニェッコ)が訪ねてくる。ウルティアは反独裁政権の左派メンバーのひとりで、近く実施される政権の信任継続を問う国民投票の反対派「NO」陣営の中心人物であった。 今回、投票までの27日間、政権支持派「YES」と反対派「NO」それぞれに1日15分…

フリーの広告マンとして忙しい日々を送っているレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)のもとに、かねてから家族ぐるみの付き合いがある友人ウルティア(ルイス・ニェッコ)が訪ねてくる。ウルティアは反独裁政権の左派メンバーのひとりで、近く実施される政権の信任継続を問う国民投票の反対派「NO」陣営の中心人物であった。 今回、投票までの27日間、政権支持派「YES」と反対派「NO」それぞれに1日15分のPRができるテレビ放送枠が許され、広告やCM制作の責任者として新進気鋭のクリエーターであるレネに白羽の矢が立ったのだ。 政権が対外的に平等をアピールしているだけの出来レースと、気乗りしないレネだったが、次第にプロの広告マンとしてのプライドをかけて制作に取り組むようになっていく。 はじめ、彼の作る資本主義の象徴のようなCMは独裁政権下で弾圧をうけ迫害されてきた党員たちから非難されるが、明るい未来、喜び、そして希望を謳いあげる斬新でウイットに富んだ言葉や映像は国民の心をつかんでいく。 そんな風潮に焦りを感じた「YES」陣営たちは、賛成派の広告アドバイザーとして関わっていたレネの上司グスマン(アルフレド・カストロ)を広報責任者とし、強大な権力を使って「NO」陣営へ妨害と脅迫行為を繰り返し、押さえ込んでいく。 「YES」派と「NO」派の熾烈なCM合戦が繰り広げられ、いよいよ投票日がやってくる…。

「NO」に投稿された感想・評価

KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.0
1988年チリ。軍事独裁政権の信任を問う国民投票までの27日間、反対派NO陣営に与えられた深夜15分枠CMを手掛ける広告マンの奮闘記。実話ベースの緊張感溢れる社会派映画。
広告って仕事の面白さと怖さと虚しさが詰まってる映画。
チリのピノチェト独裁をひっくり返した選挙キャンペーンを手掛けた若き広告マンの物語。
彼の最後の表情に共感する。
jam

jamの感想・評価

3.1
ガエルに惹かれて借りてみたけど、
チリのことをもっと知ってから見た方が面白かったかも。
CM合戦は興味深かったし面白かった!

話とは関係ないけど、どうしてもあの男の子が息子だっていうのがなんか違う感。
もっと親子感ある子役いたんじゃないのか?
santasan

santasanの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

政治にとってプロパガンダがいかに大切か。どうせ勝つから内容はどうでもいいと高をくくっていたYES派に対し、CMの手法を駆使して明るく攻めるNO派。それぞれのコーディネーターが同じ広告会社のボスと彼がその力を認める部下いう構図も面白い。CM合戦の一方で行われる独裁政権の弾圧というこの時代のキナ臭さ。そして結果的に国を変えるきっかけとなったCMの影響力に呆然とする主人公が印象的だった。民意を無視して自らの政策を推し進めるどこぞやの首相にも見て欲しいな。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.8
久しぶりにガエルガルシアベルナル見たくなって

内容知らずに見たのだけれど…

1988年、チリの独裁政権が批判を受け、信任不信任を国民に問うことに

選挙までの27日間、15年間の言論統制を解く形でTVで行われた1日15分間のYES派NO派のキャンペーンが作品の主軸

世界史疎いし、チリのことを知っているわけでもなく、この手の映画で味わう置いてけぼり感で前半は正直つまらなかった

ベルナル演じる主人公レネは広告マン

広告のメッセージ性を信じ、CF的手法でNOというメッセージを国民に発信し続けるのだが、番組制作が始まってからの両陣営の緊張感とジェシーのひたむきさに釘付けになってしまった

奢り、幸せの希求、本音と建前、謀略、仲間どうしの信念の衝突と葛藤、弾圧、怯え、脅迫、主従関係、家族、音楽の力、愛国、性…様々なファクターが渾然一体となった群像劇ながら語り口はとても客観的

2012年作品とは思えない海賊版のような画質なのだけれど、当時の機材感材を使用して撮影されたとのこと

結果、実際の映像との馴染みがよく(クリストファーリーブ、ジェーンフォンダ、リチャードドレファスのメッセージ映像も)、感情に流されないドキュメンタリー的な演出もあいまって説得力のある作品に仕上がっていた

反体制の運動家でありレネの妻である芯の強い女性を演じたアントニアセヘルスが印象的(パブロラライン監督の奥さん)

場面ごとに様々な感情を湛えるガエルガルシアベルナルの瞳が相変わらず反則なくらい、いい

ユーモアたいせつ
社会派ドキュメンタリータッチながらエンタメ風味漂う作品でなかなか面白かった。軍事独裁政権の是非を問う国民投票の広告戦略キャンペーン合戦。単純に勝負や駆け引きとしても面白いし、広告が社会にもたらす影響云々の視点でも面白い。背景等を考えるとそれはもう大変なことだろうけど。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.3
時代背景を知っていたらもっと楽しめたであろう一作。つまり、その当時は知らなかったので、ダラダラと終わったw
YukoKoike

YukoKoikeの感想・評価

3.4
良くも悪くも、広告(CM)の力はすごい。
玉露

玉露の感想・評価

3.0
CMによって投票行動が変わってくる

メディアに洗脳されて国民の意識が変わるのは、なんだかんだ言って
どの時代も同じ
Noriko

Norikoの感想・評価

3.6
画質や手ブレ感がドキュメンタリー調。当時の映像を見ているような感じ。
>|