ジャッジ!のネタバレレビュー・内容・結末

「ジャッジ!」に投稿されたネタバレ・内容・結末

コメディって良いなぁと思わせてくれる、そんな映画だった。

登場人物は割と多いけど、全員キャラが立ってるからちゃんと認識できるし、設定とかも分かりやすくて面白い。

ストーリーはテンポ良く進むし、やり取りは軽妙だし、めちゃくちゃ良質なコメディだった。

こういう映画って、いつ観ても、何度観ても笑えて元気になる映画だと思うので、人にもオススメしたい。

監督を見たら、クソつまらなかった『いぬのえいが』に参加してた監督の初長編作だったようで、あれは何が良いのか分からなかったけど、

「良いものは良い!」
北川景子がいつ妻夫木君を好きになったかがよくわからなかった
映画自体は面白かったし好きなのですが、作中のトヨタのCMの良さがわからず、場面的に盛り上がってるのは理解できてもいまひとつ気持ちが乗り切れなかった…
ラストの「わたし、すごい賭けに出ちゃったかな?!」がすごいかわいい!
台詞回し?言い回し?がとても素敵でした
良いものは良い、悪いものは悪い、おいしいものはおいしい、それだけだよね
まず、役者さん達が豪華で圧倒される。北川景子が綺麗でかわいいくて、妻夫木聡のカッコよさを忘れてしまう。

シンプルに、おいしいものをおいしいと、良いものを良いと言う。
シンプルで当たり前なのにできてない。

何も考えずに見ることができるコメディなのに、最後は引き込まれて、大切なことを教えてもらった。

I’m spinning a pen.覚えておきます。
最後の北川景子のシーンからのアイデンティティ最高。

妻夫木、全てのシーンにおいてかわいいけれどお人好しすぎる( ; ; )( ; ; )
ちくわを覗けば未来が見える!
この作品の京香さん特に好きだな〜。
先の読めない映画が好き
先が読めてもラストに微笑める映画はもっと好き
これから大事なことを言う

この作品面白いです。



観たものにすぐに影響を受けちゃう
私なんです(笑)
少し嘘っぽくなりましたが、
面白いのは本当なんです。

さてさて、話はあらすじ通りで
主な筋はよくあるパターンの話なんです。

くすぶってる主人公がひょんな事から大舞台にあがることに、
問題に直面しつつも、周りの協力もあり、
真っ直ぐな主人公だからこそ、周りの心を動かし、ハッピーエンド。

シンプルなものだからこそ、
面白い、面白くないがハッキリと別れる。

本作は、コメディとしてメチャクチャ面白くて
個人的に超好きだったのは、

サンタモニカ最初の夜?
レセプションの後に喜一郎(妻夫木聡さん)が
間違えてひかり(北川景子さん)のベッドにダイブしちゃって部屋から追い出されたところに
はるか(鈴木京香さん)が来て、軽く怒られて追いかけて謝ろうとしたら、
曲がり角から外人のゲイ(タイ?東南アジア風)が現れて
ゲイ(タイ)「あああああああああ」
喜一郎「うわわああああああ」
ってなって喜一郎が回れ右したら
反対にも外人のゲイ(ヨーロッパ)がいて
喜一郎「どぅわああああああ」
ゲイ(ヨーロッパ)「うわあああ」
ってそこから混戦になるシーン。

もう、大爆笑
ベタっちゃベタなんですけど
タイミングが良いんですよね。

その前の流れとかで
はるかを追いかけて謝って少し話すとかでもなりたつので、そう予想してたところを
うまく裏切られた感じですね。

意表を突くとはまさにこのこと

あとは妻夫木さん含め外国の役者さんも上手い
タイのゲイの方の悲鳴が
楽しんごさんに似てて
アジア人のゲイってみんなこんな感じになるのかなって
変なところ考えさせられました(笑)。


もう1つは本当に最後のシーン
全ての問題が解決して大団円
喜一郎とひかりがナイトプール前で
いい感じの雰囲気
ひかり「私…」
近づく顔と顔、キスするかと思いきや

突然流れるサカナクションさんの
『アイデンティティー』のイントロ

ひかりが私たち観客(カメラ)の方を見て
「すごい賭けに出ちゃったかな」
って言ったら

鏡さん(リリー・フランキーさん)が急に出てきて
メカホン(あだ名とかかってる)ごしに
「いんじゃないの」

で終わるこの流れ

いやーなんか笑いましたね
あ、普通に終わらならないんだってね
もう少し甘い雰囲気を見たかった気もしますが、いやー素晴らしい
喜一郎に色々教えた鏡さんですけど、
もう、出てこないのかななんて思ってたら
最後もってった(笑)


大きなところを紹介しましたが、
なんというか細かい笑いも多くて
(きつねうどん、電話の生留守電)
思わずクスッとしてしまう事も多々
細部まで丁寧に作られてる印象です。

一見くだらない事でも、伏線として全部繋がってくるのが凄いところで
ほんと、よく考えてるなって思います。



また、この映画を彩る俳優さんたちが豪華で
実力派揃いなんですよ。

主演の妻夫木さん
いやーうまいですよね。
喜一郎のような、どこか空気が読めず少しなよっとしてて、でも、良いものは良い、悪いものは悪いと言える男をうまく演じてられて
役と妻夫木さんの境が観てると分からなくなってくるんですよね。
喜一郎が本当に居るように感じられるんです。

国際広告祭前のなよなよ喜一郎
国際広告祭中の少しずつ変わる喜一郎
国際広告祭終わりの一皮むけた喜一郎
観てるこちらも変化を感じましたもんね。


豊川悦司さんもいい味出てますよね
なんでこんなに強面の人がふざけると面白いんですかね。

荒川良々さん
なんかいっつも変な役を乗りこなしてますよね。

リリー・フランキーさんに鈴木京香さん

他にも志賀廣太郎さん、風間杜夫さん、田中要次さん
ほんとこのあたりの超大御所は
1言、ワンシーンのみでも、印象に残りますよね


今回のヒロイン北川景子さん
正直今まで役者?って感じで
ハマってるなって役もなく
まあ、美人だしねくらいだったのですが
本作のひかりは凄く良く
あー素敵な女性だなって思え
北川景子さんの印象が変わりましたね。


ひかりは本当に良い女性ですよね。

ただ、なんでひかりは喜一郎に初めから
好意的だったのか
そのへんを考えるのが楽しみの1つである事は重々承知してますが
そのへんも少し描かれてると
もっと良かったかなと

結構ビクつくタイプの喜一郎が
ひかりの事をひかりと呼び捨てにしてたので、
(名字が同じ「おおた」ってのもあるでしょうが)
2人の仲が良いのは分かるのですが、
カジノのためとはいえ、わざわざ夫婦役して海外についていくわけですからね
なんか結構馬鹿にされてる喜一郎に対する好感度が最初から割と高かったところが
私は引っかかってしまって
特にひかりが思い出とか含め説明が無かったので

2人の仲の掘り下げがあると
もっと違和感なく観れたかなと思いました。


でも、トータルとしてはすごくいい作品です

ペン回しがしたくなりました。
ベーシックなやつはできるのですが
作中のやつは無理そうですね。


余談ですけど
ダメダメな喜一郎はよく電通通ったなって思いましたよね。
入れただけで十分すごい気がします。
この映画自体が作中のちくわCMと同じく不正や馴れ合いで高評価を得た作品という皮肉?と疑うくらい酷い。

毎度お馴染みヘタレキャラ十八番の妻夫木くんだが今回はいつもにも増して雑魚キャラな上に魅力皆無で映画同様ペラペラ。
時折挟む小ボケは寒くてつまらない上にくどいという地獄。外国人の描写もまるで大昔の外国映画に出てくる日本人のようなステレオタイプで酷い。
ご都合主義映画にも最低限の説明責任はあると思うが、この映画はすべてを放棄して結果だけを延々繋ぎ合わせただけの、まさにCMの引き伸ばしという感じ。監督が映画畑の出身でなくてCMとかを手掛ける人間ということで納得。傲慢な広告マンが作り上げた薄っぺらいドヤ感が終始漂っていた。
>|