写真甲子園 0.5秒の夏の作品情報・感想・評価

「写真甲子園 0.5秒の夏」に投稿された感想・評価

yukari

yukariの感想・評価

3.8
最終選考の場所が北海道で行われる、写真甲子園というコンテストが実際にあるというのをこの映画で知った。
熱い情熱を持ってシャッターを切る、高校生達の真剣さが伝わってきて、清々しい気持ちになる。


審査員に写真部の関係性なども見透かされて、写真に撮った時の感情まで伝わるなんてすごいなと思った。
Tsuji

Tsujiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃよかった。期待以上過ぎた、見てよかった。
こういう青春モノは期待しててあんまりだったなということが多かったので今では見る時にほとんど期待しないで見るんだけど、とてもよかった。青春ってどう頑張っても言葉にすることはできないんだけど、よかった、胸が熱くなった。
出てる子達もとってもよかった。高校生役の子たちも、先生も。なんか、セリフが多くない映画な気がしたんだけど、でも刺さる言葉が多かった。見てよかった、まずこんな世界があることを知らなかった。死ぬ気で本気で何かをすることってやっぱり素敵。
あと景色が綺麗、さすが北海道。エンディングもめちゃめちゃ良かった。始まりもめちゃめちゃよかった。内容も良かった。あついなあ。

19歳じゃなくて、もう少しだけ早く出会いたかった映画だった。そしたら自分もなにか死ぬ気でやってたのかなあ。羨ましいなあ高校生!

全国に行くまでがあっさりだったり、各々が抱えてる問題とかいざこざが出しとくだけ出しといて薄かったけど、その分大会中の分厚さがあったので終わる時はあまり気にならなかった。あと薄かったおかげでか、映画内の薄暗い部分がほとんどなくて、その分北海道の綺麗な景色の明るいもののイメージがついててよかった。たくさんの人が交差している映画だった。よかった!
私、恥ずかしながら何をやっても中途半端な男ですf(^_^;そんな私には眩しい映画でした(^ω^)あの長澤まさみがブレイクした『ロボコン』でもこんな世界あるんや❗と思ってましたが、こんなところにも、こんなにも熱い世界があるんや❗と。高校野球だけやないですね、今をカケル、青春、高校生No.1を決める熱い闘いが。号泣しちゃいました。スマホしかないけど、これから写真を撮るときは意思を持って、この瞬間を0.5秒にかけます❗(^ω^)
やみ

やみの感想・評価

3.8
タイトルやあらすじを見て面白そうだったので鑑賞。

期待以上の作品だった。キャストがはまっていて登場人物が色々な思いをもって写真甲子園に参加して…
文化系の部活だが写真にかける情熱がアツく、盛り上がりもあった。

内容は大人から見たらうまくいきすぎだと思うところは否めないが、高校生ならではの青臭さだとか幼さが生み出すまっすぐな思いが眩しくて、キラキラしていて良かったと思う。高校生の時はただ目の前のことに全力で大人の事情だとか余計なことを考えていない。だからこそ大人からしたら色々な問題に違和感はあるかもしれないが、この映画は高校生に戻った気持ちで素直に鑑賞するのが良いと思う。

見終わった後はほっこりしたし、一枚一枚の写真の重みが感じられた。
はなこ

はなこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちょくちょく泣いてる自分


写真甲子園て優勝するには大変で狭き門を通らないといけないけど奥深くて何か感じるものって感じがした
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
写真甲子園、出て見たかったなぁー。実際にある町興しのPR映画、キャストもハマってて熱かった!何より北海道の雄大な大自然が美しく、気持ちいい。都会にいながらその風景の中に立ってるような感覚、流石、日本一写真の映える町(o^^o)審査が辛口なのも良かった、実際にあんなに厳しいのだろうか?スポーツに負けないくらい必死にもがいてた、最近の文化系は熱い!
east0296

east0296の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

講評の先生は実際の講評の先生かもしれないけれど、リアル感がでて良かった。
言うことに重みがあり、高校生にとっての道しるべとなる言葉がちりばめられていて。
大阪の高校の先生が辞めなきゃいけなくなるっていうのはちょっと蛇足だったかな~
北海道東川町で開催される「写真甲子園」
写真を撮るってのも淡々としているようで熱いんだね~

この大会1994年から始まっており20年以上もの長い歴史がある。
もちろん今年も開催されるのだから気になる!

写真甲子園での厳しい審査や東川町での撮影風景など興味深く鑑賞できた。
ただ、ドラマ部分は・・・あまりいらなかったかな?
何もかも中途半端に終わっちゃって感情移入のしようがない。
一番グッと来たのも写真甲子園での過去作品が紹介されるエンディング

まあ北海道の大自然は思う存分に満喫できるので損はしないと思います。
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
爽やかで、清々しくて…気持ちの良い作品だった…♡

北海道東川町で実際に行われている「写真甲子園」…☆ 街興しの為に始まった大会なんだ…♡(知らなかった…汗)

(…この作品はフィクションだけれど…)
高校生たちの一所懸命な姿が…輝いていた…♡
…「青春」…良いな…(笑)

「映画」としては…ちょっと出来過ぎかな…と思うけれど…(トラブルや仲間割れなど…)
逆にストレートで良いのでは…と思う…♡
捻りがないので…好印象…♪

冒頭に何枚か写真が映ったけれど、
実際に高校生が撮った写真なのかな…?
…「おおっ‼︎」…となった…☆

(劇中の写真も…そうなのかな…?…
素敵な写真…沢山あった…♡)

本編後…今までの大会の様子が「写真」で映されるけれど…
「皆んな、良い顔」…♡

北海道の風景も本当に綺麗…♪
…私も撮りに行きたい…(笑)

(…「暑い」…という理由で…写真、今は少し休憩中だけれど…
私も…また撮りたくなった…笑)

一瞬にかける想い…一枚にかける想い…仲間、青春…
伝わってきた…☆
(…途中で、何回か…ほろほろ…となった…涙)

観易くて…胸が熱くなる作品だった…(o^^o)
ムギ

ムギの感想・評価

2.0
全く話の筋道が力任せで薄すぎます。
ただただ、高校生が2度と来ない青春を懸命に生きてます感。
登場人物の背景など薄いのに想いだけを無理矢理映画に乗せてるのでやはり勢いだけの力任せにしか映りません。
映画に出てくる写真にしても、高校生が全力で撮ったものをセレクトして欲しかった。
その一枚をどんな想いでシャッターを切ったのか?
その想いの詰まったシャッターの重さ、そんなものを期待して見てましたので少し、いいえ、かなりガッカリしました。
>|