写真甲子園 0.5秒の夏の作品情報・感想・評価

写真甲子園 0.5秒の夏2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。一方、東…

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。「写真甲子園」は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上の応募があり、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。選抜18校が東川町に集結し、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

「写真甲子園 0.5秒の夏」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

2.0
一昔前であれば 部活映画といえば野球だったりサッカーだったり スポーツ系ばかりだったのに 最近は文化系部活にスポットを当てたものが多くなってきた。
そのすべてを観たわけではないが、『チアダン』『ちはやふる』『くちびるに歌を』『スウィングガールズ』などなどは オレ的には かなり良かったと思う。
今回の この映画、
文化部という日陰の中でも特に陰の色が濃い場所にあるものに目をつけたところは素晴らしいと思う。
が、、、 映画としては ・・・ ぜんぜん あかんわ。

地区予選なんて ほぼ省いちゃってるから写真甲子園(全国大会)に出場するのが どれほど大変なのか まったく伝わってない。
野球でも そーなんだけど 地区予選を勝ち上がっていくのが大変なわけやん。
大変だから そこにドラマがあるわけやん。

写真を撮って金をもらってるプロとして言わせていただくが、劇中で写真を撮っているが あの撮り方では 実際には まともに撮れた写真は少ないはずだ。
シャッターを押したと ほぼ同時にカメラを動かしてしまっている。
あれでは 撮れた写真はブレブレだ。
演技指導者にカメラに通じたプロがついていたのか?
そんな細かいところまでダレもわからないだろ ・・ と視聴者をバカにしてるのか? と思えてしまうレベル。
先に挙げた 『チアダン』や『スウィングガールズ』なんかは 素人の女優たちが その映画のために そうとうな努力をしたんだろうことが わかる。
だから感動するわけだ。


まだまだ挙げればキリがないほど言いたいことだらけだ。
どういう映画を作りたいのか? なにを訴える映画にしたいのか?
それらをじっくり考え 頭の中で練りに練って 大事に大事に温めてきて ようやく形にできた。。。 という映画ではない。
それこそ言い方が適切ではないだろーが 中学生映画クラブが作ったレベルだ。
実にもったいない。


審査員の厳しい言葉、
監督にこそ その言葉を贈りたい。

ラストに 実際に過去 写真甲子園に出場した高校生写真部の子たちを撮った写真がエンディング挿入歌と共に流される。
そこが この映画の唯一 良かったところだ。
残念ですが…名のある方のほうが残念な芝居が多いです。

劇中、批評家のコメントで「写真の奥にある何かを感じるから感動するし、見たいと思うんだよ(確かこんな感じ。)」と言っていましたが、役者さん全般的にそう感じました。

高校生役の子たちは、熱を持ってやっていましたが…。
北海道東川町で夏に開催される写真甲子園の優勝を目指す高校生の姿を描いた青春ムービー。いわゆるご当地映画の制約内で手堅くまとまっている。最初の大阪のシーンが思いっきり北海道でロケしているのでびっくりした(苦笑)。北竜町のひまわり畑も会場ではないはずだが、ドラマチックな場面作りで入れたのだろう。前半の東京の高校の校長の造形とか、ステレオタイプで古臭いが、本選に入ってからは高校生らしい青春群像劇になっている。風景は過度に盛らずにリアルに撮れている。立木義浩さんと竹田津実さんの講評シーンはリアルな雰囲気が出ていて、ドキュメンタリー風というか、ワークショップ的な手法で演出しているのだろうと伺える。
017.11.15 映画館
今、そこに生きているものを「切り撮る」



菅原浩志 監督 2017年製作
主演 甲斐翔真、笠 菜月、秋野暢子、平 祐奈



みなさん、「写真甲子園」って知ってますか?


実は、僕の住む街は「旭山動物園」で知られる旭川市です。旭山動物園は自宅から自転車でも行けるくらいのところに位置し、子供の頃から馴染みの場所でした。今のように全国的に有名となる前の話です( ¯−¯ )フッ。
その旭川の隣町、「東川町」が町おこしのために、今から23年前となる1994年からスタートしたのが、写真部の高校生を対象とした「写真甲子園」なんです。


僕の自宅から車で15分ほど走ると、その東川町に到着します。町には大雪山連峰と呼ばれる山々が広がり、その中に北海道の最高峰である旭岳もみられます。麓には天人峡温泉と呼ばれる素晴らしい温泉街もあり、「羽衣の滝」などの景勝地もあるんです。


更にその隣町は「美瑛町」で、「パッチワークの丘」で知られる素晴らしい丘陵地を始め、本当に美しい景色が広がります。美瑛町には三浦綾子さんの小説「泥流地帯」のモデルとなった活火山「十勝岳」もあり、こちらも白金温泉などの温泉宿があり、最近は「青い池」などが新たな観光スポットになっていますね。


さらに走ると、ラベンダー畑で知られる上富良野町や「北の国から」で知られる富良野町に行き着きますよ。


そんな素晴らしいロケーション広がる地元を舞台に映画化されたのが「写真甲子園 ~0.5秒の夏~」です。今、紹介した場所のほとんどが映画の中にも登場します。



全国公開は今週末の11月18日なのですが、地元ということもあり、11月11日から先行上映されているんです。さらに、初日は舞台挨拶付きの先行上映会があり、僕はそこに行ってきました。


挨拶には監督の菅原浩志さんをはじめ、主演の甲斐翔真くんと笠 菜月さん、そして、秋野暢子さんが来られました。

甲斐くんと笠さんは初々しかったですね~( ˘ ˘ )ウンウン
甲斐くんはテンションが上がりすぎて、上映前にネタバレしようとして秋野暢子さんに止められたりと、見てて楽しかったです。東川町で撮影に協力した方も来ていたりと、アットホームで素敵な舞台挨拶でした。

それにしても、秋野暢子さんがいて良かったなぁ。ベテランらしく、その場を上手に盛り上げてくれました。


監督の菅原浩志さんて、「僕らの七日間戦争」を撮られた方だったんですね。知らなかったです!あれは名作でしたからね。宮沢りえちゃんも出てたし!
今回も、特にヒロインの笠さんをフレッシュに撮っていました。僕は終盤のシーンに胸が熱くなりました( ˘ ˘ )ウンウン



映画では東川町をはじめ、近郊のスポットが本当に美しく撮影されています。僕が住んでいるのは住宅地ですが、すぐそばが本当にこんな場所なんですよ。これを観るとどんな土地か、分かってもらえるかも(笑)

写真甲子園についても、擬似ドキュメンタリーのように見せてくれます。特に、審査委員長の立木さんはご本人が演じていますので、説得力が半端ないです。感動しました!
本作を観てもらうと、これから写真甲子園にも興味を持ってもらえるのではと思いました。素敵な作品に仕上がっています。


主題歌を歌うのも、北海道出身の大黒摩季さん。
完璧ですね!


今回は評価が難しいので、スコアレスで。

ふだん、僕が観るような娯楽作とは一線を画していますが、もし、お時間あれば観てあげてください。よろしくお願いします(^-^)
17

17の感想・評価

3.0
映画館来てお米をもらったのは初めてです笑

大自然あり、大黒摩季さん(主題歌)あり北海道の力結集!って感じでした。嫌いじゃないですそういうの。

高校生になれるとしたら目指したいな写真甲子園。写真が撮りたくなった。
我が町のお隣の町が舞台となっているので、観ておこう!と映画館へ。
文化系部活モノの王道。

鑑賞記念?としてその町のお米をプレゼントされた(笑)
こういうの初めて。
全国に先駆けて北海道先行上映で鑑賞。
写真甲子園という大会がどんな位置付けで、どんな方式で実施されるのか、よく説明されてるので、写真が趣味でなくても置いていかれることは無いと思います。
そしてストーリーがすごく分かりやすくてストレート。大会を通してメインの登場人物である高校生の心が成長する様子が良く伝わってきました。個人的には河合我聞さんのナヨナヨっぷり、笠菜月さんと中川梨花さんの爽やかさに惹かれました。
余計なことですが、これから大会に出ようと思う高校生は走力と心肺能力を鍛えるといいと思う^_^走り回るシーンがとても多かったんだよねー。
写真小僧たちの青春

こういう邦画は大好き。

どんなことでも、全力に取り組んでいる人たちを見ると、すごく励まされる。

すごく満足でした!
Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.9
10/26 東京国際映画祭で映画「写真甲子園 0.5秒の夏」を観てきた。「全国高等学校写真選手権大会」を題材にした青春ドラマで、予選を勝ち上がった高校生達が北海道東川町で開催される写真甲子園で優勝を競う。

上映前に関係者の舞台挨拶が在り、主題歌を歌う大黒摩季さんの挨拶が在った。大黒さんは闘病生活や母の介護が長く大変だったそうだが、子供達が一生懸命頑張っている姿を、大人達が邪魔をする事があってはならず、支えていかなければいけないと話していた。映画のストーリーも、そんな内容の映画だった。

東京の進学校で、部員一人で写真部を続ける男子高校生が、写真甲子園に挑戦した人だけが見えるという世界を目指し、幼なじみと後輩の女子高生を部員に募り、予選を戦おうとするが、校長に邪魔される。時を同じくして大阪の女性3人組は行き詰まり、ある人物写真を撮って予選に臨もうとするが、PTAから邪魔される。

大人達に邪魔されながらも北海道の東川町で開催された写真甲子園大会に出場するが、青春映画らしく東川や美瑛の丘を汗だくで駆け回るような事態に陥る。

そんな生徒達を東京代表、大阪代表の二人の先生が北海道の自然観察員のような眼差しで見つめ、地元に暮らす人々も白樺の森のように、風避け、日除けになってくれる。

自分も北海道が好きで十勝岳や旭岳に登ったり、北海道をバイクツーリングした事もあるが、美瑛、富良野、然別湖、天人峡、北竜のひまわり畑、白金の青い池等、北海道の自然が羨ましい。


映画の中では実際の審査員を務める立木義浩さんが出演し、過去の大会の実映像も流れ、追体験できる地域発の映画でも在る。
堕天使

堕天使の感想・評価

3.9
期待を全くしてなかったけれども、きちんと見切ることが出来た。なんなら
地味なのに飽きさせない不思議な魅力があった。キャストも映えるわけではないけれど、なぜか味がある。