七つの会議の作品情報・感想・評価・動画配信

七つの会議2018年製作の映画)

上映日:2019年02月01日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「七つの会議」に投稿された感想・評価

最後が変にスカッとさせてくる展開でもなく現実社会で同じことが起きても絶対こうなるんだよなと思った🧐どのシーン切りとっても豪華な役者さんしか出てなくて満足👍🏻
ReRe

ReReの感想・評価

3.0
社会人はじめたばかりの人向けの道徳番組みたいだなぁと

愛社精神強すぎなキャラクターが多く、世界がこの会社しかないみたい

リアリティはあまりないけど、こういうジャンルのエンタメにスカッとする人もいるのですかね

キャストが豪華
世良公則さんカッコよかった
橋爪さんの社長かわいい
ミッチーすてき
あんな課長いたら好きになってしまう
Litsu

Litsuの感想・評価

3.8
池井戸潤好きには堪らない作品。
キャストも超豪華!
臨場感や緊迫感が現実味を増す要素となって良かった。
Ryu

Ryuの感想・評価

4.2
池井戸潤さんの作品だけあって、半沢直樹要素が凄い詰まってた。
会社の闇に注目した作品で、最後の結末まで予想出来なかったです。
八角の何を考えているのかが分からなくて、見終わってから納得する形でした。
めっちゃ面白かった。
この映画を見たおかげで、自分の仕事のミスが軽く感じて少し楽になった。
池井戸潤が原作、正直映画じゃなくドラマでいいのでは?という内容。半沢直樹や下町ロケットを見た人ならば同じような展開過ぎてあまり新たな面白さは無い、野村萬斎の立ち姿が狂言にしか見えなくてウケる、映画タイトルの意味は最後まで分からず。。。

中堅メーカーでの営業パワハラ会議、ぐーたらな万年営業係長の八角は居眠り、成績優秀な坂戸課長は八角にパワハラし優秀にも関わらず懲戒異動、過去不倫してたドーナツ女性社員ともう1人の営業の原島課長が、八角の謎を調べ始める、ドーナツ泥棒、不可解なネジ会社の転注、そして椅子のネジの破損から自社の製品に重大な強度不足があることを知る、さらに八角がその問題を対処しようとしていた、すべての会社の一連対応はこの問題を会社ぐるみで揉み消そうとして生じたものであった、結局八角は内部告発をして、話は終わる
同じメーカーの話であって理解はできる部分も多かった
野村萬斎さんの演技すげえ。
狂言師だから笑ったり怒ったりする演技が普通の俳優さんとレベル違う。

内容も面白い。
池井戸作品はハズレがない。
ヤスジ

ヤスジの感想・評価

3.6
原作を以前読んでいましたが、
この作品は映画というよりテレビドラマ向きかな。
半沢色強すぎてそう感じてしまった。
maho

mahoの感想・評価

3.7


映画の軸となる内容が良かった!


人間は強くも脆く、その脆くさせる方法や
入り込むタイミングを知っていて
利用する人がいなくならないのが現実。

大小関係なければ世界のどこででも
起こっている気がする。


これでよかったのかの葛藤から
逃れられない人にはなりたくない

怖い存在が組織にいたとして
逆らえない環境であるなら
迷わずその場をされる人でありたい。




#罪には複雑な要因が絡まっている事がある
#1人だけの責任なのかそうでないのか
#見極める力#知る権利#隠蔽
TBS日曜劇場オールスター感謝祭。

「強」の演技の俳優が多すぎて胸やけするけど、やっぱり脚本は面白い!
>|

あなたにおすすめの記事