フェアリー・テール・シアター/フランシスフォードコッポラのリップヴァンウィンクルの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • アメリカ映画
  • フェアリー・テール・シアター/フランシスフォードコッポラのリップヴァンウィンクルの映画情報・感想・評価

「フェアリー・テール・シアター/フランシスフォードコッポラのリップヴァンウィンクル」に投稿された感想・評価

イシ

イシの感想・評価

3.2
なんかかわいい浦島太郎じいちゃんの話で私は好き。
コッポラが映画史上の偉大な監督枠に入ってたら「?! ちゃちいEテレを監督?! なぜ?!」って思うかもしれんけど。
中庭

中庭の感想・評価

3.0
20年の眠りから覚めた自らの風貌と周囲の変化に愕然としたハリー・ディーン・スタントンが、朽ちた家の前で愛用の椅子に腰掛け、夕日か何か得体の知れない真っ赤な光に包まれながら再びゆっくりと眠りにつくように俯く数秒のショットが忘れがたい。スタンダードのサイズにぴたりとおさまる背中の丸まった「四角い」座り姿ははじめから何度も登場していて、おそらく彼の物語の終わりごろにもどこか変わり果てた同じ姿が現れるのだろうと想像していただけに、より印象深く見えた。
コッポラによる、舞台演劇を映画的に撮るためにはという方法論と自己流のアイディアが詰まった魅力的な短篇。
gon

gonの感想・評価

2.6
あんまり内容を理解出来なかったけど、
ところどころ面白かった。
お母さんみたいな人が常に険しい顔してて怖かった。
otom

otomの感想・評価

3.7
コッポラのリップ•ヴァン•ウィンクルとM•マクダウェルの赤ずきんちゃんを鑑賞。低予算な感じながらもブラックで完全に大人向けの童話。出てくる役者も結構豪華。ヴァン•ダイク•パークスが音楽監督ってのも凄い。
neodada

neodadaの感想・評価

3.5
寝すぎはよくないなww
アメリカ版浦島太郎とはよく言ったものだ。
たなぴ

たなぴの感想・評価

4.0
一晩で大切なものを失ってしまう「西洋版浦島太郎」と言われているおとぎ話を、まだ駆け出しの頃のコッポラが監督した映画。

フェアリーテールシアターシリーズは、チープな感じが何故だか無性に好感をもてる、そんな印象をユーロスペースで鑑賞した時に抱きました。
幼い頃に出会っていたらどんな見え方だったんだろうと、答えの出ない模索をしてしまう。

嫌だと思っていたことも、失ってからやっと必要性に気づくもの。
後悔しないように、すべてのことに感謝しながら生きていきたいものですね。